北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

木製ミニSL「D51」あすで見納め 登別市内のホテルに移設

安平町追分の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」のレガシーギャラリーで展示している木製のミニ蒸気機関車(SL)「D51」が16日を最後に登別市内のホテルに移設されることになった。同日正午には撤収作業が始まり、町民や鉄道ファンに惜しまれながら、道の駅をたつ。

16日を最後に道の駅をたつ木製のミニSL「D51」

 木製のミニSLは、登別市の木工作家、江口貞廣さんが「D51―498号機」を参考に7分の1サイズで再現した。機関車と後部の石炭車の2両編成で長さは約3メートル、重さ約50キロあり、マツ材を接着剤で組み合わせている。

 道の駅では、2019年4月の開業当初に設置予定だった目玉展示の「D51―320号機」の移設が2カ月ほど遅れた。前年の胆振東部地震の影響によるもので、これを聞き付けた江口さんから「本物が入ってくるまで飾りませんか」と話があり、代わりに展示することを決めた。

 開業直後は頼れる「助っ人」の役割を全うし、復興の一助として活躍。320号機の到着後も子どもを中心に多くの来館者が木のぬくもりに触れるなど親しまれてきた。しかし、登別万世閣から展示のオファーがあり、道の駅での役割を終えることになった。

 今後は登別万世閣内に設置される予定。道の駅を運営するあびら観光協会は「江口さんの『(ミニSLに)触ってもらいたい』というご厚意により、手に触れたり、動かしたりと非常にみんなに愛されていた」と話し、感謝するとともに今後の活躍を期待した。

関連記事

室蘭民報

「カンちゃん」3代目に、オープン初日にお披露目 環境科学館名物ウェルカムロ..

 25日にオープンを迎えるDENZAI環境科学館の名物ウェルカムロボット「カンちゃん」が生まれ変わる。同館を運営するNPO法人科学とものづくり教育研究会かもけんのスタッフが3代目となる「カンちゃ...

室蘭民報

便利で簡単、バスの乗り方 白鳥台の住民に教室【室蘭】

 道南バス(室蘭市東町、長谷川義郎代表取締役社長)と私鉄総連道南バス支部(工藤幹彦執行委員長)は11月30日、室蘭市白鳥台の白鳥台ショッピングセンターハックの駐車場で「バスの乗り方教室」を開いた...

苫小牧民報

タンチョウ見守り10年 今年はひな2羽成長 ネイチャー研究会 むかわ

野鳥観察や自然保護を行うむかわ町の団体「ネイチャー研究会inむかわ」が、2011年から町内でタンチョウを見守り続けて10年を経過した。今年は初めてひなが2羽育ち、町内にタンチョウが飛来してから成長...

苫小牧民報

RFLとまこまい実行委事務局長の下村達也さん 「希望のヒーロー」米国の対..

がん撲滅を目指すチャリティーイベント、リレー・フォー・ライフ(RFL)のとまこまい実行委員会事務局長下村達也さん(68)=苫小牧市北光町=が、米国の対がん協会(ACS)から今年のがん経験者や支援者...

十勝毎日新聞

屋久島ガイド 先駆は十勝人 音更出身・小原さん【十勝】

 豊かな原生自然が広がり世界自然遺産に登録される鹿児島県の屋久島で、十勝出身の小原比呂志さん(59)がガイドとして活躍している。屋久島ガイドの草分け的存在で、35年前から縄文杉(樹齢数千年)の案内...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス