北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「最後のレースに感動」【新冠】

【新冠】28日に東京競馬場で行われた中央競馬の第41回ジャパンカップ(GⅠ、芝2400㍍)で、最後の直線を抜け出し2着馬に2馬身差で優勝を手にしたコントレイル(牡4歳)。引退レースで有終の美を飾り、関係者やファンを感動に包んだ。町内美宇の生産者ノースヒルズ(前田幸治代表)ではレース後、鳴海修司町長や関係者が駆け付け歓喜に沸いた。

 同牧場では、20人ほどのスタッフがレースをテレビで応援。ゴールの瞬間は大声援があがり、牧場の岡研二育成マネージャー(41)は「ここ一年勝てなかったので不安もあったが、今回は位置取りも良かったし直線抜けた時は優勝を信じていました。本当にうれしい」、スタッフの佐藤寛さん(62)は「ゴール板を駆け抜けたときは立ち上がって喜んだ。最後のレースだけに本当に感動した」と喜びをかみしめていた。

 同牧場生産馬では、日本ダービーを2013年(平成25年)キズナ、14年(平成26年)にワンアンドオンリーで連続制覇のほか、桜花賞や秋華賞を制したファレノプシス(GI3勝)など、中央競馬で活躍する名馬を多数輩出している。

 その中でコントレイルは、日本競馬史上3頭目の無敗クラシック3冠馬として名を残した。

 岡マネージャーは「子どもの頃は、シュッとしていてかわいかった。父馬のディープにとてもよく似ていた」と生まれた頃を振り返った。

 レース後は、牧場事務所に鳴海町長や日高軽種馬農協の須崎孝治副組合長、牧場関係者多数が集まり、牧場スタッフとともに万歳で勝利を祝った。

 鳴海町長は「コロナ禍で大変な時に、地域はもちろん全国の皆に夢と希望を与えてくれた。引退は惜しまれるが、今後は子どもや孫に受け継いでいってほしい。おめでとう、そしてありがとう」とコントレイルをたたえた。

 コントレイルは、牧場スタッフにとって夢を見させてくれたスーパースターだった。来年から種牡馬になり、ディープインパクトを受け継ぐ新たな伝説が期待される。

優勝を祝う関係者と牧場スタッフ

関連記事

苫小牧民報

豚丼や新得そば、名産販売 ニュー王子 26日まで「十勝うまいもの市」

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子は、第1回北海道物産展として十勝管内のグルメを集めた「十勝うまいもの市」をホテル内の旧レストラン・ハルニレで開いている。26日まで。  霜降り肉の「かみ...

苫小牧民報

厚真産ハスカップ初競り 甘酸っぱい初夏の味 最高値2000円

厚真町の特産品ハスカップの初競りが24日、苫小牧市公設地方卸売市場で行われた。卸売取引の最高値は「特A大」の1パック(300グラム)が2000円で、前年を500円上回る絶好のスタート。生産するとま...

名寄新聞

住民の関心高く長蛇の列・下川商業高3年が地元初の販売実習会【下川】

 下川商業高校(島瀬展成校長)3年生35人の販売実習会が、23日午前11時から下川町内の元寿フードセンターと名寄市内の西條名寄店前で開かれた。名寄開催は昨年に続き2度目。下川での開催は初となり、にぎ...

十勝毎日新聞

鹿追高が道外から出願可能に 寮や発信、町も後押しへ【鹿追】

  鹿追高校(俵谷俊彦校長、生徒126人)が2023年度入試から、道外からも出願が可能となった。これを受け、鹿追町も寮や下宿など滞在環境整備の検討、全国に向けた同校の魅力発信などを支援していく。 ...

十勝毎日新聞

ハスカップ食べ頃 向井さん来月上旬まで畑開放【大樹】

 大樹町東和地区にある向井稔さん(85)の畑でハスカップの実が熟し、摘み頃を迎えている。7月上旬まで有料で開放している。  向井さんは20年以上前からハスカップの栽培に取り組んでいる。現在は...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス