北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

RFLとまこまい実行委事務局長の下村達也さん 「希望のヒーロー」米国の対がん協会が選出

がん撲滅を目指すチャリティーイベント、リレー・フォー・ライフ(RFL)のとまこまい実行委員会事務局長下村達也さん(68)=苫小牧市北光町=が、米国の対がん協会(ACS)から今年のがん経験者や支援者の代表「ヒーローズ・オブ・ホープ(希望のヒーロー)」に選ばれた。下村さんは「仲間や家族、一緒に歩んでくれる妻と共に受けるアワード(賞)」と笑顔だ。

米国対がん協会から希望のヒーローに認定された下村さん(本人提供)

 ヒーローズ・オブ・ホープは人々に希望や勇気を与えながら、がんに立ち向かう経験者やがん征圧を訴える支援者の代表が対象。さらなる活躍に期待し、選出している。

 がん経験者の下村さんはとまこまい実行委に2016年の立ち上げから事務局長として関わり、6年間でRFLを市や市議会、医師会、企業関係者と連携した取り組みに成長させた。

 新型コロナウイルス流行を受け、20年からは従来のRFLに代わる新たな支援スタイルとしてスマートフォンを活用したセルフウオークリレーを独自に企画。苫小牧発祥の活動は全国的な広がりを見せつつある。

 下村さんは、自身のヒーローズ・オブ・ホープ認定について「実行委の活動が評価された結果。続けてきただけの身で、名誉ある認定に値するのか戸惑っている」と謙虚だ。

 とまこまい実行委の柳谷昭次郎実行委員長は「情熱ある努力家。取り組みへの理解と支援が市内に広がったのは下村さんの人柄でもある」と話す。

    ◇

 下村さんがRFLを知ったのは08年の暮れ。友人が横浜市で開催されたイベントの動画を見せてくれたのがきっかけだ。1995年に先妻を乳がんで亡くし、「当時はがんから妻を救えなかったことを引きずっていた」と語る。トラックを支援者らと笑顔で歩くがん患者の映像に胸を打たれ、09年のRFLジャパンさいたまに初エントリー。その後毎年、首都圏のイベントに参加した。

 転機は16年の古里・苫小牧でのRFL開催。同年以降、市内ではがん対策推進条例や受動喫煙防止条例が制定され、無料がん検診、がん教育なども進み、「がんと向き合う上で、追い風が吹き始めた」と振り返る。19年に前立腺がん(ステージ2)が見つかり、がん経験者となったが「患者の声を伝え、RFLのファンを増やしたい。ゴールを明確にし、行程を示すことが課題」と力強い。

 日本対がん協会は10年から、ACSにヒーローズ・オブ・ホープの候補者を推薦し、過去11年間で34人が選ばれている。今年は30の国・地域から9カ国23人が認定され、国内では下村さんと埼玉県のがん経験者藤野信子さん、大阪府の支援者南野敬介さんの3人。

関連記事

苫小牧民報

29日開幕氷濤まつり 大小30基の氷像、準備は順調

冬の支笏湖畔を彩る「千歳・支笏湖氷濤まつり」(実行委員会主催)が29日、開幕する。今年は「氷の野外美術館」をコンセプトに、透明度の高い湖水で作った大小さまざまな氷像30基を設置。夕方からライトアッ...

苫小牧民報

カネカ 苫東に医療工場 グローバル展開の生産拠点に 7月着工、24年5月..

医療や食品などの総合化学業大手、カネカ(本社東京、田中稔社長)は24日、苫小牧東部地域の臨空柏原地区に、医療機器の工場を新設すると発表した。医療機器を世界的に展開する一大生産拠点で投資総額は約10...

室蘭民報

「バチッ」びっくり!静電気実験 不思議ワールド、環境科学館【室蘭】

 DENZAI環境科学館のスポットサイエンスが22日、室蘭市本町の同館で開かれ、参加した家族連れらが、風船やストローを使った静電気の実験を楽しんだ。  今年3回目の実験には約20人が参加した。...

室蘭民報

錦町に3カ所目プレオープン 「こはるはうす」の子ども食堂【伊達】

給食のない土・日曜日にお昼ごはん提供  伊達市の子ども食堂運営ボランティア「こはるはうす」(加藤友子代表)は23日、市内で3カ所目となる子ども食堂「こはるはうす」を錦町の天理教紋鼈(べつ)分教会...

名寄新聞

白銀の登山道を走る・なよろサンピラースノーマラソン【名寄】

 第6回なよろサンピラー10キロスノーマラソン大会(同実行委員会主催)が23日、名寄ピヤシリスキー場を発着点に開かれた。選手たちは厳しい寒さに負けず、白銀の登山道で健脚を競い合った。  同大会は...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス