北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

浦河町長選、きょう告示【浦河】

4選を目指す現職の池田拓氏

 12月23日の任期満了に伴う浦河町長選挙は、きょう30日に告示され、12月5日投開票の日程で行われる。現職で4選を目指す池田拓氏(70)=無所属=以外に立候補の動きはなく、前回同様無投票当選が濃厚だ。

 事前の立候補予定者説明会や届出書類の審査は池田氏陣営だけの出席とはいえ、先の様似町長選挙のよう告示日当日に突然立候補を届け出るケースもあり、すでに町内54カ所にポスター掲示場を設置して万全の準備を進めている。30日の立候補届けの受付は役場庁舎で午前8時半から午後5時まで。

 池田氏は9月の町議会定例会の一般質問で、一期目で3期12年を公約していたが「コロナ禍のなかで船頭が変わっていいものか自問自答してきたが、町民の審判を仰ぎたい」と出馬を表明。10月23日に堺町西1に後援会事務所を開設して選挙戦の準備を進めてきた。

 3期目では「みんなが輝く安心のまちづくり」をスローガンに、医療や福祉、産業の振興などに力を入れ、木質バイオマスセンターの稼動、まきば通りの着工、人工芝サッカー場の整備などSDGsを意識した町づくりを進めてきたが、道の駅か同様の機能を持つ施設の整備が出来なかったことが「心残り」と説明した。

 4期目立起にあたっては、「確かな前進安心のまちづくり」をスローガンに14の公約を掲げ、①SDGsの担当のセクションを設ける②ゼロカーボンシティ宣言の町③再生可能エネルギー導入の支援制度④国立公園誕生と連携した観光振興⑤道の駅の設置⑥健康を守るための人材確保⑦介護者を支援する「ケアラー条例」制定⑧ファミリースポーツセンター改築⑨給食センターの改築⑩新規創業の施策拡充⑪新規就農就漁者の支援制度拡充⑫商店街のさまざまな取り組み支援⑬高規格道路の施工区間への格上げ⑭バスを含めた公共交通の利便性向上―を約束した。

 池田氏はえりも町出身で、苫小牧工業高校から和光大学人文学部卒業。昭和52年に浦河町役場入りし、町民課長、税務課長、管財建築課長、教育委員会管理課長を歴任し、平成17年の町長選に出馬し、落選。21年の町長選に再挑戦し、前副町長を破って初当選。25年は元道職員を破り再選。前回は無投票だった。

 30日は午前9時から堺町西1の後援会事務所で出陣式を行い、事務所前で第一声。このあと町内を遊説し今後4年間の政策を訴える。  10月31日現在の選挙人名簿登録者数は1万61人。

町内54カ所に設置されたポスター掲示場

関連記事

苫小牧民報

豚丼や新得そば、名産販売 ニュー王子 26日まで「十勝うまいもの市」

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子は、第1回北海道物産展として十勝管内のグルメを集めた「十勝うまいもの市」をホテル内の旧レストラン・ハルニレで開いている。26日まで。  霜降り肉の「かみ...

苫小牧民報

厚真産ハスカップ初競り 甘酸っぱい初夏の味 最高値2000円

厚真町の特産品ハスカップの初競りが24日、苫小牧市公設地方卸売市場で行われた。卸売取引の最高値は「特A大」の1パック(300グラム)が2000円で、前年を500円上回る絶好のスタート。生産するとま...

名寄新聞

住民の関心高く長蛇の列・下川商業高3年が地元初の販売実習会【下川】

 下川商業高校(島瀬展成校長)3年生35人の販売実習会が、23日午前11時から下川町内の元寿フードセンターと名寄市内の西條名寄店前で開かれた。名寄開催は昨年に続き2度目。下川での開催は初となり、にぎ...

十勝毎日新聞

鹿追高が道外から出願可能に 寮や発信、町も後押しへ【鹿追】

  鹿追高校(俵谷俊彦校長、生徒126人)が2023年度入試から、道外からも出願が可能となった。これを受け、鹿追町も寮や下宿など滞在環境整備の検討、全国に向けた同校の魅力発信などを支援していく。 ...

十勝毎日新聞

ハスカップ食べ頃 向井さん来月上旬まで畑開放【大樹】

 大樹町東和地区にある向井稔さん(85)の畑でハスカップの実が熟し、摘み頃を迎えている。7月上旬まで有料で開放している。  向井さんは20年以上前からハスカップの栽培に取り組んでいる。現在は...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス