北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「最後のレースに感動」【新冠】

【新冠】28日に東京競馬場で行われた中央競馬の第41回ジャパンカップ(GⅠ、芝2400㍍)で、最後の直線を抜け出し2着馬に2馬身差で優勝を手にしたコントレイル(牡4歳)。引退レースで有終の美を飾り、関係者やファンを感動に包んだ。町内美宇の生産者ノースヒルズ(前田幸治代表)ではレース後、鳴海修司町長や関係者が駆け付け歓喜に沸いた。

 同牧場では、20人ほどのスタッフがレースをテレビで応援。ゴールの瞬間は大声援があがり、牧場の岡研二育成マネージャー(41)は「ここ一年勝てなかったので不安もあったが、今回は位置取りも良かったし直線抜けた時は優勝を信じていました。本当にうれしい」、スタッフの佐藤寛さん(62)は「ゴール板を駆け抜けたときは立ち上がって喜んだ。最後のレースだけに本当に感動した」と喜びをかみしめていた。

 同牧場生産馬では、日本ダービーを2013年(平成25年)キズナ、14年(平成26年)にワンアンドオンリーで連続制覇のほか、桜花賞や秋華賞を制したファレノプシス(GI3勝)など、中央競馬で活躍する名馬を多数輩出している。

 その中でコントレイルは、日本競馬史上3頭目の無敗クラシック3冠馬として名を残した。

 岡マネージャーは「子どもの頃は、シュッとしていてかわいかった。父馬のディープにとてもよく似ていた」と生まれた頃を振り返った。

 レース後は、牧場事務所に鳴海町長や日高軽種馬農協の須崎孝治副組合長、牧場関係者多数が集まり、牧場スタッフとともに万歳で勝利を祝った。

 鳴海町長は「コロナ禍で大変な時に、地域はもちろん全国の皆に夢と希望を与えてくれた。引退は惜しまれるが、今後は子どもや孫に受け継いでいってほしい。おめでとう、そしてありがとう」とコントレイルをたたえた。

 コントレイルは、牧場スタッフにとって夢を見させてくれたスーパースターだった。来年から種牡馬になり、ディープインパクトを受け継ぐ新たな伝説が期待される。

優勝を祝う関係者と牧場スタッフ

関連記事

苫小牧民報

29日開幕氷濤まつり 大小30基の氷像、準備は順調

冬の支笏湖畔を彩る「千歳・支笏湖氷濤まつり」(実行委員会主催)が29日、開幕する。今年は「氷の野外美術館」をコンセプトに、透明度の高い湖水で作った大小さまざまな氷像30基を設置。夕方からライトアッ...

苫小牧民報

カネカ 苫東に医療工場 グローバル展開の生産拠点に 7月着工、24年5月..

医療や食品などの総合化学業大手、カネカ(本社東京、田中稔社長)は24日、苫小牧東部地域の臨空柏原地区に、医療機器の工場を新設すると発表した。医療機器を世界的に展開する一大生産拠点で投資総額は約10...

室蘭民報

「バチッ」びっくり!静電気実験 不思議ワールド、環境科学館【室蘭】

 DENZAI環境科学館のスポットサイエンスが22日、室蘭市本町の同館で開かれ、参加した家族連れらが、風船やストローを使った静電気の実験を楽しんだ。  今年3回目の実験には約20人が参加した。...

室蘭民報

錦町に3カ所目プレオープン 「こはるはうす」の子ども食堂【伊達】

給食のない土・日曜日にお昼ごはん提供  伊達市の子ども食堂運営ボランティア「こはるはうす」(加藤友子代表)は23日、市内で3カ所目となる子ども食堂「こはるはうす」を錦町の天理教紋鼈(べつ)分教会...

名寄新聞

白銀の登山道を走る・なよろサンピラースノーマラソン【名寄】

 第6回なよろサンピラー10キロスノーマラソン大会(同実行委員会主催)が23日、名寄ピヤシリスキー場を発着点に開かれた。選手たちは厳しい寒さに負けず、白銀の登山道で健脚を競い合った。  同大会は...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス