北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

タンチョウ見守り10年 今年はひな2羽成長 ネイチャー研究会 むかわ

野鳥観察や自然保護を行うむかわ町の団体「ネイチャー研究会inむかわ」が、2011年から町内でタンチョウを見守り続けて10年を経過した。今年は初めてひなが2羽育ち、町内にタンチョウが飛来してから成長したひなは8羽になった。関係者は道央圏で唯一タンチョウが存在する地であることを「多くの人に知ってもらいたい」と希望を抱く。

むかわ町内で元気に育っているタンチョウ(右の2羽が今年生まれた)=ネイチャー研究会inむかわ提供

 むかわ町でのタンチョウの生息は、11年に道東から2羽が飛来し、鵡川河口で夏を過ごすのを確認したのが始まり。ひなは13、14年に1羽ずつ誕生し、当初は生まれたことを公表せず見守ってきた。しかし15年に1カ月近く育った2羽がカメラマンに追い回されて亡くなったことを受けて、事故の再発を防ごうと、16年に見学者の近づき過ぎを防ぐ「むかわタンチョウ見守り隊」を結成。以降、タンチョウは町内の田んぼを転々としながら繁殖し、ひなは16~20年に1羽ずつ生まれた。19年は亡くなってしまったが、今年は初めて2羽のひなが育った。7月下旬には水田の用水路にひなが落ちる事故が発生したが、隊員や農家、町職員が連携して無事に救出。その後はすくすく成長しているという。

 タンチョウの保護、調査などを行う「タンチョウ研究所」(札幌市)の正富欣之所長は「(タンチョウが生息する)釧路湿原のような場所が道央圏には少ないと思われ、繁殖したのは、道央圏でむかわ町が初めて。私たちも教えを頂くような活動をしている」と評価。「これからも改善法を取り入れながら、良い見守り活動を継続してほしい」と期待を寄せる。

 同研究会の小山内恵子代表は「住民にも認知され、見守っていただいているからこそ同じ場所で繁殖ができていると思う」と感謝し、「多くの皆さんにむかわにタンチョウが10年もいることを知ってもらいたい。みんなで見守ってほしい」と呼び掛けている。

関連記事

日高報知新聞

近日適用「まん延防止等重点措置」【浦河】

 日高振興局は24日、新型コロナウイルス感染症対策地方本部会議(本部長、北村英則日高振興局長)を開き、日本全国で急激に感染者が増加し、道内でも1日あたり1000人を越える感染者が確認されたことから、...

日高報知新聞

ネコヤナギ芽吹く【新ひだか】

【新ひだか】20日の大寒を過ぎ、暦の上では春とされる立春(2月3日)を前に、道道富沢三石停車場線の上富沢地区の道路沿いにあるネコヤナギは早くも芽吹き始めた。ビロードのような銀白色の花穂が、寒風にふわ...

苫小牧民報

29日開幕氷濤まつり 大小30基の氷像、準備は順調

冬の支笏湖畔を彩る「千歳・支笏湖氷濤まつり」(実行委員会主催)が29日、開幕する。今年は「氷の野外美術館」をコンセプトに、透明度の高い湖水で作った大小さまざまな氷像30基を設置。夕方からライトアッ...

苫小牧民報

カネカ 苫東に医療工場 グローバル展開の生産拠点に 7月着工、24年5月..

医療や食品などの総合化学業大手、カネカ(本社東京、田中稔社長)は24日、苫小牧東部地域の臨空柏原地区に、医療機器の工場を新設すると発表した。医療機器を世界的に展開する一大生産拠点で投資総額は約10...

室蘭民報

「バチッ」びっくり!静電気実験 不思議ワールド、環境科学館【室蘭】

 DENZAI環境科学館のスポットサイエンスが22日、室蘭市本町の同館で開かれ、参加した家族連れらが、風船やストローを使った静電気の実験を楽しんだ。  今年3回目の実験には約20人が参加した。...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス