北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

「緑ヶ丘トマロ」来年2月開業 旧サイクリングターミナルを改修 スポーツ合宿の利用見込む 緑豊建設

苫小牧市緑ケ丘公園内のスポーツ施設などの指定管理者を務める緑豊建設(矢部隆明社長)は、園内で閉鎖されていた旧サイクリングターミナル(高丘)を改修し、公園利用者対象の宿泊施設「緑ヶ丘トマロ」を来年2月にオープンさせる。「苫小牧に泊まろう」の意味を込め、洋室やトレーニング室を新たに整備し、施設機能を充実させた。検討中の運営方針を固めた上で、1月中旬にも予約受け付けを開始したい考えだ。

緑ケ丘公園内で来年2月オープンを目指す宿泊施設「緑ヶ丘トマロ」

 1984年に建設され、2015年3月に閉鎖した旧サイクリングターミナル(鉄筋コンクリート造り2階建て、延べ床面積約1500平方メートル)を今年4月から改修。浴室の壁が剝がれ落ちるなど老朽化が著しい部分を直した他、和室だった大広間に間仕切りを設けて洋室化し、シングル2室とツイン4室を新設した。従来からの和室は4人、5人、6人用の計10室を残し、各室にテレビや冷蔵庫、机を備え付けにし、宿泊客は最大58人まで受け入れる。

 さらに旧研修室はトレーニング室に、旧食堂は食事のほか会議にも使える多目的ホールにそれぞれ改めた。正面ロビーは無線通信Wi―Fi(ワイファイ)を利用できるようにし、隣接していた旧スポーツハウスの解体も終え、駐車場として整備した。

 今月からスタッフが日中に常駐し、来年2月の本格オープンに向けた準備作業に追われている。園内にはスピードスケートリンクをはじめ、野球場、陸上競技場、サッカー場など数多くの施設があるため、主なターゲットにはスポーツ合宿利用を見込む。スポーツ関係者へのニーズ調査を進め、宿泊料金や団体利用に限定するかも含め運営方針を検討している。

 同社の同公園運動施設の統括責任者である矢野孝一さん(43)は「すでに問い合わせがあり、関心の高さを感じる」と話す。雪が少ない苫小牧の特性を生かし、道内他都市よりも早く春先に屋外施設が利用できる独自事業も好評のため、年明けにも同社ホームページで運営の詳細を公表する予定だ。

関連記事

室蘭民報

「カンちゃん」3代目に、オープン初日にお披露目 環境科学館名物ウェルカムロ..

 25日にオープンを迎えるDENZAI環境科学館の名物ウェルカムロボット「カンちゃん」が生まれ変わる。同館を運営するNPO法人科学とものづくり教育研究会かもけんのスタッフが3代目となる「カンちゃ...

室蘭民報

便利で簡単、バスの乗り方 白鳥台の住民に教室【室蘭】

 道南バス(室蘭市東町、長谷川義郎代表取締役社長)と私鉄総連道南バス支部(工藤幹彦執行委員長)は11月30日、室蘭市白鳥台の白鳥台ショッピングセンターハックの駐車場で「バスの乗り方教室」を開いた...

苫小牧民報

タンチョウ見守り10年 今年はひな2羽成長 ネイチャー研究会 むかわ

野鳥観察や自然保護を行うむかわ町の団体「ネイチャー研究会inむかわ」が、2011年から町内でタンチョウを見守り続けて10年を経過した。今年は初めてひなが2羽育ち、町内にタンチョウが飛来してから成長...

苫小牧民報

RFLとまこまい実行委事務局長の下村達也さん 「希望のヒーロー」米国の対..

がん撲滅を目指すチャリティーイベント、リレー・フォー・ライフ(RFL)のとまこまい実行委員会事務局長下村達也さん(68)=苫小牧市北光町=が、米国の対がん協会(ACS)から今年のがん経験者や支援者...

十勝毎日新聞

屋久島ガイド 先駆は十勝人 音更出身・小原さん【十勝】

 豊かな原生自然が広がり世界自然遺産に登録される鹿児島県の屋久島で、十勝出身の小原比呂志さん(59)がガイドとして活躍している。屋久島ガイドの草分け的存在で、35年前から縄文杉(樹齢数千年)の案内...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス