北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

職員も含め50年の役場生活【様似】

【様似】4期16年間町長を務めた坂下一幸様似町長(73)の退任式が8日、役場大会議室で行われ、町と日高東部消防組合の職員ら約80人を前に最後の訓示などを述べ、職員時代も含め50年間通いなれた役場を後にした。任期満了は10日だが、日曜日のためこの日になった。

 坂下町長は1971年(昭和46年)に町職員に採用され、保健衛生課長、企画調整課長を経て助役を4年9カ月、2005年(平成17年)10月から第6代目の様似町長として、きょうまで4期16年間務めてきた。

 木下行宏副町長は送辞で、公務員人生50年という半世紀もの長きにわたり、町の振興・発展に尽力したことや実績を挙げながら感謝を述べ「私たちは、坂下町長が築いていただいた財産をしっかりと受け継ぎながら、さらなる町の発展を目指していきます。長い間お疲れさまでした」とねぎらった。

 女性職員から花束を受け取った後、坂下町長は職員時代を回顧しながら「副町長から身に余るような送辞をいただき恐縮。今は感無量という気持ち」。「今なお、私が取り組んできたことが町に残り、町民の生活の中にも生きている―これが私の誇り」。

 集まった職員たちへお願いとして「人それぞれさまざまな考え方があるために議論を尽くしてほしい。お互いに結びつけていきながら、ひとつのものを成し遂げていくこと。言わなければならないことは言って、間違っていることは間違っていると言わなければならない。自分の考えをしっかり相手に伝える、理解させるために工夫をする、そして自分自身のためにだけではなく、チームワークとしてこの町を良くすることが大事」と呼び掛け、退任後も町に住み続けるという坂下町長は支えてもらった全ての人に感謝した。

 玄関では町民も役場を訪れて坂下町長と握手し、約100人に大きな拍手と、感謝の言葉を述べられながら正代夫人とともに見送られた。

アポイちゃんとカンランくんも駆け付けてくす玉で見送られる坂下町長と正代夫人

関連記事

室蘭民報

緑丘高生が学習成果披露 「縄文ガイド」「防災安否札」取り組み報告、市民ガ..

 伊達市教委主催の2021年度(令和3年度)だて市民カレッジが、市内松ヶ枝町のだて歴史の杜カルチャーセンターで開かれ、伊達緑丘高校の生徒が総合的な学習の時間で学んだ成果を披露した。  本年度4...

室蘭民報

洪水や土砂災害、噴火への備えを 長和地区で宇井北大名誉教授、防災講演【伊..

 伊達市長和地区防災講演会が15日夜、長和地区コミュニティーセンターで開かれ、市防災アドバイザーで北海道大学名誉教授の宇井忠英さん(NPO環境防災総合政策研究機構理事)が洪水や土砂災害、津波、噴...

苫小牧民報

世界最高齢のプログラマーら講師に 30日に「熱中スクール」 学び続ける大切..

白老青年会議所(JC、笠井雄太郎理事長)は、30日に「熱中白老JCスクール」と題した講座イベントを白老町総合保健福祉センターで開く。世界最高齢のプログラマーや冒険家らを講師に招き、年齢に関係なく挑...

苫小牧民報

アイヌ丸木舟2隻がウポポイへ 1~2月に弁天の海岸で発見、年代測定や樹木..

苫小牧市弁天の海岸で今年1~2月に見つかったアイヌの丸木舟「イタオマチプ」(板つづり舟)2隻が20日、保管されていた勇武津資料館(勇払)から白老町の民族共生象徴空間(ウポポイ)にある国立アイヌ民族...

十勝毎日新聞

静岡の野澤さん金賞 ばん馬キャラ弁コンテスト【帯広】

 NPO法人とかち馬文化を支える会(帯広)は、「ばん馬キャラ弁コンテスト」の選考結果を発表した。金賞には静岡市の野澤未来さん(33)が選ばれ、彩りや栄養バランスなどが総合的に評価された。  ...