北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

龍馬愛刀の押形が存在 室蘭の瑞泉鍛刀所に保管 白老元陣屋資料館特別展行事で公開

幕末の志士坂本龍馬(1836~67年)の愛刀「吉行」の押形(おしがた)が日本製鋼所瑞泉鍛刀所(室蘭市)にあることが分かり、白老町で開かれた仙台藩白老元陣屋資料館の特別展関連行事で存在が明らかにされた。「吉行」は龍馬が京都で暗殺された時に所持していた。瑞泉鍛刀所4代当主・堀井胤匡(たねただ)さん(67)によると、大正期に作られた押形を公開したのは初めてという。

龍馬の刀を写し取ったとされる押形。「坂本龍馬氏遺物 吉行 焼身」と記されている

 江戸時代の刀工・陸奥守吉行(むつのかみよしゆき)が作った「吉行」は、龍馬が1867(慶応3)年、京都の近江屋で刺客に襲撃された際、応戦に使った刀。さやを付けたまま相手の刀を受け止めたものの、頭部を切られて絶命した。

 龍馬の最期を共にした刀は、北海道へ移住した子孫の手に渡ったが、1913(大正2)年の釧路大火で被災し変形した。釧路や札幌で事業を営んだ坂本家7代当主・弥太郎氏が、火事で焼けた刀を修復するため、24(大正13)年に札幌刀剣会の関係者に相談。その際、日本刀を製作する瑞泉鍛刀所の初代当主を務めた堀井俊秀氏が和紙に刀の一部を写し取る押形を制作し、「坂本龍馬氏遺物 吉行 焼身」と書き記して記録に残した。

 97年前に作られた押形は瑞泉鍛刀所にひっそりと保管されていたが、同資料館の特別展「第10回刀剣展・堀井一門展」の開催に当たり、資料を調べていた胤匡さんが存在を確認。今月13日に白老町コミュニティセンターで開かれた特別展関連行事で講演した北海道龍馬会事務局長・小宮山一夫さん(72)=札幌市=がスライド写真で押形を公開した。講演会には胤匡さんも同席した。

 刀は修復された後、弥太郎氏が1931(昭和6)年に京都国立博物館に寄贈した。しかし、修復で「吉行」の刀身の特徴を失っていたため、本物の龍馬の刀かどうか懐疑的な見方もあった。そうした中、同館が2015(平成27)年に文化財用のデジタル画像データ機器を使って刃を調べたところ、過去の言説の通り、火災で変形した後に研ぎ直されたことが分かり、龍馬の「吉行」と判断した。

 小宮山さんは「瑞泉鍛刀所で見つかった刀の押形と文字は、吉行が火災に遭ったことを裏付けている」とし、「京都国立博物館所蔵の吉行が真作であることを改めて示す重要な証拠だ」と話す。暗殺された際の血が付着した掛け軸、家族への手紙など龍馬の遺品の数々が国の重要文化財に指定されている中で、胤匡さんは「祖父俊秀が残した押形が吉行の文化財指定を後押しすれば」と期待する。

関連記事

室蘭民報

「カンちゃん」3代目に、オープン初日にお披露目 環境科学館名物ウェルカムロ..

 25日にオープンを迎えるDENZAI環境科学館の名物ウェルカムロボット「カンちゃん」が生まれ変わる。同館を運営するNPO法人科学とものづくり教育研究会かもけんのスタッフが3代目となる「カンちゃ...

室蘭民報

便利で簡単、バスの乗り方 白鳥台の住民に教室【室蘭】

 道南バス(室蘭市東町、長谷川義郎代表取締役社長)と私鉄総連道南バス支部(工藤幹彦執行委員長)は11月30日、室蘭市白鳥台の白鳥台ショッピングセンターハックの駐車場で「バスの乗り方教室」を開いた...

苫小牧民報

タンチョウ見守り10年 今年はひな2羽成長 ネイチャー研究会 むかわ

野鳥観察や自然保護を行うむかわ町の団体「ネイチャー研究会inむかわ」が、2011年から町内でタンチョウを見守り続けて10年を経過した。今年は初めてひなが2羽育ち、町内にタンチョウが飛来してから成長...

苫小牧民報

RFLとまこまい実行委事務局長の下村達也さん 「希望のヒーロー」米国の対..

がん撲滅を目指すチャリティーイベント、リレー・フォー・ライフ(RFL)のとまこまい実行委員会事務局長下村達也さん(68)=苫小牧市北光町=が、米国の対がん協会(ACS)から今年のがん経験者や支援者...

十勝毎日新聞

屋久島ガイド 先駆は十勝人 音更出身・小原さん【十勝】

 豊かな原生自然が広がり世界自然遺産に登録される鹿児島県の屋久島で、十勝出身の小原比呂志さん(59)がガイドとして活躍している。屋久島ガイドの草分け的存在で、35年前から縄文杉(樹齢数千年)の案内...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス