北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

Xマスケーキ開発 全道販売 上士幌出身の五十嵐さんら【上士幌】

 上士幌町出身で三笠高校(三笠市)製菓部に所属する3年生の五十嵐紗楽さん(18)らが日糧製パン(本社札幌)とクリスマスケーキを共同開発した。五十嵐さんは「もっとたくさん経験して、将来は自分のお店を開きたい」と青写真を描いている。

懸命にケーキ作りに励む五十嵐さん(左)と長田さん

 日糧製パンによると、クリスマスらしい特別な時間を家族がだんらんして過ごせる「赤と黒」をイメージしたケーキを課題として同校に出した。五十嵐さんは長田琴詠さん(18)と2人で「星夜のショコラ」というチョコレートケーキを考案して作った。

 ケーキは、濃厚なガトーショコラや甘さ控えめなビターショコラムースをチョコでコーティングし、甘さや食感を楽しめる仕上がりになった。2人は配合や焼き方を変えながら、味の改良を重ねた。小さな子どもから大人まで、笑顔いっぱいのひとときを味わえるようにと思いを込めて作業した。

五十嵐さんと長田さんが作ったケーキ「星夜のショコラ」

 五十嵐さんは小さな頃に物作りを得意とする父親の姿を見、母親が作るお菓子を食べて育った。パティシエを題材にしたアニメも見て「お菓子を作る職人になって、多くの人に食べてもらいたい」と夢見るようになった。

 パティシエを目指すために、入学した同校の環境は想像以上につらかった。仲間や先輩とのコミュニケーション、カフェでの接客は厳しく、ケーキ作りには卓越した技術、美を追求する力、完璧さが常に求められプレッシャーに押しつぶされそうになったという。

 支えになったのは家族の存在だ。五十嵐さんは電話で母ルミコさんから「自分で決めたことだから、もう少し頑張って」という声援を受け、諦めずに前を向いた。持ち前の行動力で挑戦し、和菓子・洋菓子を中心に技術習得に励んでいった。

 腕を磨き続けた努力が実り、参加した高校生スイーツレシピチャレンジ(2020年)で「二ツ星レシピ賞」、今年開かれたハイスクールパティシエロワイヤルでは「審査員特別賞」を受賞。学んだレシピを応用して新商品を開発するなど心掛けた。

 娘の成長にルミコさんは「大会で入賞したケーキが実際に店頭で販売されているのを見た時は本当にうれしかった。ケーキはまろやかでおいしく、感動した」と目を細める。

 五十嵐さんは卒業後に十勝に戻り、洋菓子店で働く。「自分の作ったお菓子を食べておいしいと喜んでもらえるように、笑顔や幸せを届けたい」とほほ笑む。

 星夜のショコラは直径約15センチ、3456円。道内で販売する。

関連記事

十勝毎日新聞

帯広南商業は全国特別賞 「来年は優勝を」 うまいもん甲子園【東京】

 高校生による地元食材を使った料理コンテスト「第10回ご当地!絶品うまいもん甲子園」決勝大会が27日、都内で開かれた。帯広南商業高校クッキング部は優勝と準優勝(3チーム)は逃したが、特別賞を受賞...

十勝毎日新聞

「清舞」で濃厚ブドウジュース 共働学舎が新発売【新得】

 共働学舎新得農場(町新得9、宮嶋望代表)は25日、十勝ワインの原料にもなっている品種「清舞」のブドウのジュースを発売した。ブドウは同農場が無農薬・無肥料で栽培、圧搾せず自然にしたたる果汁を瓶詰め...

十勝毎日新聞

碧雲蔵新酒「力強くキレ」 「十勝純米」お披露目【帯広】

 帯広畜産大学内の酒蔵「碧雲(へきうん)蔵」(帯広市稲田町西2線15)で醸造を手掛ける上川大雪酒造(上川管内上川町、塚原敏夫社長)は23日、今年収穫の新米を使った日本酒のお披露目会を開いた。参加者...

十勝毎日新聞

限定「冬結び」発売 新商品「ゆべし」など10種 柳月【十勝】

 柳月は冬限定のギフト「冬結び」を販売している。和洋菓子の新商品を含む10種類(25個)の詰め合わせ。来年1月4日ごろまで販売する(売り切れ次第終了)。  新商品は「冬ゆべし みかん小餅」と「...

十勝毎日新聞

“出来たて”瓶詰め 十勝ワインヌーボ 12月1日発売【池田】

 今年産のブドウを原料にした新酒「十勝ワイン ヌーボ赤2021」の瓶詰め作業が18日、町ブドウ・ブドウ酒研究所(佐野寛所長)の製造工場で行われた。昨年の2000本より400本多い2400本を製造...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス