北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

心込めて茶道に挑戦 児童絵付けの茶わんで 利別小【池田】

茶のたて方を学ぶ児童。左は講師の早苗さん

 今年度末に閉校する利別小学校(猪股宏亮校長、児童63人)で26日、茶道体験が行われた。6年生9人が日本の伝統文化に触れ、おもてなしの心について理解を深めた。

 2008年ごろから毎年実施しているが、昨年はコロナ禍で中止したため2年ぶり。児童に茶道の心得を熱心に伝えてきた町内の茶道家の島影末子さんが昨年亡くなり、弟子に当たる竹中洋子さん(71)と鈴木豊子さん(80)=ともに町内在住=、早苗晶子さん(62)=幕別町在住=が講師として協力した。

 竹中さんが「茶道は季節感を大切にすること」と呼び掛け、鈴木さんが茶わんの正面や飲み口について説明し、早苗さんが茶席の心得と実技を指導した。早苗さんの指導の下、児童は実際に茶道具を使って一連の流れを学び、「シャカシャカ」と音を立てながら気持ちを込めて茶をたてた。

 茶わんは児童が町いきがいセンターで6~8月に素焼きや絵付けをし、10月に本焼きして完成させたものを使用。茶道を初めて体験した男児(12)は「お茶の奥深い話を聞き、茶道の流れを覚えるのが大変だった。機会があれば親しい人にお茶をたててみたい」と話していた。

関連記事

苫小牧民報

豚丼や新得そば、名産販売 ニュー王子 26日まで「十勝うまいもの市」

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子は、第1回北海道物産展として十勝管内のグルメを集めた「十勝うまいもの市」をホテル内の旧レストラン・ハルニレで開いている。26日まで。  霜降り肉の「かみ...

苫小牧民報

厚真産ハスカップ初競り 甘酸っぱい初夏の味 最高値2000円

厚真町の特産品ハスカップの初競りが24日、苫小牧市公設地方卸売市場で行われた。卸売取引の最高値は「特A大」の1パック(300グラム)が2000円で、前年を500円上回る絶好のスタート。生産するとま...

名寄新聞

住民の関心高く長蛇の列・下川商業高3年が地元初の販売実習会【下川】

 下川商業高校(島瀬展成校長)3年生35人の販売実習会が、23日午前11時から下川町内の元寿フードセンターと名寄市内の西條名寄店前で開かれた。名寄開催は昨年に続き2度目。下川での開催は初となり、にぎ...

十勝毎日新聞

鹿追高が道外から出願可能に 寮や発信、町も後押しへ【鹿追】

  鹿追高校(俵谷俊彦校長、生徒126人)が2023年度入試から、道外からも出願が可能となった。これを受け、鹿追町も寮や下宿など滞在環境整備の検討、全国に向けた同校の魅力発信などを支援していく。 ...

十勝毎日新聞

ハスカップ食べ頃 向井さん来月上旬まで畑開放【大樹】

 大樹町東和地区にある向井稔さん(85)の畑でハスカップの実が熟し、摘み頃を迎えている。7月上旬まで有料で開放している。  向井さんは20年以上前からハスカップの栽培に取り組んでいる。現在は...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス