北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

最優秀に畑端博志さん【新ひだか】

【新ひだか】みついし農協(酒井薫組合長)主催の黒毛和牛肉の品質を競う「第17回みついし牛枝肉共励会」の表彰式が26日、同農協で開かれ、三石本桐の畑端博志さん(66)が出品した「剣峰」の枝肉が最優秀賞に選ばれた。畑端さんの最優秀賞は、今回で5回目の受賞で、過去最高のキロ単価を記録した。

 枝肉共励会は、三石地区を中心に新冠からえりも町まで広域で「みついし牛」ブランドで出荷している黒毛和牛の肥育技術向上を目的に開催。今年も選抜された36頭が25日に東京都中央卸売市場食肉市場に出品され、枝肉審査の結果、最優秀賞1頭と優秀賞3頭、優良賞5頭の入賞を決めた。

 入賞の最優秀賞から優良賞までの枝肉はすべて最高ランクのA―5。36頭全体でも最高格付けのA―5が全体の75・0%の27頭。A―4が7頭、B―3が1頭、A―2が1頭。売上総額は4817万7514円(1㌔当たり平均単価2598円。A―5格付け27頭中、霜降り度合いを示すBMS(1~12)10以上が17頭で、最上の12ランクも7頭いた。

 最優秀賞の「剣峰」(去勢牛、月齢29・1)は、枝肉重量594㌔(A―5、BMS12)で、単価3204円、190万3176円で販売された。

 酒井組合長は「東京食肉市場からは一貫肥育をベースとした良質な枝肉のみついし牛に対し高い評価を受けており、一方でより一層安定的な物量出荷が求められている。ここ2年間で出荷頭数や販売額も減少傾向にあり、高齢化による肥育農家の減少が危惧される中、三石牛ブランドの維持向上のため、肥育頭数増加に向けた取り組みを行っていきたい」とあいさつ。入賞者には各町や農協、関係会社など13団体からたくさんの記念品が贈られた。

 最優秀賞の畑端さんは、繁殖牛60頭と肥育牛、子牛合わせて180頭を飼育。1996年(平成8年)から和牛生産に取り組み、現在、息子夫婦と家族4人で営農している。「最優秀賞にしばらく遠ざかっていたのでうれしい。肥育は息子に任せており自信や励みになる。これからも安心安全ないい牛を出していきたい」と話した。

 優秀賞以下は次の通り。

 ▽優秀賞 沢田祐喜、うらかわ共同肥育センター(浦河)、三和忠雄  ▽優良賞 前川忠昭、沢田嘉隆、庄野照彦(新冠)、庄司一也(同)、新ひだか町和牛センター

記念撮影の受賞者(前列中央・畑端さん)と関係者、主催者の酒井組合長(前列中央右)

関連記事

名寄新聞

国内最高峰チェーンソーアート大会「エゾカップ」3年ぶり開催へ【下川】

 国内最高峰・道内唯一のチェーンソーアート大会「EZOCUP」(エゾカップ)は、7月14~17日までの4日間、桜ヶ丘公園フレペ広場特設会場で開かれる。  町内有志で組織する実行委員会(木霊光実行...

函館新聞

酒だるで塩辛 きれいなサクラ色 小田島水産食品【函館】

 函館の老舗水産加工業「小田島水産食品」(小田島隆社長)は、道南スギを使った酒だる(日本酒の容器)で初めて仕込んだイカ塩辛を商品化した。きれいなサクラ色をした塩辛が出来上がり、酒だるの新たな用途...

函館新聞

露地ニンジン艶やか 七飯で共選進む【七飯】

 【七飯】JA新はこだて七飯基幹支店のニンジン共選施設(町大中山7)で、全道一早い露地物の出荷が進んでいる。鮮やかなオレンジ色のニンジンが選別台を次々と流れ、全国へ良質なニンジンを送り出している...

日高報知新聞

みついし蓬莱山まつりをPR【新ひだか】

【新ひだか】7月3日に蓬莱山公園で3年ぶりに開催される「みついし蓬莱山まつり2022」(実行委主催)のPRポスターがこのほど完成し、公共施設などで掲示されている。  今年は、「新ひだかのおいしい...

日高報知新聞

ハタハタ稚魚158万匹を放流【えりも】

【えりも】道栽培漁業えりもセンターは21日、同センターでふ化したハタハタ稚魚158万匹を、えりも漁協海域の様似町冬島・旭両漁港、町内の笛舞漁港とえりも港に放流した。  同センターでは、えりも岬西部沿...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス