北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

木彫り熊3Dプリント商品 伝統工芸と科学技術を融合

札幌市の企業が、白老町のアイヌ工芸作家が制作した木彫り熊の3Dプリント商品を開発した。木彫り熊の3次元データを入力した3Dプリンター(積層造形装置)で精巧に立体造形し、合成樹脂製のアクセサリーやミニ置物に仕上げた。受け継がれてきた伝統工芸と科学技術を融合した商品として、10月15日から白老のアイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)内の国立アイヌ民族博物館ミュージアムショップで販売する。

伝統工芸と科学技術を融合した商品を手にする山田さん(右)と大海社長

 この企業は、障害のある人たちや福祉施設と連携して商品の企画や製造、販売を手掛けるエムブイピークリエイティブジャパン(大海恵聖社長)。木彫工芸作家の山田祐治さん(67)=白老町高砂町=と協働し、新しい商品を誕生させた。

 開発に当たっては、山田さんが制作した「吠(ほ)え熊」「鮭喰(く)い熊」「座り熊」の木彫り作品3種を道立総合研究機構工業試験場(札幌市)で3次元のデジタルデータ化し、3Dプリンターに入力。UVレジン(合成樹脂)を原料に立体造形し、形や毛並みに至るまで極めて忠実にオリジナル作品を再現した。工業試験場では、日光による劣化具合を調べる試験も行い、ピアス(税別1500円)、チャーム(同700円)、体長数センチのミニ置物=オーナメント=(同800円)の商品を完成させた。色は赤、緑、水色、黒の4色を用意し、札幌市内の福祉団体や関係者とのネットワークを生かして製造を進めている。

 白老町では昭和期、木彫り熊作りが盛んに行われ、職人も多数いた。観光ブームに乗って一時は飛ぶように売れたものの、やがて下火となり、今では山田さんを含めて職人もわずかしかいない。白老で育まれてきた伝統工芸の存続が危ぶまれている状況にある。

 こうした中で、培われた木彫りの技を3次元のデジタルデータとして保存し、いつの時代でも3Dプリンターで再生できるようした取り組みについて、大海社長は「テクノロジーの活用で山田さんの技を後世に残せ、再現できる。そこに大きな意義がある」と言う。

 木彫り熊をはじめ、アイヌ伝統工芸の作品を数多く制作し、さまざまな賞を受賞してきた山田さんは「毛並みの1本1本まで、これほど精巧にオリジナルを表現できるのはすごいこと。博物館見学の子供たちがお土産として買いやすい価格設定もいい」と話した。

 商品のブランド名は伝統工芸と科学技術の融合、継承をイメージし、アイヌ語で「結び目」を意味する「SINKOP」(シンコプ)とした。アイヌ工芸の木彫り作品は近年、海外からも注目を集めるようになり、同社は今後、山田さんが制作したサケやフクロウなどの作品を加えた商品のシリーズ展開も考えているという。

関連記事

十勝毎日新聞

「スロウ」直営店27日に開店 ソーゴー印刷【帯広】

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

十勝毎日新聞

柳町学童に子ども食堂 町内4カ所目【音更】

 音更町内4カ所目の子ども食堂「おっちゃんこ」(和田賢代表)が15日、町内の柳町学童保育所(木野大通東16)を会場に初オープンした。  2月に開く予定だったが、コロナ禍の影響で3カ月遅れとな...

十勝毎日新聞

自分だけのサウナ空間楽しんで G&Sがハルビア貸し切り【帯広】

 世界最大のサウナメーカー「HARVIA(ハルビア)」の十勝地域特約店を運営するG&S(帯広市、齊隆生社長)は6月1日から、自社ショールーム(市内西5南13)の展示品を貸し切りで利用できる「プライ...

函館新聞

切手集め郵趣の普及発展に尽力 函館の渡利さん特別功労賞【函館】

 長年にわたり郵趣の普及発展に尽くしたとして、公益財団法人「日本郵趣協会」の函館支部長、渡利正義さん(81)が、同協会創立75周年特別功労賞を道内で唯一受賞した。4月下旬に東京で行われた表彰式で...

函館新聞

五稜郭祭り維新行列 3年ぶり歓声響く【函館】

 第53回箱館五稜郭祭(協賛会主催)は最終日の22日、函館市本町の行啓通でメインイベントの維新行列が行われた。新型コロナウイルス感染の影響で3年ぶりの実施。迫力満点のパフォーマンスに、沿道の観客...