北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

わかりやすい日本語【浦河】

 浦河地域おこし協力隊の髙畠敦子さん主催の「外国人が暮らし、訪れやすいまちづくりセミナー~『やさしい日本語』の可能性~」が11月25日夜、町総合文化会館で開かれ、約30人の町民が参加して外国人とのコミュニケーション方法を学んだ。

 「やさしい日本語」は外国人にわかりやすいように曖昧表現や擬音を使わないといった配慮した日本語を推進する取り組み。外国人に特化した難しい日本語を分かりやすい日本語にしたもの。1995年に発生した阪神淡路大震災の際に、難しい表現での放送がされ、たくさんの外国人に避難情報が届かなかったケースもある。

 この日は、現在浦河町に292人の外国人がいることなどの講話「浦河町について~外国人労働者に焦点を当てて~」を町役場企画課の若林寛之企画統計係長が行ったあと、美唄市の地域おこし協力隊のジェイムズ・マッキンタイアさんが「やさしい日本語の可能性」をテーマに講演。

 ジェイムズさんは、外国人と話すときは「ハサミの法則」を用いて外国人とコミュニケーションを取るとよいとして①はっきり言う②さいごまで言う③みじかく言う―の3点を挙げた。例として「立入禁止」を「入らないでください」や「休日」を「休みの日」、「マスク着用をお願いします」を「マスクをしてください」など。

 さらに美唄市が取り組んでいる講演会ややさしい日本語とやさしい英語の缶バッチ作成、外国人との交流会を紹介した。

 最後に町地域おこし協力隊の髙畠さんは「やさしい日本語を使って、町にいる外国人と仲良く暮らしていきたい」と話した。

ジェイムズさんのやさしい日本語講座

関連記事

十勝毎日新聞

勝毎花火大会とばんえい最終レースがコラボ!?【帯広】

 13日のばんえい競馬最終レース(午後8時45分発走)と、勝毎花火大会のグランドフィナーレのタイミングが偶然にも一致し、帯広競馬場で見事な動画が撮影された。  撮影したのは、ティワイネットば...

十勝毎日新聞

夜空照らす巨大な炎 バルーン代替でバーナーグロー【上士幌】

 「第49回北海道バルーンフェスティバル」(同フェスティバル組織委員会主催)の主会場の上士幌町航空公園で13日夜、熱気球のバーナーを噴射する「バーナーグロー」が行われ、夜空を照らす巨大な炎に訪れ...

十勝毎日新聞

おびひろ平原まつり 15日盆おどり【帯広】

 おびひろ平原まつりは2日目の15日、午後3時から「平原・太鼓まつり」、同6時半から「おびひろ盆おどり」が開催される。  平原・太鼓まつりは道内各地から集まった13団体が迫力ある太鼓の音色を南8...

函館新聞

ブルーベリーふんだんに アイスとスムージー人気【函館】

 夏真っ盛りになり、ブルーベリーファーム・ホンダ(函館市陣川町、本田利春代表)が販売するブルーベリーを使ったデザートが人気を呼んでいる。アイスクリームとスムージーの2種類で、暑い夏に最適のスイー...

函館新聞

スケボー、クライミング楽しむ 函館市が施設整備に向けイベント【函館】

 函館市が主催するスケートボードとスポーツクライミングの体験会「アーバンスポーツイベント in ハコダテ」が13日、市内3会場で始まった。初日は子どもたちを中心に180人が参加。インストラクター...