北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

わかりやすい日本語【浦河】

 浦河地域おこし協力隊の髙畠敦子さん主催の「外国人が暮らし、訪れやすいまちづくりセミナー~『やさしい日本語』の可能性~」が11月25日夜、町総合文化会館で開かれ、約30人の町民が参加して外国人とのコミュニケーション方法を学んだ。

 「やさしい日本語」は外国人にわかりやすいように曖昧表現や擬音を使わないといった配慮した日本語を推進する取り組み。外国人に特化した難しい日本語を分かりやすい日本語にしたもの。1995年に発生した阪神淡路大震災の際に、難しい表現での放送がされ、たくさんの外国人に避難情報が届かなかったケースもある。

 この日は、現在浦河町に292人の外国人がいることなどの講話「浦河町について~外国人労働者に焦点を当てて~」を町役場企画課の若林寛之企画統計係長が行ったあと、美唄市の地域おこし協力隊のジェイムズ・マッキンタイアさんが「やさしい日本語の可能性」をテーマに講演。

 ジェイムズさんは、外国人と話すときは「ハサミの法則」を用いて外国人とコミュニケーションを取るとよいとして①はっきり言う②さいごまで言う③みじかく言う―の3点を挙げた。例として「立入禁止」を「入らないでください」や「休日」を「休みの日」、「マスク着用をお願いします」を「マスクをしてください」など。

 さらに美唄市が取り組んでいる講演会ややさしい日本語とやさしい英語の缶バッチ作成、外国人との交流会を紹介した。

 最後に町地域おこし協力隊の髙畠さんは「やさしい日本語を使って、町にいる外国人と仲良く暮らしていきたい」と話した。

ジェイムズさんのやさしい日本語講座

関連記事

日高報知新聞

ネコヤナギ芽吹く【新ひだか】

【新ひだか】20日の大寒を過ぎ、暦の上では春とされる立春(2月3日)を前に、道道富沢三石停車場線の上富沢地区の道路沿いにあるネコヤナギは早くも芽吹き始めた。ビロードのような銀白色の花穂が、寒風にふわ...

苫小牧民報

29日開幕氷濤まつり 大小30基の氷像、準備は順調

冬の支笏湖畔を彩る「千歳・支笏湖氷濤まつり」(実行委員会主催)が29日、開幕する。今年は「氷の野外美術館」をコンセプトに、透明度の高い湖水で作った大小さまざまな氷像30基を設置。夕方からライトアッ...

苫小牧民報

カネカ 苫東に医療工場 グローバル展開の生産拠点に 7月着工、24年5月..

医療や食品などの総合化学業大手、カネカ(本社東京、田中稔社長)は24日、苫小牧東部地域の臨空柏原地区に、医療機器の工場を新設すると発表した。医療機器を世界的に展開する一大生産拠点で投資総額は約10...

室蘭民報

「バチッ」びっくり!静電気実験 不思議ワールド、環境科学館【室蘭】

 DENZAI環境科学館のスポットサイエンスが22日、室蘭市本町の同館で開かれ、参加した家族連れらが、風船やストローを使った静電気の実験を楽しんだ。  今年3回目の実験には約20人が参加した。...

室蘭民報

錦町に3カ所目プレオープン 「こはるはうす」の子ども食堂【伊達】

給食のない土・日曜日にお昼ごはん提供  伊達市の子ども食堂運営ボランティア「こはるはうす」(加藤友子代表)は23日、市内で3カ所目となる子ども食堂「こはるはうす」を錦町の天理教紋鼈(べつ)分教会...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス