北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

旧棒二森屋クマの石像、根本土龍ゆかりの八雲町郷土資料館に【函館】

八雲町郷土資料館に移設される「座グマ」(左)と「這いグマ」、清祓い式に参列した島田さん(左から4人目)と土井教育長(同2人目)ら

 2019年1月末で閉店したJR函館駅前の百貨店「棒二森屋」の正面玄関に展示されていた2体のクマの石像が22日、作者で彫刻家の根本土龍(1904~83、本名・勲)にゆかりのある八雲町の郷土資料館・木彫り熊資料館(町末広町)に移設される。四つ足で立つ「這(は)いグマ」は同資料館に寄贈、座った状態の「座グマ」は当面、同資料館で展示し、棒二跡地の再開発ビル完成後に再度移設する計画だ。

 根本土龍は福島県生まれで5歳ごろ、八雲に移住。早稲田大学卒業後、八雲農民美術研究会で活動したほか、八雲高校では美術教員として勤務。美術団体の一陽会や赤光社の会員としても活躍し、函館市末広町にある北海道第一歩の碑のクマのモニュメントなども手掛けた。

 棒二森屋では1961年に「這いグマ」、66年に「座グマ」を向かう合う形で展示し、2019年の閉店まで同店のシンボルとして市民に親しまれた。2体の石像は閉店後も建物内にあり、棒二森屋を運営してきた中合(東京)が「今後も大切に保存したい」と根本と縁深く、多くのクマの彫刻作品を展示する同資料館への移設を計画してきた。

 20日に高松町の大谷石材の工場で神職による清祓い式を行い、関係者が無事に移設されることを祈った。13年まで棒二森屋の副店長を務めた、中合の函館駅前ビル駐在の島田順さん(68)は「市民にもなじみ深い店のシンボルで大切に残してもらいたい。また函館で展示するときには多くの市民に見てもらえたら」と目を細め、八雲町教委の土井寿彦教育長(61)は「石像に込められた思いもしっかりと受け継ぎ、また多くの人に愛してもらえるよう展示したい」と話していた。

関連記事

室蘭民報

「カンちゃん」3代目に、オープン初日にお披露目 環境科学館名物ウェルカムロ..

 25日にオープンを迎えるDENZAI環境科学館の名物ウェルカムロボット「カンちゃん」が生まれ変わる。同館を運営するNPO法人科学とものづくり教育研究会かもけんのスタッフが3代目となる「カンちゃ...

室蘭民報

便利で簡単、バスの乗り方 白鳥台の住民に教室【室蘭】

 道南バス(室蘭市東町、長谷川義郎代表取締役社長)と私鉄総連道南バス支部(工藤幹彦執行委員長)は11月30日、室蘭市白鳥台の白鳥台ショッピングセンターハックの駐車場で「バスの乗り方教室」を開いた...

苫小牧民報

タンチョウ見守り10年 今年はひな2羽成長 ネイチャー研究会 むかわ

野鳥観察や自然保護を行うむかわ町の団体「ネイチャー研究会inむかわ」が、2011年から町内でタンチョウを見守り続けて10年を経過した。今年は初めてひなが2羽育ち、町内にタンチョウが飛来してから成長...

苫小牧民報

RFLとまこまい実行委事務局長の下村達也さん 「希望のヒーロー」米国の対..

がん撲滅を目指すチャリティーイベント、リレー・フォー・ライフ(RFL)のとまこまい実行委員会事務局長下村達也さん(68)=苫小牧市北光町=が、米国の対がん協会(ACS)から今年のがん経験者や支援者...

十勝毎日新聞

屋久島ガイド 先駆は十勝人 音更出身・小原さん【十勝】

 豊かな原生自然が広がり世界自然遺産に登録される鹿児島県の屋久島で、十勝出身の小原比呂志さん(59)がガイドとして活躍している。屋久島ガイドの草分け的存在で、35年前から縄文杉(樹齢数千年)の案内...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス