北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「ごちめし」持ち帰りで 十勝産バーガー提供【帯広】

有機JAS認証を受けた牛肉を使用したオーガニックハンバーガーと本間さん

 他人の食事料金などを先払いする「ごちめし」の仕組みを取り入れてきた帯広市内の飲食店「結」(広小路、店主・本間辰郎さん)が8日、「ごちめしサービス・テイクアウト専門店yui」として、リニューアルオープンした。ウェブ上で注文と支払いを済ませ、予約した時間に店舗で商品を受け取る完全非接触型のサービスを導入。コロナ禍で注目される新しいスタイルで、ごちめしを広めていく。

 本間さん(64)は、地元の食材を使った料理を若者に食べてもらいたいと8年前にごちめしを始めた。その仕組みを基にGigi(福岡県)が「ごちめし」アプリを開発し、現在は全国1万6000店、十勝管内では9店が導入している。

 前身の結では店内で麺類を提供してきたが、新型コロナウイルスの感染拡大により閉店。ごちめし発祥の店として、地元の人にアプリを利用してもらえるように、メニューとサービスの形態を変えて再開した。

 メニューは、1日5食限定の「とかちオーガニックハンバーガー」(1200円)と中札内村産の「とかち地鶏唐揚げ」(6~7個900円など)の2種類。

 購入方法は、ごちめしのアプリかウェブサイトから注文して支払いを済ませ、自分の分は受け取り日時を予約する。知り合いへ贈る場合は、支払い後に表示されるURLを伝える。

 誰かが先払いした分を「ゴチになる」には、店舗にあるQRコードを読み取って注文する。

 本間さんは「非接触型の店舗だが、ごちめしには気持ちが込められている。アンテナショップのような場所にしたい」と話している。

 午前10時~午後8時。不定休。連絡先は070・5668・3389。

関連記事

十勝毎日新聞

脂乗り抜群 生シシャモ 23日までフェア【帯広】

 旬の生シシャモを味わう「十勝産ししゃも祭」が、帯広市内の飲食店で行われている。23日まで。  今年で17回目。参加店は北の屋台全19店と屋台卒業の4店のほか、プレミアホテル-CABIN-帯広...

十勝毎日新聞

滑らか食感アイスバー 町産の絹手亡使用 セコマ【池田】

 コンビニエンスストア道内大手のセコマ(札幌市)は、JA十勝池田町(鈴木雅博組合長)の協力で、池田町産の絹手亡を使った「Secoma 十勝の白豆アイスバー」を新発売した。セイコーマート全店舗(北...

十勝毎日新聞

「皇帝」サーモン限定販売 初の小売り、1000パック【音更】

 JA木野の子会社のスーパー・ハピオ(音更町)は14日から東和食品(釧路管内白糠町)の大ヒット商品「エンペラーサーモン」を1000パック限定で販売する。  同店の「27周年誕生祭」に合わせて企...

十勝毎日新聞

よつ葉 秋の新商品首都圏で大PR【札幌】

 よつ葉乳業は秋の新製品の投入とともに、首都圏などで過去最大規模のテレビCMを展開し、販売攻勢を仕掛けている。1日に発売した新商品「北海道バターミルクヨーグルト・レアチーズ仕立て」とリニューアル...

十勝毎日新聞

音更ら~麺 全店制覇だ!! 全11店回れば 抽選で温泉宿泊券や特産賞品【..

 音更ら~麺(ブロッコリー麺)を取り扱う店舗でつくる音更ら~麺組合(阿部利徳組合長)主催の「音更ら~麺めぐりスタンプラリー」が1日始まった。同組合に加盟する音更と帯広の加盟11店舗で2018年以来...