北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

妻へ 80歳のラブレター 11月22日「いい夫婦の日」【音更】

病室の美恵子さん(左)に送った巌さんの「ラブレター」

 難病で体が不自由な音更町の西川巌さん(84)と妻の美恵子さん(83)。この5月、美恵子さんが介護の心労で急に倒れて入院した。自宅で1人で生活できない巌さんも、町内の福祉施設へ入ることに。離ればなれの生活が1カ月余り続き、妻の身を心配した巌さんは手紙を送ろうと思い立った。それは巌さんが初めて書いた“ラブレター”だった。22日は「いい夫婦の日」。

 巌さんは、脊椎(せきつい)を支える靭帯(じんたい)が骨に変化して神経を圧迫する難病を患っている。今年に入って足腰の痛みが増して歩くのもままならず、眠れない日が続いた。子どもがいない2人は典型的な「老老介護」。美恵子さんは心配して夜のトイレも付き添った。

 寝不足で体が休まらない美恵子さんは、5月下旬に体調を崩して帯広市内の病院に入院した。「家内は元気だと思っていたのに急に倒れてしまって。ずっとおんぶに抱っこだったから」。巌さんも老人ホームに入所することになった。

 結婚して60年近く、長く離れて暮らすのは初めてのこと。電話嫌いの巌さんだが、声が聞きたくなって施設から何度も携帯電話にかけたが、美恵子さんにつながらない。「電話のかけ方を忘れてしまったのかも」。コロナ禍で外出ができず、不安を募らせた巌さんは手紙を書くことにした。

 便せんがないので手元にあったA4判のコピー用紙を使った。「お母さんとバラバラになって、早くも一ケ月と九日がたちましたネ」「いつも『お父さん、お父さん』としつこく呼ぶお母さんの姿がないのは淋(さび)しいものです」。何枚にもなり紙をつないだ手紙は、長さ2メートルの巻物のようになった。文の最後には「八十才のラブレター」と書いた。

 美恵子さんは入院中、携帯電話は禁止だと思い電源を切っていた。「びっくりした。障子紙みたいな長さで、読んでいたら同室の人や看護師にも面白がられて」と笑うが、夫の気持ちがうれしかった。すぐに連絡して、退院した7月下旬まで、どちらかともなく毎日電話した。

 家では口数が少なく頑固な巌さんと、甘え下手の美恵子さんは、若い頃はよくけんかをしたという。一緒に年を重ねるごとに丸くなってきて、今回の経験を通してさらに絆は強まった。自宅に戻った2人は会話が増えたといい、巌さんは「話をすることは大事だと思った。あと何年生きられるか分からないし仲良くやりたい」と話す。美恵子さんは「この年になったら、かばい合っていくしかないね」とほほ笑んで返した。

関連記事

室蘭民報

「カンちゃん」3代目に、オープン初日にお披露目 環境科学館名物ウェルカムロ..

 25日にオープンを迎えるDENZAI環境科学館の名物ウェルカムロボット「カンちゃん」が生まれ変わる。同館を運営するNPO法人科学とものづくり教育研究会かもけんのスタッフが3代目となる「カンちゃ...

室蘭民報

便利で簡単、バスの乗り方 白鳥台の住民に教室【室蘭】

 道南バス(室蘭市東町、長谷川義郎代表取締役社長)と私鉄総連道南バス支部(工藤幹彦執行委員長)は11月30日、室蘭市白鳥台の白鳥台ショッピングセンターハックの駐車場で「バスの乗り方教室」を開いた...

苫小牧民報

タンチョウ見守り10年 今年はひな2羽成長 ネイチャー研究会 むかわ

野鳥観察や自然保護を行うむかわ町の団体「ネイチャー研究会inむかわ」が、2011年から町内でタンチョウを見守り続けて10年を経過した。今年は初めてひなが2羽育ち、町内にタンチョウが飛来してから成長...

苫小牧民報

RFLとまこまい実行委事務局長の下村達也さん 「希望のヒーロー」米国の対..

がん撲滅を目指すチャリティーイベント、リレー・フォー・ライフ(RFL)のとまこまい実行委員会事務局長下村達也さん(68)=苫小牧市北光町=が、米国の対がん協会(ACS)から今年のがん経験者や支援者...

十勝毎日新聞

屋久島ガイド 先駆は十勝人 音更出身・小原さん【十勝】

 豊かな原生自然が広がり世界自然遺産に登録される鹿児島県の屋久島で、十勝出身の小原比呂志さん(59)がガイドとして活躍している。屋久島ガイドの草分け的存在で、35年前から縄文杉(樹齢数千年)の案内...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス