北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

十勝2チーズ金賞 ワールドアワード2021

 世界のチーズ業界で最高峰の一つとなるコンペティション「ワールドチーズアワード2021」(開催地スペイン・オビエド)で、チーズ工房NEEDS(幕別)の「ラクレット」と、共働学舎新得農場(新得)の「さくらのアフィネ」が金賞を受賞した。十勝管内3工房4品が上位に入賞し、ナチュラルチーズ王国・十勝の実力を世界に示した。

チーズ工房NEEDSの「ラクレット」

 チーズ工房NEEDSの「ラクレット」は製造後、塩水でチーズの表面を磨きながら、約3カ月ほど時間をかけて熟成。独特の香りを醸成させた仕上がりとなっている。

 磯部公児工場長は「偶然の産物ではなく、製造や熟成管理に対するスタッフの思いと情熱、技術力が公に評価された結果で、とても光栄な事と感じている」とし、「金賞の重みと責任をしっかりと心に刻み、引き続きチーズ製造に従事したい」と話す。

共働学舎新得農場の「さくらのアフィネ」(左)、銀賞の「グランデ シントコ」

 共働学舎新得農場の「さくらのアフィネ」は、数々の国際コンクールで高い評価を得ている季節限定の「さくら」を、1カ月ほどアフィネ(フランス後で熟成の意味)させたチーズ。酸味のないマイルドな口当たりが特長だ。

 宮嶋望代表は「うれしいと同時に、世界的なレベルに通用するという手応えを感じている」とし、「飼料を生かした発酵など、十勝北部でのチーズづくりの方向性は間違っていない、ということ」などと話す。

 「ワールドチーズアワード」は、今年で33回目の開催。「2021」には、世界45カ国から計4079品がエントリー。日本からは国産チーズ競争力強化支援対策事業を活用し、全国25工房37品(うち十勝は4工房9品)が出品された。

 3日に審査・結果の発表があり、日本からは計14品が入賞。十勝管内からは金賞2品のほか、共働学舎新得農場の「グランデ シントコ」が銀賞に、「十勝千年の森チーズ工房キサラファーム」(清水町)の「十勝シェーブル 炭」が銅賞に輝いた。

 また、アトリエ・ド・フロマージュ(長野)の「翡翠」とニセコチーズ工房(後志管内ニセコ町)の「二世古 椛」が、最高賞となる「スーパーゴールド」に輝き、「翡翠」はファイナルステージに進んだ。

関連記事

十勝毎日新聞

帯広南商業は全国特別賞 「来年は優勝を」 うまいもん甲子園【東京】

 高校生による地元食材を使った料理コンテスト「第10回ご当地!絶品うまいもん甲子園」決勝大会が27日、都内で開かれた。帯広南商業高校クッキング部は優勝と準優勝(3チーム)は逃したが、特別賞を受賞...

十勝毎日新聞

「清舞」で濃厚ブドウジュース 共働学舎が新発売【新得】

 共働学舎新得農場(町新得9、宮嶋望代表)は25日、十勝ワインの原料にもなっている品種「清舞」のブドウのジュースを発売した。ブドウは同農場が無農薬・無肥料で栽培、圧搾せず自然にしたたる果汁を瓶詰め...

十勝毎日新聞

碧雲蔵新酒「力強くキレ」 「十勝純米」お披露目【帯広】

 帯広畜産大学内の酒蔵「碧雲(へきうん)蔵」(帯広市稲田町西2線15)で醸造を手掛ける上川大雪酒造(上川管内上川町、塚原敏夫社長)は23日、今年収穫の新米を使った日本酒のお披露目会を開いた。参加者...

十勝毎日新聞

限定「冬結び」発売 新商品「ゆべし」など10種 柳月【十勝】

 柳月は冬限定のギフト「冬結び」を販売している。和洋菓子の新商品を含む10種類(25個)の詰め合わせ。来年1月4日ごろまで販売する(売り切れ次第終了)。  新商品は「冬ゆべし みかん小餅」と「...

十勝毎日新聞

“出来たて”瓶詰め 十勝ワインヌーボ 12月1日発売【池田】

 今年産のブドウを原料にした新酒「十勝ワイン ヌーボ赤2021」の瓶詰め作業が18日、町ブドウ・ブドウ酒研究所(佐野寛所長)の製造工場で行われた。昨年の2000本より400本多い2400本を製造...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス