北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

大好評「函館ブリたれカツバーガー」販売終了 目標上回る2500個【函館】

3種類の味が楽しめる函館ブリたれカツバーガー

 函館産ブリを使った新グルメ「函館ブリたれカツバーガー」は、専用の移動販売車での販売(BTKBキャラバン)が終了した。函館を含む道南7市町で、5月1日~9月19日に計2500個を販売し、目標の2000個を大幅に上回った。おいしくてボリュームがあり、和風バーガーとして成り立っていることが評価された。函館産ブリの認知度を高め、消費拡大に一役買った。

 はこだて海の教室実行委(菅原雅仁会長)が、日本財団(東京)の「海と日本プロジェクト」の一環で開発。昨年度開発した「函館ブリたれカツ」を応用したもので、若者が手軽に食べられる和風フィッシュバーガーを通じ、函館でブリの漁獲が増え、消費拡大が課題になっていることを知ってもらうのが狙いだ。

 「炭火割烹菊川」(函館市五稜郭町)と「和×燻製輝なり」(同市本町)、「コッペん道土」(木古内町)が協力し、レギュラー(450円)、鬼おろし(500円)、タルタル(同)の3種が登場。共通の決まりとして①函館産ブリを使い、下処理に函館産マコンブエキスでうま味を出す②コッペん道土の特注バンズを使う③函館産赤カブの千枚漬け、函館産マコンブのペースト、ブリのだしを使ったゴボウのきんぴらを使用④ブリによく合うからしみそマヨネーズを使う―ことを定めた。

 函館は、JR五稜郭駅前のキッチンカー出店エリア「ハコニワ」(亀田本町)を中心にシエスタハコダテ前、函館空港、テーオーデパートなどで売り、江差町、八雲町、木古内町、松前町、七飯町、鹿部町にも〝出張〟。ほぼ毎回完売し、行列ができ2時間以内に売り切れてしまうケースも。SNSで函館ブリたれかつバーガーの存在を知った札幌市民から「移動販売車に来てほしい」との要望もあったほどだ。

 実行委事務局の國分晋吾さん(39)は「和食の料理人、菊池隆大さんと白戸光さんが、ブリたれカツバーガーに合うたれや具材を考えてくれたおかげ。バーガーを食べ、函館でブリの漁獲が増えていると認識した人も多い」と手ごたえを話す。

 実行委によると、移動販売車内が手狭なため、1日あたりバーガーを120個しか作れず「キッチンカーが大きければ、もっと売ることができた」(國分さん)という。「短期の企画ではなく、常設販売できる環境整備も今後の課題」(同)とも。

 10月10日に函館蔦屋書店で開かれる体験イベント「はこだて地ブリパーク」では、函館ブリたれカツバーガーの今年度ラスト販売(100個程度)を予定している。

 國分さんは「函館ブリたれカツバーガーを出してみたいと興味を示す飲食店も複数ある。函館でのグルメイベントでも販売できるようにしたい」と構想を温めている。

関連記事

十勝毎日新聞

「スロウ」直営店27日に開店 ソーゴー印刷【帯広】

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

十勝毎日新聞

柳町学童に子ども食堂 町内4カ所目【音更】

 音更町内4カ所目の子ども食堂「おっちゃんこ」(和田賢代表)が15日、町内の柳町学童保育所(木野大通東16)を会場に初オープンした。  2月に開く予定だったが、コロナ禍の影響で3カ月遅れとな...

十勝毎日新聞

自分だけのサウナ空間楽しんで G&Sがハルビア貸し切り【帯広】

 世界最大のサウナメーカー「HARVIA(ハルビア)」の十勝地域特約店を運営するG&S(帯広市、齊隆生社長)は6月1日から、自社ショールーム(市内西5南13)の展示品を貸し切りで利用できる「プライ...

函館新聞

切手集め郵趣の普及発展に尽力 函館の渡利さん特別功労賞【函館】

 長年にわたり郵趣の普及発展に尽くしたとして、公益財団法人「日本郵趣協会」の函館支部長、渡利正義さん(81)が、同協会創立75周年特別功労賞を道内で唯一受賞した。4月下旬に東京で行われた表彰式で...

函館新聞

五稜郭祭り維新行列 3年ぶり歓声響く【函館】

 第53回箱館五稜郭祭(協賛会主催)は最終日の22日、函館市本町の行啓通でメインイベントの維新行列が行われた。新型コロナウイルス感染の影響で3年ぶりの実施。迫力満点のパフォーマンスに、沿道の観客...