北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

釧路湿原を照らす夕焼けを堪能【釧路】

車窓からの釧路川に沈む夕日を眺め、写真に収める乗客ら(27日午後4時40分ごろ)

世界三大夕日に数えられる釧路の夕日を列車内から楽しむ「夕陽ノロッコ号」が27日、今季の運行初日を迎えた。観光列車として人気の高いJR北海道の「くしろ湿原ノロッコ号」の限定版で、29日までの3日間運行する。初日は好天に恵まれ、約100人の乗客が車窓から釧路湿原を照らす夕日や夕焼けを堪能した。

 夕陽ノロッコ号は、日没時間帯に合わせて運転することで、釧路湿原からの車窓越しに夕焼けの様子が見られる。昨年初めて運行し好評だったため、今年も継続した。釧網線釧路―塘路間の下り列車が日没時間と重なる通常より遅い時間帯に1日1往復運行。JR釧路駅を午後3時23分に出発し、同5時30分に戻る。

 初日は指定席111席の8割ほどが埋まり、自由席も合わせて往路96人、復路100人が乗り込んだ。今年は、夕日と同じオレンジ色の飲料「リボンナポリン」の発売110周年とコラボして、公式キャラクター「リボンちゃん」をデザインした側面行先標(サボ)や、車両の前後でデザインが異なるヘッドマークを装着。車内では記念の乗車証明書や、釧網線全線開通90周年とリボンナポリン110周年がコラボした記念デザインシール、リボンナポリンを配布、釧路夕焼け倶楽部(芳賀久典代表)の限定ポストカードも販売した。

 塘路駅では標茶町の佐藤吉彦町長やゆるキャラ「ハッピーくろべぇ」と「ミルクックさん」が乗客をお出迎え。地元の長尾菓子舗の菓子を配布し、特産品「わかさぎ佃煮」も販売した。

 この日の釧路市の日没時間は午後5時11分。塘路―細岡間の釧路川、釧路湿原―東釧路間の岩保木水門などの撮影ポイントで列車が徐行すると、。乗客は車窓から景色を眺め、写真に収めていた。昨年に続き、母と兄(9)と3人で乗車した標茶町の坂本虹心さん(7)は「夕日がとてもきれいで、タンチョウも見れて良かった。また来年も乗りたい」と笑顔を見せていた。

 残り2日の指定席予約は6~8割ほどで、自由席とともに販売中。大人片道釧路―塘路が640円、指定席は別に530円必要。通常のノロッコ号は10月10日までの毎週末運転。10月9日には川湯温泉まで延長運転する。

関連記事

名寄新聞

国内最高峰チェーンソーアート大会「エゾカップ」3年ぶり開催へ【下川】

 国内最高峰・道内唯一のチェーンソーアート大会「EZOCUP」(エゾカップ)は、7月14~17日までの4日間、桜ヶ丘公園フレペ広場特設会場で開かれる。  町内有志で組織する実行委員会(木霊光実行...

函館新聞

酒だるで塩辛 きれいなサクラ色 小田島水産食品【函館】

 函館の老舗水産加工業「小田島水産食品」(小田島隆社長)は、道南スギを使った酒だる(日本酒の容器)で初めて仕込んだイカ塩辛を商品化した。きれいなサクラ色をした塩辛が出来上がり、酒だるの新たな用途...

函館新聞

露地ニンジン艶やか 七飯で共選進む【七飯】

 【七飯】JA新はこだて七飯基幹支店のニンジン共選施設(町大中山7)で、全道一早い露地物の出荷が進んでいる。鮮やかなオレンジ色のニンジンが選別台を次々と流れ、全国へ良質なニンジンを送り出している...

日高報知新聞

みついし蓬莱山まつりをPR【新ひだか】

【新ひだか】7月3日に蓬莱山公園で3年ぶりに開催される「みついし蓬莱山まつり2022」(実行委主催)のPRポスターがこのほど完成し、公共施設などで掲示されている。  今年は、「新ひだかのおいしい...

日高報知新聞

ハタハタ稚魚158万匹を放流【えりも】

【えりも】道栽培漁業えりもセンターは21日、同センターでふ化したハタハタ稚魚158万匹を、えりも漁協海域の様似町冬島・旭両漁港、町内の笛舞漁港とえりも港に放流した。  同センターでは、えりも岬西部沿...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス