北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

思い出詰まった車両残したい 「元祖バスラーメン」整備へCF【函館】

4代目の車両前でクラウドファンディングでの協力を呼び掛ける丸山店主(左)と妻の寿子さん

二次元コード

 小型バスを改造した老舗移動ラーメン店「函館元祖バスラーメン」の老朽化した旧車両を残そうと、市内で飲食店を経営する「BRAND―G」代表の波並寛さん(43)がクラウドファンディング(CF)で整備資金を募っている。CF終了後に同社が車両を継承し、新たな移動店舗として活用する考えだ。

 「函館元祖バスラーメン」は1978年に移動ラーメン店として開店。店主の丸山憲雄さん(77)と寿子さん(76)夫妻の明るく温かい接客と、コクの深い澄んだスープの「塩ラーメン」は市内外に多くのファンを持つ。

 近年は湯の川温泉街の一角に常駐していたが、コロナ禍で観光客が激減したため、2020年3月に約20年ぶりに巡回営業を再開。現在の車両は20年12月に長男から贈られた5代目で、車内に客席がないテークアウト専用車となっている。

 CFの対象車両は1998年に導入した4代目で、現在は常連客の要望もあり、五稜郭駅前のオープンスペース「ハコニワ」に常駐。土、日曜の昼に同所で営業し、夜は新車両で函館、北斗市内などを回る日々を続けている。

 体力的にも厳しい中、同所で「ハコニワジェラート」を運営する櫻井武文さん(45)に相談したところ、波並さんを紹介されたという。丸山店主は「22年分の多くの人たちの思い出が詰まった車を引き継いでもらえるのは本当にありがたい。若い人たちの自由な発想で函館を盛り上るために活用してもらいたい」と期待する。寿子さんも「自分の子どもよりも一緒に過ごした車。話をいただいた時はうれしさで胸がいっぱいになった」と喜ぶ。

 波並さんは「函館の飲食の歴史に名を刻んだ貴重な遺産。地域の古き良きものを残していくために、市民の皆さんの協力をお願いしたい」と呼び掛けている。

 CFは10月10日まで。目標金額は200万円で、車両を稼働させるための整備などに充てる。支援は1500円からで、金額に応じて新店舗で利用できる食事券などを進呈する。詳細はCFサイト「キャンプファイヤー」=二次元コード参照=で。

関連記事

苫小牧民報

豚丼や新得そば、名産販売 ニュー王子 26日まで「十勝うまいもの市」

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子は、第1回北海道物産展として十勝管内のグルメを集めた「十勝うまいもの市」をホテル内の旧レストラン・ハルニレで開いている。26日まで。  霜降り肉の「かみ...

苫小牧民報

厚真産ハスカップ初競り 甘酸っぱい初夏の味 最高値2000円

厚真町の特産品ハスカップの初競りが24日、苫小牧市公設地方卸売市場で行われた。卸売取引の最高値は「特A大」の1パック(300グラム)が2000円で、前年を500円上回る絶好のスタート。生産するとま...

名寄新聞

住民の関心高く長蛇の列・下川商業高3年が地元初の販売実習会【下川】

 下川商業高校(島瀬展成校長)3年生35人の販売実習会が、23日午前11時から下川町内の元寿フードセンターと名寄市内の西條名寄店前で開かれた。名寄開催は昨年に続き2度目。下川での開催は初となり、にぎ...

十勝毎日新聞

鹿追高が道外から出願可能に 寮や発信、町も後押しへ【鹿追】

  鹿追高校(俵谷俊彦校長、生徒126人)が2023年度入試から、道外からも出願が可能となった。これを受け、鹿追町も寮や下宿など滞在環境整備の検討、全国に向けた同校の魅力発信などを支援していく。 ...

十勝毎日新聞

ハスカップ食べ頃 向井さん来月上旬まで畑開放【大樹】

 大樹町東和地区にある向井稔さん(85)の畑でハスカップの実が熟し、摘み頃を迎えている。7月上旬まで有料で開放している。  向井さんは20年以上前からハスカップの栽培に取り組んでいる。現在は...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス