北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

木賊君(泉野小6年)「防災士」合格 災害から祖父の命守りたい

苫小牧泉野小学校6年の木賊(とくさ)輪人君(12)が今月、地域防災のリーダーとして啓発活動などに取り組む「防災士」の試験に合格した。資格取得を志したのは、災害から祖父の命を守るため。小学生の合格者は珍しく、「まさか受かるとは」と本人も驚いている。

合格通知書を手にする木賊君

 もともと防災への関心は高かったが、胆振東部地震を機に「より深く考えるようになった」という木賊君。今夏、道が公表した巨大地震発生時の太平洋沿岸の津波浸水想定で、母方の祖父・直義さん(70)宅周辺が1メートルほどの津波被害が予測されるエリアにあることが分かり、危機感を強めた。

 直義さんは自ら設計し、強い愛着を持つ家から「何があっても逃げない」と木賊君の心配に耳を貸さなかったといい、「おじいちゃんの命を守るため、説得力ある説明をするにはどうすればよいか考えて受験を申し込んだ」と語る。

 父・弘明さん(41)も熱心にテキストを読んだり、模擬試験問題を解いたりするわが子の姿に成長を感じ、背中を押した。

 木賊君は10月30、31両日、札幌市教育文化会館で行われた研修会に参加。小学生の参加者は木賊君一人で、「最初は緊張したが、講義内容が身近な話になるにつれて理解が深まっていった」と振り返る。

 試験は31日の研修会後にあり、「手応えはなかった」が、今月10日に合格通知が届いた。祖父に合格を伝えると「何とも言えない顔をしながらも、すごく褒めてくれた」と笑顔。弘明さんも大喜びで「非常持ち出し袋の中身や家具の固定など、わが家の防災は全て信頼して任せている」と話す。

 認定書は12月下旬に届く予定。木賊君は「まずは同年代に知識を広め、一人でも災害の被害者を減らしたい」と意気込んでいる。

 防災士は、日常生活のさまざまな場面で防災力を高める知識を有する人に与えられる資格。2003年から日本防災士機構が認証している。合格率は20年度で87%と高めだが同機構によると、12歳以下の合格者はこれまでに69人で、担当者は「(合格は)めったにないすごいこと」としている。

関連記事

室蘭民報

「カンちゃん」3代目に、オープン初日にお披露目 環境科学館名物ウェルカムロ..

 25日にオープンを迎えるDENZAI環境科学館の名物ウェルカムロボット「カンちゃん」が生まれ変わる。同館を運営するNPO法人科学とものづくり教育研究会かもけんのスタッフが3代目となる「カンちゃ...

室蘭民報

便利で簡単、バスの乗り方 白鳥台の住民に教室【室蘭】

 道南バス(室蘭市東町、長谷川義郎代表取締役社長)と私鉄総連道南バス支部(工藤幹彦執行委員長)は11月30日、室蘭市白鳥台の白鳥台ショッピングセンターハックの駐車場で「バスの乗り方教室」を開いた...

苫小牧民報

タンチョウ見守り10年 今年はひな2羽成長 ネイチャー研究会 むかわ

野鳥観察や自然保護を行うむかわ町の団体「ネイチャー研究会inむかわ」が、2011年から町内でタンチョウを見守り続けて10年を経過した。今年は初めてひなが2羽育ち、町内にタンチョウが飛来してから成長...

苫小牧民報

RFLとまこまい実行委事務局長の下村達也さん 「希望のヒーロー」米国の対..

がん撲滅を目指すチャリティーイベント、リレー・フォー・ライフ(RFL)のとまこまい実行委員会事務局長下村達也さん(68)=苫小牧市北光町=が、米国の対がん協会(ACS)から今年のがん経験者や支援者...

十勝毎日新聞

屋久島ガイド 先駆は十勝人 音更出身・小原さん【十勝】

 豊かな原生自然が広がり世界自然遺産に登録される鹿児島県の屋久島で、十勝出身の小原比呂志さん(59)がガイドとして活躍している。屋久島ガイドの草分け的存在で、35年前から縄文杉(樹齢数千年)の案内...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス