北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

直接会える コロナ落ち着き面会制限を緩和 管内高齢者施設【十勝】

 十勝で新型コロナウイルスの患者が出ていない状況が続く中、管内の高齢者施設ではオンラインが主だった入所者と家族の面会制限を緩和する動きが出ている。一方で「感染リスクを増やしたくない」と大幅な緩和に踏み切れない施設もあり、長引くコロナ禍で難しい判断を迫られている。

パーティション使わず居室内で/帯広慈恩の里

パーティションなしの居室面会が再開され、面会前に手を洗う(左から)加藤昭司さんと娘の順子さん(25日、帯広慈恩の里)

 帯広市内の特別養護老人ホーム帯広慈恩の里(上杉正和施設長)では25日、パーティションを使用しない居室での面会を再開した。入所している加藤照子さん(88)と面会した夫昭司さん(92)と長女の千葉順子さん(62)は「直接会えてうれしかった。窓越しやウェブでの面会に比べ、反応がとても良かった。ほほ笑んでくれた」と声を弾ませた。

 同施設では10月下旬から面談室でビニールシート越しの面会を再開、そこからさらに踏み込んだ。居室面会は、道内在住で2回のワクチン接種を済ませている家族2人までを対象とし、時間は15分以内に限定。マスク着用や一定の距離を保つなどの感染対策を義務付けた。

 管内では29日現在、53日連続でコロナの新規感染者はゼロ。上杉施設長は居室面会について「コロナ禍が1年半以上に及び、家族の強い要望に応えた。入所されている方の心身の健康にもつながる。管内で再び患者が出るなど、状況が変わった場合は対応を変更する」としている。

 管内の多くの施設はこれまで、スマートフォンを使ったオンライン面会や窓越しの面会などを行ってきた。9月末で緊急事態宣言が解除され、10月以降は仕切りを介した面会の再開が増えている。

家族2人10分間 アクリル板越し/太陽園

 市内の特養太陽園(杉野全由施設長)でも10月中旬から、アクリル板越しの面会を始めた。管内在住の家族2人を対象に、制限時間10分で実施。杉野施設長は「入所者やご家族には喜んでもらえている」とするが、「さらに緩和するのは難しい。インフルエンザも心配なので、春までは現状のままでは」と話す。

思わしくない入所者に限定/しゃくなげ荘

 鹿追町の特養しゃくなげ荘(山本進施設長)では15日から、状態の思わしくない入所者に限り、パーティションを立てた状態の面会を許可した。家族はマスクに加え、フェースシールドを着用する。ただ、その他の入所者はオンラインや窓越しの面会を継続。同施設では職員、利用者ともに感染者は出ていないが、山本施設長は「職員が、感染者を出してはいけないと神経をすり減らしている点を優先している」と考えを示した。

 感染者が出た別の管内高齢者施設の事務長は「再び感染者を出してはいけないという思いはあるが、お年寄りや家族が喜ぶ顔は見たい。面会の線引きをどこにするかは苦渋の選択だ」と頭を悩ませる。

「できる範囲で」 十勝老福施設協

 十勝老人福祉施設協議会の成田啓介会長(特養札内寮施設長)は「施設ごとに状況やソフト、ハード面が異なり、協議会として方針の一本化はできない」としつつも、「お年寄りは感染すれば重症化しやすいが、高齢者施設は医療機関とは異なり、生活の場と言える。できる範囲で施設利用者と家族が会える環境をつくってもらえれば」と話している。

関連記事

苫小牧民報

29日開幕氷濤まつり 大小30基の氷像、準備は順調

冬の支笏湖畔を彩る「千歳・支笏湖氷濤まつり」(実行委員会主催)が29日、開幕する。今年は「氷の野外美術館」をコンセプトに、透明度の高い湖水で作った大小さまざまな氷像30基を設置。夕方からライトアッ...

苫小牧民報

カネカ 苫東に医療工場 グローバル展開の生産拠点に 7月着工、24年5月..

医療や食品などの総合化学業大手、カネカ(本社東京、田中稔社長)は24日、苫小牧東部地域の臨空柏原地区に、医療機器の工場を新設すると発表した。医療機器を世界的に展開する一大生産拠点で投資総額は約10...

室蘭民報

「バチッ」びっくり!静電気実験 不思議ワールド、環境科学館【室蘭】

 DENZAI環境科学館のスポットサイエンスが22日、室蘭市本町の同館で開かれ、参加した家族連れらが、風船やストローを使った静電気の実験を楽しんだ。  今年3回目の実験には約20人が参加した。...

室蘭民報

錦町に3カ所目プレオープン 「こはるはうす」の子ども食堂【伊達】

給食のない土・日曜日にお昼ごはん提供  伊達市の子ども食堂運営ボランティア「こはるはうす」(加藤友子代表)は23日、市内で3カ所目となる子ども食堂「こはるはうす」を錦町の天理教紋鼈(べつ)分教会...

名寄新聞

白銀の登山道を走る・なよろサンピラースノーマラソン【名寄】

 第6回なよろサンピラー10キロスノーマラソン大会(同実行委員会主催)が23日、名寄ピヤシリスキー場を発着点に開かれた。選手たちは厳しい寒さに負けず、白銀の登山道で健脚を競い合った。  同大会は...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス