北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

冷燻工房1弾はマヨネーズ3種【中札内】

冷燻工房の第1弾商品の「十勝魔法のマヨネーゼ」

 地方創生ベンチャー・そら(帯広市、米田健史社長)グループは、運営する村内グランピングリゾート・フェーリエンドルフに整備した冷燻(れいくん)工房での商品化第1弾として、「十勝魔法のマヨネーゼ」を開発し、今月から本格販売を始めた。

 冷燻は長時間低温で燻煙(くんえん)をかけ、食材のうま味を引き出す製法。そらはフェーリエンドルフを運営するキャピタル・ゼンリンを昨年子会社化し、事業活性化などを目的に、その第一人者で特許を持つ東京赤坂の飲食店「燻」のオーナーシェフ、輿水治比古氏監修の下、敷地内に冷燻工房を今夏新設した。

 マヨネーゼは中札内産の卵を使用。林佑太副社長は「薫液や香料など一切使わず、マヨネーズを直接薫製。冷燻だから実現した奇跡の逸品」とPRする。ラベルは同社の西麻衣子取締役の長女菜花さん(17)がデザイン。プレーンとカレー、ゆずがあり、各200グラム入り1瓶1500円。

 フェーリエンドルフ内や、専用EC(通販)サイトなどを通じて購入できる。7月から工房建設のためふるさと納税型クラウドファンディング(CF)を実施し、現時点で4222万円(12月末まで、目標の8割)の寄付を受けた。林副社長は「希少性のある製法。そのほかの調味料、十勝の食材も商品化していきたい」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

帯広南商業は全国特別賞 「来年は優勝を」 うまいもん甲子園【東京】

 高校生による地元食材を使った料理コンテスト「第10回ご当地!絶品うまいもん甲子園」決勝大会が27日、都内で開かれた。帯広南商業高校クッキング部は優勝と準優勝(3チーム)は逃したが、特別賞を受賞...

十勝毎日新聞

「清舞」で濃厚ブドウジュース 共働学舎が新発売【新得】

 共働学舎新得農場(町新得9、宮嶋望代表)は25日、十勝ワインの原料にもなっている品種「清舞」のブドウのジュースを発売した。ブドウは同農場が無農薬・無肥料で栽培、圧搾せず自然にしたたる果汁を瓶詰め...

十勝毎日新聞

碧雲蔵新酒「力強くキレ」 「十勝純米」お披露目【帯広】

 帯広畜産大学内の酒蔵「碧雲(へきうん)蔵」(帯広市稲田町西2線15)で醸造を手掛ける上川大雪酒造(上川管内上川町、塚原敏夫社長)は23日、今年収穫の新米を使った日本酒のお披露目会を開いた。参加者...

十勝毎日新聞

限定「冬結び」発売 新商品「ゆべし」など10種 柳月【十勝】

 柳月は冬限定のギフト「冬結び」を販売している。和洋菓子の新商品を含む10種類(25個)の詰め合わせ。来年1月4日ごろまで販売する(売り切れ次第終了)。  新商品は「冬ゆべし みかん小餅」と「...

十勝毎日新聞

“出来たて”瓶詰め 十勝ワインヌーボ 12月1日発売【池田】

 今年産のブドウを原料にした新酒「十勝ワイン ヌーボ赤2021」の瓶詰め作業が18日、町ブドウ・ブドウ酒研究所(佐野寛所長)の製造工場で行われた。昨年の2000本より400本多い2400本を製造...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス