北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

福祉車輌取扱士が常駐 福祉車両専門「ふくしる函館店」 10月1日開店【函館】

10月1日にオープンする福祉車両専門店をPRする福士社長(左)と山田営業部長

 道南初の福祉車両専門店「ふくしる函館店」が10月1日、函館市富岡町2にオープンする。日本福祉車輌協会員の「リカバリーカーズ」(宇賀浦町、福士一洋社長)が運営。同協会が認定する福祉車輌取扱士の有資格者が常駐するのは道内でも少なく、顧客のニーズに沿った車選びから販売、アフターサービスまで手厚くサポートする。

 福士社長によると、過去に自家用車を購入した後に車いすを搭載できないといった相談や、福祉車両を修理できる店が函館にないなどの声が多かったという。

 同店では福祉用具専門相談員や、車いす・シーティング技能者(安全、安心な車いす利用に応じた調整や適合を図る)資格を持つスタッフが障害者の身体状況や生活環境などを聞き取り、顧客の希望とライフスタイルに適した車を提案する。事業者向けには車いす用リフトやスロープを搭載した代車を用意するサービスを行い業務に支障が出ないようバックアップする。

 また、福士社長と山田行広営業部長は昨年7月、同協会認定インストラクターの資格を取得しており、福祉車両の架装装置に関する正しい知識と技術習得を目的とした安全運転講習会も実施する。送迎ドライバー向けに車いすの固定位置や器具の装着方法、日々の点検の重要性などを座学と実車でレクチャーし、利用者を安全に運ぶためのアドバイスも行う。

 福士社長は「地域に根差した身近な相談相手として、困っている人に寄り添える店にしたい」と意気込む。営業は午前10時~午後6時。日曜定休。問い合わせは同店(0138・84・8817)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

「スロウ」直営店27日に開店 ソーゴー印刷【帯広】

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

十勝毎日新聞

柳町学童に子ども食堂 町内4カ所目【音更】

 音更町内4カ所目の子ども食堂「おっちゃんこ」(和田賢代表)が15日、町内の柳町学童保育所(木野大通東16)を会場に初オープンした。  2月に開く予定だったが、コロナ禍の影響で3カ月遅れとな...

十勝毎日新聞

自分だけのサウナ空間楽しんで G&Sがハルビア貸し切り【帯広】

 世界最大のサウナメーカー「HARVIA(ハルビア)」の十勝地域特約店を運営するG&S(帯広市、齊隆生社長)は6月1日から、自社ショールーム(市内西5南13)の展示品を貸し切りで利用できる「プライ...

函館新聞

切手集め郵趣の普及発展に尽力 函館の渡利さん特別功労賞【函館】

 長年にわたり郵趣の普及発展に尽くしたとして、公益財団法人「日本郵趣協会」の函館支部長、渡利正義さん(81)が、同協会創立75周年特別功労賞を道内で唯一受賞した。4月下旬に東京で行われた表彰式で...

函館新聞

五稜郭祭り維新行列 3年ぶり歓声響く【函館】

 第53回箱館五稜郭祭(協賛会主催)は最終日の22日、函館市本町の行啓通でメインイベントの維新行列が行われた。新型コロナウイルス感染の影響で3年ぶりの実施。迫力満点のパフォーマンスに、沿道の観客...