北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

レンジで「レベチ」な一品に 町出身の大西さん3冊目の料理本【本別】

 本別町出身で「クッキングエンターテイナー」の肩書で活動する大西哲也さん(38)=東京=は28日、自身3冊目となる料理のレシピ本「COCOCORO大西哲也のレンチン レベチ飯」(扶桑社)を出版する。「電子レンジは調理器具」とし、調理の「火入れ」を電子レンジに置き換えて、感覚ではなく理論で加熱時間などを算出して作った約60種類のレシピを掲載している。

3冊目のレシピ本を手に「これからもお役に立てる情報を出していきたい」と話す大西さん

 大西さんは1982年生まれ。本別中央小、本別中、本別高、北日本自動車工学専門学校(現北日本自動車大学校)卒。調布市内で「料理うまいBAR COCOCORO」を営み、登録者数37万7000人超のユーチューブチャンネル「COCOCOROチャンネル」を運営している。

 今回の本出版のきっかけは、大西さんが「電子レンジレボリューション」と題して投稿していた調理動画。温度コントロールの計算式を見つけ、白米やカレーを作り、「革新的」などと大反響だった今年春に出版社から声が掛かった。約2カ月間で80ほどのレシピを作り、そのうち約60品を厳選。オムライスやパスタ、牛すき、トムヤンクンにプリンと幅広い。

 特徴は再現性の高さ。「何グラムの食材なら何ワットで何分何秒」などと記載するため、「ビリヤニ」など鍋で作ると高等技術が必要な料理でも「限りなく失敗が少ない」(大西さん)。また、調理の間、火に掛けると付きっきりになるが、電子レンジであればその間、ほかのことができ、トータルで時短になる。

 例えばカレイの煮付けは15分と約半分に短縮。鍋で作るより身がふっくらと軟らかくでき、皿のまま出せるので洗い物も少なくて済む、とする。ジャガバターやポテトサラダなどは200ワットでじっくり加熱することで「甘みを出しつつ、ふかすことができた。ぜひ試してほしい」と言う。

 同書は十勝管内をはじめ全国の書店で販売。オールカラー、128ページ。1540円。大西さんは「今までの電子レンジ料理本とは一線を画す内容。これからも十勝の方にもお役に立てる情報を出していくので、応援をお願いします」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

脂乗り抜群 生シシャモ 23日までフェア【帯広】

 旬の生シシャモを味わう「十勝産ししゃも祭」が、帯広市内の飲食店で行われている。23日まで。  今年で17回目。参加店は北の屋台全19店と屋台卒業の4店のほか、プレミアホテル-CABIN-帯広...

十勝毎日新聞

滑らか食感アイスバー 町産の絹手亡使用 セコマ【池田】

 コンビニエンスストア道内大手のセコマ(札幌市)は、JA十勝池田町(鈴木雅博組合長)の協力で、池田町産の絹手亡を使った「Secoma 十勝の白豆アイスバー」を新発売した。セイコーマート全店舗(北...

十勝毎日新聞

「皇帝」サーモン限定販売 初の小売り、1000パック【音更】

 JA木野の子会社のスーパー・ハピオ(音更町)は14日から東和食品(釧路管内白糠町)の大ヒット商品「エンペラーサーモン」を1000パック限定で販売する。  同店の「27周年誕生祭」に合わせて企...

十勝毎日新聞

「ごちめし」持ち帰りで 十勝産バーガー提供【帯広】

 他人の食事料金などを先払いする「ごちめし」の仕組みを取り入れてきた帯広市内の飲食店「結」(広小路、店主・本間辰郎さん)が8日、「ごちめしサービス・テイクアウト専門店yui」として、リニューアル...

十勝毎日新聞

よつ葉 秋の新商品首都圏で大PR【札幌】

 よつ葉乳業は秋の新製品の投入とともに、首都圏などで過去最大規模のテレビCMを展開し、販売攻勢を仕掛けている。1日に発売した新商品「北海道バターミルクヨーグルト・レアチーズ仕立て」とリニューアル...