北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

酪農愛 育むサークル 帯広畜産大「酪農どうでしょう」【帯広】

 帯広畜産大学の学生サークル「酪農どうでしょう」は、管内外の牧場見学をはじめ地域に積極的に出向き、酪農現場の実情について学びを深めている。サークル出身者には新規就農などで酪農家の道を歩んだ人もおり、大学の1サークルながら道内の基幹産業を支える一助を担っている。代表の安賀梓さん(20)=畜産学部畜産科学科3年=は「大学の実習だけでは見えてこない、酪農の実態を学ぶことができている」と話す。

広尾町内の牧場を見学するサークルのメンバー(JAひろお提供)

 「蹄病(ていびょう)は一般消費者の酪農に対するイメージダウンにもつながると考えられます」。新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言のさなか、9月下旬にオンラインで開かれた同サークルの部会。畜産科学科1年の尾崎ももさんが「乳牛の蹄病について」をテーマに発表し、パソコンの画面越しに蹄病の種類や予防法、治療について紹介した。

 毎月開かれる部会では、担当の学生がそれぞれ関心を持ったテーマについて調べて発表する。この日は15人が参加し、「つなぎ飼いだったら(歩行の様子が分からないので)判断しにくいね」「蹄病が乳量減少につながるのはなぜ」などと意見や質問を述べた。同科3年の松下仁美さんも「人工授精・受精卵移植と乳牛の改良について」をテーマに語った。

 同サークルの前身は「山地酪農研究会」。2014年に「酪農どうでしょう」に改め、幅広く酪農について学ぶサークルへと変更した。現在は畜産科学科の女子学生を中心に約70人が所属する。

 牧場見学と部会を活動の柱に、OB・OGや地域の酪農家とのセミナーの開催、道内各地の「新規就農を考える会」への参加や、コロナ前には酪農学園大、北大との合同合宿も行っていた。サークル出身者には酪農家の後継者と結婚して就農したり、結婚後に新規就農を果たした人もいる。

安賀梓代表

 愛知県出身で入学前は「牛も見たことがなかった」という安賀さんは「酪農は奧が深い。牛に何を求めるかによって経営スタイルが違う。規模や経営者のポリシーが合わさって、それぞれのスタイルができている」と実感する。サークル活動をきっかけに、現在は道の農業普及員を目指し、酪農家をサポートしたいと考えている。

 “酪農家パーソナリティー”として酪農の魅力を発信し、牧場見学などでサークルの学生を受け入れている角倉円佳さん(38)=広尾町=は「学生のうちから熱心に活動していてすごい。酪農界でどんどん人が減る中、こうした活動はうれしい。私も学生たちともっとつながりを持ちたい」と活動を後押しする。

関連記事

室蘭民報

緑丘高生が学習成果披露 「縄文ガイド」「防災安否札」取り組み報告、市民ガ..

 伊達市教委主催の2021年度(令和3年度)だて市民カレッジが、市内松ヶ枝町のだて歴史の杜カルチャーセンターで開かれ、伊達緑丘高校の生徒が総合的な学習の時間で学んだ成果を披露した。  本年度4...

室蘭民報

洪水や土砂災害、噴火への備えを 長和地区で宇井北大名誉教授、防災講演【伊..

 伊達市長和地区防災講演会が15日夜、長和地区コミュニティーセンターで開かれ、市防災アドバイザーで北海道大学名誉教授の宇井忠英さん(NPO環境防災総合政策研究機構理事)が洪水や土砂災害、津波、噴...

苫小牧民報

世界最高齢のプログラマーら講師に 30日に「熱中スクール」 学び続ける大切..

白老青年会議所(JC、笠井雄太郎理事長)は、30日に「熱中白老JCスクール」と題した講座イベントを白老町総合保健福祉センターで開く。世界最高齢のプログラマーや冒険家らを講師に招き、年齢に関係なく挑...

苫小牧民報

アイヌ丸木舟2隻がウポポイへ 1~2月に弁天の海岸で発見、年代測定や樹木..

苫小牧市弁天の海岸で今年1~2月に見つかったアイヌの丸木舟「イタオマチプ」(板つづり舟)2隻が20日、保管されていた勇武津資料館(勇払)から白老町の民族共生象徴空間(ウポポイ)にある国立アイヌ民族...

十勝毎日新聞

静岡の野澤さん金賞 ばん馬キャラ弁コンテスト【帯広】

 NPO法人とかち馬文化を支える会(帯広)は、「ばん馬キャラ弁コンテスト」の選考結果を発表した。金賞には静岡市の野澤未来さん(33)が選ばれ、彩りや栄養バランスなどが総合的に評価された。  ...