北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

芽室ピーナッツ 応援CD オマチマンさん夫妻の自作曲【帯広】

芽室産ピーナッツを盛り上げるCDを手にする(左から)オマチマンさん、石黒さん、ツマチマンさん

 帯広市の音楽家オマチマンさんとツマチマンさん夫婦(本名非公表)が、芽室産の落花生を応援するテーマソング「メムロピーナッツのうた」のCDを制作した。民謡・三味線の石黒会(芽室、石黒みゆき会主)の子どもたちが歌う新作「メムピー音頭」と郷土民謡の「十勝小唄」も収録。オマチマンさんは「例年のようなライブ活動ができない中、一つの歴史となった」と話している。

 夫婦は帯広を拠点に全国の保育所などを巡り、年間100~150本のライブ活動を行っている。「メムロピーナッツのうた」は昨年、市内で行われた落花生の生産者応援イベントで、オマチマンさんが塩ゆでの落花生の味に感動したことをきっかけに作った。

 楽曲はこれまで配信専用で販売し、CDも楽曲完成記念に作られた非売品のみだったが、「皆に分かりやすく伝わるもの」として改めて作ることになった。

 新曲「メムピー音頭」は元の「メムロピーナッツのうた」を音頭調にアレンジして誕生。子どもたちに歌ってもらいたいと、石黒会の山本樹(たつき)君(芽室上美生小6年)が4月にテレビのカラオケ番組に出演した姿を見て、同会にオファーした。山本君ら4歳から高校1年生までの15人が参加し、8月半ばまでに回数を分けて収録した。

 併せて収録した「十勝小唄」は、石黒さんも三味線伴奏で参加した。オマチマンさんは子どもたちが歌うユーチューブの動画も見ており、「『ランランラントセ カネガフル』の歌詞に強く引かれた」という。

 「民謡の大会がなかなか開けない中、子どもたちもCDの完成を楽しみにしていた」と石黒さん。オマチマンさんは今回のCD制作を機に、「ミートショップこくぼの歌」などさまざまな店の応援歌も制作。「コロナ禍の中でも、いろいろな取り組みができている」と話す。

 CDは1枚1000円。ジャケットは、作詞で参加のツマチマンさんが「さよこまち」名義でイラストを描いてデザインした。芽室町の珠玖ライオン堂や、お菓子のまさおか、帯広市の浅原栄陽堂でも取り扱っている。

関連記事

室蘭民報

緑丘高生が学習成果披露 「縄文ガイド」「防災安否札」取り組み報告、市民ガ..

 伊達市教委主催の2021年度(令和3年度)だて市民カレッジが、市内松ヶ枝町のだて歴史の杜カルチャーセンターで開かれ、伊達緑丘高校の生徒が総合的な学習の時間で学んだ成果を披露した。  本年度4...

室蘭民報

洪水や土砂災害、噴火への備えを 長和地区で宇井北大名誉教授、防災講演【伊..

 伊達市長和地区防災講演会が15日夜、長和地区コミュニティーセンターで開かれ、市防災アドバイザーで北海道大学名誉教授の宇井忠英さん(NPO環境防災総合政策研究機構理事)が洪水や土砂災害、津波、噴...

苫小牧民報

世界最高齢のプログラマーら講師に 30日に「熱中スクール」 学び続ける大切..

白老青年会議所(JC、笠井雄太郎理事長)は、30日に「熱中白老JCスクール」と題した講座イベントを白老町総合保健福祉センターで開く。世界最高齢のプログラマーや冒険家らを講師に招き、年齢に関係なく挑...

苫小牧民報

アイヌ丸木舟2隻がウポポイへ 1~2月に弁天の海岸で発見、年代測定や樹木..

苫小牧市弁天の海岸で今年1~2月に見つかったアイヌの丸木舟「イタオマチプ」(板つづり舟)2隻が20日、保管されていた勇武津資料館(勇払)から白老町の民族共生象徴空間(ウポポイ)にある国立アイヌ民族...

十勝毎日新聞

静岡の野澤さん金賞 ばん馬キャラ弁コンテスト【帯広】

 NPO法人とかち馬文化を支える会(帯広)は、「ばん馬キャラ弁コンテスト」の選考結果を発表した。金賞には静岡市の野澤未来さん(33)が選ばれ、彩りや栄養バランスなどが総合的に評価された。  ...