北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

滑らか食感アイスバー 町産の絹手亡使用 セコマ【池田】

池田町産の絹手亡を使った「十勝の白豆アイスバー」。全国のセイコーマートで取り扱っている

 コンビニエンスストア道内大手のセコマ(札幌市)は、JA十勝池田町(鈴木雅博組合長)の協力で、池田町産の絹手亡を使った「Secoma 十勝の白豆アイスバー」を新発売した。セイコーマート全店舗(北海道、茨城県、埼玉県)で16日から取り扱っている。

 絹手亡は白い種皮色の小粒のインゲン豆で、兵庫県姫路市の製菓会社「御座候」と十勝農業試験場が共同で開発。2004年に道の優良品種の登録を受けた。

 町内での栽培面積は35戸・約110ヘクタールで、道内一の生産量を誇る。同JAが同社に絹手亡を供給し、同社グループの「ダイマル乳品」(留萌管内羽幌町)でアイスバーを製造した。

 アイスには絹手亡の白あんが練り込まれ、絹手亡ならではの滑らかな食感や和菓子のような素朴な味わいを楽しめる。鈴木組合長は「白豆の需要増や消費拡大につながれば」と期待する。価格は税抜き120円。

関連記事

十勝毎日新聞

帯広南商業は全国特別賞 「来年は優勝を」 うまいもん甲子園【東京】

 高校生による地元食材を使った料理コンテスト「第10回ご当地!絶品うまいもん甲子園」決勝大会が27日、都内で開かれた。帯広南商業高校クッキング部は優勝と準優勝(3チーム)は逃したが、特別賞を受賞...

十勝毎日新聞

「清舞」で濃厚ブドウジュース 共働学舎が新発売【新得】

 共働学舎新得農場(町新得9、宮嶋望代表)は25日、十勝ワインの原料にもなっている品種「清舞」のブドウのジュースを発売した。ブドウは同農場が無農薬・無肥料で栽培、圧搾せず自然にしたたる果汁を瓶詰め...

十勝毎日新聞

碧雲蔵新酒「力強くキレ」 「十勝純米」お披露目【帯広】

 帯広畜産大学内の酒蔵「碧雲(へきうん)蔵」(帯広市稲田町西2線15)で醸造を手掛ける上川大雪酒造(上川管内上川町、塚原敏夫社長)は23日、今年収穫の新米を使った日本酒のお披露目会を開いた。参加者...

十勝毎日新聞

限定「冬結び」発売 新商品「ゆべし」など10種 柳月【十勝】

 柳月は冬限定のギフト「冬結び」を販売している。和洋菓子の新商品を含む10種類(25個)の詰め合わせ。来年1月4日ごろまで販売する(売り切れ次第終了)。  新商品は「冬ゆべし みかん小餅」と「...

十勝毎日新聞

“出来たて”瓶詰め 十勝ワインヌーボ 12月1日発売【池田】

 今年産のブドウを原料にした新酒「十勝ワイン ヌーボ赤2021」の瓶詰め作業が18日、町ブドウ・ブドウ酒研究所(佐野寛所長)の製造工場で行われた。昨年の2000本より400本多い2400本を製造...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス