北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

換気を「見える化」 文化祭に向けコロナ対策【帯広】

文化祭のリハーサル中、測定器でCO2濃度を調べる帯広西陵中の生徒。左が学校薬剤師の山本さん

 帯広西陵中学校(福田茂校長、生徒400人)の生徒が27日、新型コロナウイルス対策として、校内の二酸化炭素(CO2)濃度の測定に取り組んだ。来月の文化祭へ向けて換気がきちんとできているか確認するためで、専門家も立ち会った。

 換気の悪い空間は感染のリスク要因の一つ。文部科学省は、可能な限り常時換気に努めるよう呼び掛けている。

 同校では今月中旬、学校薬剤師の山本啓人(よしひと)さん(40)の協力を得て、授業中の教室と体育館で測定器を使い、CO2濃度を測定。換気が良好に保たれていることを示す1000ppm未満に収まっていることを確認した。

 来月1日には学年ごとに文化祭が開かれ、保護者も参観に訪れる。そこで、この日は山本さんの監督の下、1~3年生が体育館や音楽室でリハーサルを行う中、各学年の生徒会保健美化委員会のメンバーがそれぞれ測定に臨んだ。

 体育館では対角線上になるよう2カ所の扉を開け、扇風機を置いて空気の流れを作った。測定器を手にした生徒は、場所を変えながらCO2濃度を調べた。

 山本さんは結果に対し、「きちんと換気ができている」と評価した上で、「窓は少し開けるだけで外から空気が入ってくる。もう少し空気の取り入れ口を増やしてもいい」とアドバイス。同委員会の女子生徒(2年)は「数値が目に見えることで、換気の大切さが改めて分かった」と話していた。

関連記事

十勝毎日新聞

「スロウ」直営店27日に開店 ソーゴー印刷【帯広】

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

十勝毎日新聞

柳町学童に子ども食堂 町内4カ所目【音更】

 音更町内4カ所目の子ども食堂「おっちゃんこ」(和田賢代表)が15日、町内の柳町学童保育所(木野大通東16)を会場に初オープンした。  2月に開く予定だったが、コロナ禍の影響で3カ月遅れとな...

十勝毎日新聞

自分だけのサウナ空間楽しんで G&Sがハルビア貸し切り【帯広】

 世界最大のサウナメーカー「HARVIA(ハルビア)」の十勝地域特約店を運営するG&S(帯広市、齊隆生社長)は6月1日から、自社ショールーム(市内西5南13)の展示品を貸し切りで利用できる「プライ...

函館新聞

切手集め郵趣の普及発展に尽力 函館の渡利さん特別功労賞【函館】

 長年にわたり郵趣の普及発展に尽くしたとして、公益財団法人「日本郵趣協会」の函館支部長、渡利正義さん(81)が、同協会創立75周年特別功労賞を道内で唯一受賞した。4月下旬に東京で行われた表彰式で...

函館新聞

五稜郭祭り維新行列 3年ぶり歓声響く【函館】

 第53回箱館五稜郭祭(協賛会主催)は最終日の22日、函館市本町の行啓通でメインイベントの維新行列が行われた。新型コロナウイルス感染の影響で3年ぶりの実施。迫力満点のパフォーマンスに、沿道の観客...