北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

大河ドラマ制作の裏話【えりも】

ドラマ制作の舞台裏などを紹介する福岡チーフプロデューサー

【えりも】町140周年記念事業の一環で21日、NHK文化セミナーが開かれ、「大河ドラマ 青天を衝け」の制作舞台裏や撮影中のこぼれ話などが町福祉センターで紹介された。

 この日は、町内外から80人(定員制限)が入場し、同番組制作総括でNHK制作局の福岡利武チーフプロデュサーと、司会のNHK室蘭放送局の高橋秀和アナウンサーとのトークや、制作過程の断片映像を視聴して関係者の制作意欲に触れた。NHK室蘭放送局、NHK文化センター、町、町教委が共催。

 ドラマのあらすじは、ヒーローの渋沢栄一(吉沢亮)が、幕末の1840年(天保11年)に百姓の子として生まれた。ある日、御用金取立ての代官に歯向かって罵倒されたことから、官尊民卑制度に怒りを覚えて武士になることを決意する。

 その後、千代との結婚を期に尊皇攘夷に傾倒して横浜の外国人居留地焼き討ちをくわだてるが、いとこの反対で断念、逆に幕府に追われ京に逃げ、一橋慶喜の家臣なって一橋家の財政改革に手腕を発揮した。慶喜が徳川幕府の将軍になると幕臣にされて倒幕の意欲が消滅。

 栄一の転機は、パリ万博の随員に選ばれて、パリで株式会社と銀行の仕組みを知って民間の力が発揮する社会に衝撃を受ける。そんな折、日本から大政奉還の知らせを受けて無念の帰国。さらに突然、明治政府から大蔵省への任官を命ぜられ、租税・鉄道敷設・貨幣制度などの改革を推進して3年半後の33歳で辞任する。

 その後は、民間の改革に着手。大実業家として渋沢栄一が北海道で関わった事業では、北海道拓殖銀行、帝国製麻、函館~小樽間の鉄道敷設、十勝開墾農場、函館水力発電所、大日本ビール株式会社、炭鉱鉄道会社などの創設があり、全国で生涯に関わった会社創設は500社を数える。

 ステージでのトークでは、栄一や慶喜にどの俳優を起用するかでもめたことや、幕末・明治時代の写真映像と現在の撮影映像の合成写真などの成功で、その時代を表現できるリアルな場面を提供できたことなどを披露して会場を和ませた。

 「青天を衝け」は、NHK総合テレビで毎週日曜日午後8時から放送中。

 なお、2024年には紙幣のデザインが更新され、1万円札には渋沢栄一の肖像が登用されることになっている。

渋沢が北海道で関わった事業のパネルを展示

関連記事

室蘭民報

「カンちゃん」3代目に、オープン初日にお披露目 環境科学館名物ウェルカムロ..

 25日にオープンを迎えるDENZAI環境科学館の名物ウェルカムロボット「カンちゃん」が生まれ変わる。同館を運営するNPO法人科学とものづくり教育研究会かもけんのスタッフが3代目となる「カンちゃ...

室蘭民報

便利で簡単、バスの乗り方 白鳥台の住民に教室【室蘭】

 道南バス(室蘭市東町、長谷川義郎代表取締役社長)と私鉄総連道南バス支部(工藤幹彦執行委員長)は11月30日、室蘭市白鳥台の白鳥台ショッピングセンターハックの駐車場で「バスの乗り方教室」を開いた...

苫小牧民報

タンチョウ見守り10年 今年はひな2羽成長 ネイチャー研究会 むかわ

野鳥観察や自然保護を行うむかわ町の団体「ネイチャー研究会inむかわ」が、2011年から町内でタンチョウを見守り続けて10年を経過した。今年は初めてひなが2羽育ち、町内にタンチョウが飛来してから成長...

苫小牧民報

RFLとまこまい実行委事務局長の下村達也さん 「希望のヒーロー」米国の対..

がん撲滅を目指すチャリティーイベント、リレー・フォー・ライフ(RFL)のとまこまい実行委員会事務局長下村達也さん(68)=苫小牧市北光町=が、米国の対がん協会(ACS)から今年のがん経験者や支援者...

十勝毎日新聞

屋久島ガイド 先駆は十勝人 音更出身・小原さん【十勝】

 豊かな原生自然が広がり世界自然遺産に登録される鹿児島県の屋久島で、十勝出身の小原比呂志さん(59)がガイドとして活躍している。屋久島ガイドの草分け的存在で、35年前から縄文杉(樹齢数千年)の案内...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス