北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

日勝美術館で父娘共演 長女神田絵里子さん26日から風景画展【鹿追】

 神田日勝記念美術館(鹿追町東町3)の展示室2階で26日から、町在住の神田絵里子さん(53)の風景画展が開かれる。絵里子さんは鹿追ゆかりの画家神田日勝(1937~70年)の長女。館内の展示室1階では同展と同時にコレクション展2「絵画に描かれた十勝」(同館主催)として日勝の風景画が並び、初の親子同時作品展となる。

26日から始まる個展のポスターを手にする神田絵里子さん。後ろの展示されている絵は父神田日勝の風景画

 絵里子さんは1968年鹿追町生まれ。帯広北高美術部で油彩画を始めた。現在は鹿追町職員(会計年度任用職員)。2015年に中札内村北の大地ビエンナーレ佳作賞、20年には十勝文化団体協議会文化新賞をそれぞれ受賞している。神田日勝記念美術館での作品展は初めて。

 「父は私が2歳の時に亡くなったのでほとんど記憶になく、同時に作品展を開くことに何か特別な感情はあまりない」と絵里子さん。それでも、油絵を始めるきっかけについては「亡くなった後も父の絵の具やパレットなどの画材が身近にあり、描いてみたいとは思っていた」という。

 絵里子さんが描くのは多くが道内、十勝に題材を得た風景画。中でも然別湖や小川など水辺が多い。「小学校低学年の頃だと思うが、残された父のスケッチブックの中に駒止湖(然別湖の南側にある湖沼)と思われるデッサンがあり、印象に残っている。題材に水辺が多いのは、その影響かもしれない」と語る。

神田日勝

 今回の風景画展では約20点の展示を予定し、絵里子さんは「十勝の風景の良さを感じてもらえれば」と話す。同展のチラシに「深呼吸、忘れていませんか?」と書かれているように、作品は十勝の風景を写実的に捉え、その場所の空気感が漂うよう。同館の学芸員川岸真由子さんは「絵里子さんの絵からは透明感や清らかさ、心地よい風を感じる」と言う。

 同時開催のコレクション展では、同館所蔵の日勝作品の中から「自然」「営為(えいい)」「余暇」をテーマに、単なる自然風景ではなく、そこに生きる人たちの姿や暮らしも感じさせる作品が展示される。

 風景画展、コレクション展はともに来年4月10日まで。午前10時~午後5時(最終入場は午後4時半)。大人530円、高校生320円、小・中学生210円。休館日は月曜(祝日の場合は開館)。ほかに期間中は年末年始、来年1月11日、2月24日、3月22日が休館。問い合わせは同館(0156・66・1555)へ。

関連記事

室蘭民報

「カンちゃん」3代目に、オープン初日にお披露目 環境科学館名物ウェルカムロ..

 25日にオープンを迎えるDENZAI環境科学館の名物ウェルカムロボット「カンちゃん」が生まれ変わる。同館を運営するNPO法人科学とものづくり教育研究会かもけんのスタッフが3代目となる「カンちゃ...

室蘭民報

便利で簡単、バスの乗り方 白鳥台の住民に教室【室蘭】

 道南バス(室蘭市東町、長谷川義郎代表取締役社長)と私鉄総連道南バス支部(工藤幹彦執行委員長)は11月30日、室蘭市白鳥台の白鳥台ショッピングセンターハックの駐車場で「バスの乗り方教室」を開いた...

苫小牧民報

タンチョウ見守り10年 今年はひな2羽成長 ネイチャー研究会 むかわ

野鳥観察や自然保護を行うむかわ町の団体「ネイチャー研究会inむかわ」が、2011年から町内でタンチョウを見守り続けて10年を経過した。今年は初めてひなが2羽育ち、町内にタンチョウが飛来してから成長...

苫小牧民報

RFLとまこまい実行委事務局長の下村達也さん 「希望のヒーロー」米国の対..

がん撲滅を目指すチャリティーイベント、リレー・フォー・ライフ(RFL)のとまこまい実行委員会事務局長下村達也さん(68)=苫小牧市北光町=が、米国の対がん協会(ACS)から今年のがん経験者や支援者...

十勝毎日新聞

屋久島ガイド 先駆は十勝人 音更出身・小原さん【十勝】

 豊かな原生自然が広がり世界自然遺産に登録される鹿児島県の屋久島で、十勝出身の小原比呂志さん(59)がガイドとして活躍している。屋久島ガイドの草分け的存在で、35年前から縄文杉(樹齢数千年)の案内...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス