北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

世界最高齢のプログラマーら講師に 30日に「熱中スクール」 学び続ける大切さ伝授 白老JC

白老青年会議所(JC、笠井雄太郎理事長)は、30日に「熱中白老JCスクール」と題した講座イベントを白老町総合保健福祉センターで開く。世界最高齢のプログラマーや冒険家らを講師に招き、年齢に関係なく挑戦したり、学び続けたりする大切さを伝える。白老JCの笠井理事長は「子供から高齢者まで誰でも参加でき、生涯にわたり学ぶことの意義を知ってもらえれば」と呼び掛けている。

熱中白老JCスクール」をPRする白老JCの笠井理事長(右)と金野大輔専務理事

 白老JCは今年の活動スローガンとして「学びによる豊かなまちの創造」を掲げており、具現化する取り組みとして今回のイベントを企画した。

 講師は、IT(情報技術)普及に努める若宮正子さん(86)=東京=、冒険家の荻田泰永さん(44)=神奈川県=、ITや医学の独立系研究者として活躍する浅田一憲さん=札幌市=の3人。

 若宮さんは、金融機関を定年退職する直前に独学でパソコン技術を習得。学びを深め、81歳でスマートフォン向けゲームアプリを開発し、「世界最高齢のプログラマー」として注目を集めている。荻田さんは、北極圏など極地の単独徒歩行に挑み続け、2018年には無補給・単独歩行での南極点到達に日本人として初めて成功。「植村直己冒険賞」も受賞した冒険家として活躍している。

 浅田さんは、医学とメディアデザイン学の二つの博士号を持ち、研究活動を続けている。生涯学習などを推進する一般社団法人熱中学園(東京)の熱中小学校江丹別分校(旭川市)校長も務め、生涯にわたり学ぶ環境づくりに挑んでいる。

 白老JCの講座イベントで若宮さんは「デジタルのすすめ」、荻田さんは「冒険のすすめ」、浅田さんは「チャレンジのすすめ」と題して授業を行う。参加者と講師の意見交換の時間も設ける。

 笠井理事長は「学びを通じて人としての成長を促すことは、地域の活力創出にもつながる。生涯学習や、学び直しの大切さに気付いてもらうイベントとしたい」と話す。

 当日の開催時間は午後1時から5時半。参加は無料。会場の定員は50人、オンライン参加は同300人。申し込み方法など問い合わせは、白老JCまちづくり委員会の米本智昭さん 携帯電話090(6265)0157。

関連記事

室蘭民報

「カンちゃん」3代目に、オープン初日にお披露目 環境科学館名物ウェルカムロ..

 25日にオープンを迎えるDENZAI環境科学館の名物ウェルカムロボット「カンちゃん」が生まれ変わる。同館を運営するNPO法人科学とものづくり教育研究会かもけんのスタッフが3代目となる「カンちゃ...

室蘭民報

便利で簡単、バスの乗り方 白鳥台の住民に教室【室蘭】

 道南バス(室蘭市東町、長谷川義郎代表取締役社長)と私鉄総連道南バス支部(工藤幹彦執行委員長)は11月30日、室蘭市白鳥台の白鳥台ショッピングセンターハックの駐車場で「バスの乗り方教室」を開いた...

苫小牧民報

タンチョウ見守り10年 今年はひな2羽成長 ネイチャー研究会 むかわ

野鳥観察や自然保護を行うむかわ町の団体「ネイチャー研究会inむかわ」が、2011年から町内でタンチョウを見守り続けて10年を経過した。今年は初めてひなが2羽育ち、町内にタンチョウが飛来してから成長...

苫小牧民報

RFLとまこまい実行委事務局長の下村達也さん 「希望のヒーロー」米国の対..

がん撲滅を目指すチャリティーイベント、リレー・フォー・ライフ(RFL)のとまこまい実行委員会事務局長下村達也さん(68)=苫小牧市北光町=が、米国の対がん協会(ACS)から今年のがん経験者や支援者...

十勝毎日新聞

屋久島ガイド 先駆は十勝人 音更出身・小原さん【十勝】

 豊かな原生自然が広がり世界自然遺産に登録される鹿児島県の屋久島で、十勝出身の小原比呂志さん(59)がガイドとして活躍している。屋久島ガイドの草分け的存在で、35年前から縄文杉(樹齢数千年)の案内...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス