北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

子どもたちが住める町に【様似】

【様似】4期務めた坂下一幸町長(73)の引退で新人3人の争いとなった任期満了(10月10日) に伴う様似町長選挙は、26日午前7時から午後7時まで8カ所の投票所で投票が行われ、午後8時から中央公民館で即日開票の結果、前教育長の荒木輝明氏(65)=無所属=が1566票を獲得し、前町議の髙村洋子氏(69)=同=1164票、青森県の無職、東晴美氏(66)37票を破り初当選した。荒木氏と髙村氏の差は402票だった。当日有権者数3609人、投票者数2831人、投票率78・44%。

 荒木氏は同日午後8時55分ごろ、後援会関係者らが待機する大通2の東様似生活館で優子夫人と共に当選確実の知らせを受け、拍手と歓声が沸き起こった。

だるまに目を入れる荒木氏(左)。右は中村弘後援会長、中は優子夫人

 午後9時半ごろから始まった当選祝賀会では、坂下一幸町長や後援会幹部と支持者、管内6町の町長、金岩武吉、藤沢澄雄両道議らも駆けつけ、当選を祝福。

 万歳三唱に始まり、家族からの花束贈呈、だるまに目を入れ、鏡開きを行って勝利の喜びをかみしめた。

 荒木氏は「41年5カ月、役場に奉職し主に教育委員会、そして産業課長という流れの中で仕事をさせていただいた。教育委員会では人を育てるという意味で子どもたちの教育を一生懸命頑張ってきた。産業課では4年間、夏イチゴのブランド化、イチゴハウスのリースなどを通して農業の振興、漁業の振興を担当させていただいた。そのあと教育長として6年間教育をつかさどってきた。小中学校の一貫教育、9月から始まった様似型スクールランチを実施してきた。今度は子どもたちが様似に帰ってきて、家庭を作る機会をしっかり作っていきたい」と述べ、「多数の方々から支持をいただいた。これから4年間一生懸命、様似のために頑張っていきます」と語気を強めた。

 管内5町長は「これから様似のため、日高のために一緒に頑張っていきましょう」と激励し、坂下町長は「(自分の)4期16年、残しているもの、失敗したものもある。苦労もかけるが、それを引き継いでくれる荒木新町長にエールを送りたい。目、手、声、心が届く町政に大いに期待したい」と固い握手を交わした。

関連記事

名寄新聞

国内最高峰チェーンソーアート大会「エゾカップ」3年ぶり開催へ【下川】

 国内最高峰・道内唯一のチェーンソーアート大会「EZOCUP」(エゾカップ)は、7月14~17日までの4日間、桜ヶ丘公園フレペ広場特設会場で開かれる。  町内有志で組織する実行委員会(木霊光実行...

函館新聞

酒だるで塩辛 きれいなサクラ色 小田島水産食品【函館】

 函館の老舗水産加工業「小田島水産食品」(小田島隆社長)は、道南スギを使った酒だる(日本酒の容器)で初めて仕込んだイカ塩辛を商品化した。きれいなサクラ色をした塩辛が出来上がり、酒だるの新たな用途...

函館新聞

露地ニンジン艶やか 七飯で共選進む【七飯】

 【七飯】JA新はこだて七飯基幹支店のニンジン共選施設(町大中山7)で、全道一早い露地物の出荷が進んでいる。鮮やかなオレンジ色のニンジンが選別台を次々と流れ、全国へ良質なニンジンを送り出している...

日高報知新聞

みついし蓬莱山まつりをPR【新ひだか】

【新ひだか】7月3日に蓬莱山公園で3年ぶりに開催される「みついし蓬莱山まつり2022」(実行委主催)のPRポスターがこのほど完成し、公共施設などで掲示されている。  今年は、「新ひだかのおいしい...

日高報知新聞

ハタハタ稚魚158万匹を放流【えりも】

【えりも】道栽培漁業えりもセンターは21日、同センターでふ化したハタハタ稚魚158万匹を、えりも漁協海域の様似町冬島・旭両漁港、町内の笛舞漁港とえりも港に放流した。  同センターでは、えりも岬西部沿...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス