北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「本当に勝てて良かった」【日高】

【日高】中京競馬場で5日に行われた、中央競馬のGⅠ・第22回チャンピオンズカップ(ダート1800㍍)で後続を6馬身離して優勝したテーオーケインズの生産者・町内福満のヤナガワ牧場は、同馬のGⅠ初勝利に沸いた。

 ヤナガワ牧場は、共に獣医師の梁川正雄・正克さん親子が昭和42年に創業。現在は、長男の正晋(まさひろ)さんが社長で、繁殖牝馬など年間約100頭をけい養している。

 同牧場生産馬の中央競馬GⅠ優勝馬には、サンライズバッカス、コパノリチャード、コパノリッキー、キタサンブラックなどがいる。

 この日、正晋社長(50)は、愛馬を中京競馬場で応援。会長の正克さん(78)さんが弘子夫人ら家族と自宅のテレビでレースを見守った。

 今回のチャンピオンズカップには、同牧場から16頭中3頭が出走しており、展開を心配しつつレース結果を見届けた正克さんは、「本当に勝てて良かった。興奮してゴール前大声をあげて応援してしまった。猫がびっくりして飛び上がった。感動した。ああいう無駄のない走りをすれば勝てる。生まれた時から評価が良かった。スピードがある。ダートの上手な馬。期待している」と感慨無量の面持ち。

 レース直後には、木村貢日高軽種馬農協組合長、本間充門別町農協組合長、西尾英俊町議会議長や牧場関係者らが次々と駆けつけて、お祝いの言葉をかけ、事務所内は祝賀ムード一色。

 偉業達成の朗報に早々と駆けつけた大鷹千秋町長も「本当に強い馬が出てきてくれた。牧場から1つのレースに3頭も出走していることも素晴らしい。最終的に1番人気になっていた。わが町はもとより日高地域全体の誇りであり、生産関係らの励み。年の暮れに朗報が舞い込んだ。今後の活躍を祈っている」と話し、希望の星、テーオーケインズへエールを送った。

テーオーケインズ優勝を祝うヤナガワ牧場の関係者

関連記事

苫小牧民報

29日開幕氷濤まつり 大小30基の氷像、準備は順調

冬の支笏湖畔を彩る「千歳・支笏湖氷濤まつり」(実行委員会主催)が29日、開幕する。今年は「氷の野外美術館」をコンセプトに、透明度の高い湖水で作った大小さまざまな氷像30基を設置。夕方からライトアッ...

苫小牧民報

カネカ 苫東に医療工場 グローバル展開の生産拠点に 7月着工、24年5月..

医療や食品などの総合化学業大手、カネカ(本社東京、田中稔社長)は24日、苫小牧東部地域の臨空柏原地区に、医療機器の工場を新設すると発表した。医療機器を世界的に展開する一大生産拠点で投資総額は約10...

室蘭民報

「バチッ」びっくり!静電気実験 不思議ワールド、環境科学館【室蘭】

 DENZAI環境科学館のスポットサイエンスが22日、室蘭市本町の同館で開かれ、参加した家族連れらが、風船やストローを使った静電気の実験を楽しんだ。  今年3回目の実験には約20人が参加した。...

室蘭民報

錦町に3カ所目プレオープン 「こはるはうす」の子ども食堂【伊達】

給食のない土・日曜日にお昼ごはん提供  伊達市の子ども食堂運営ボランティア「こはるはうす」(加藤友子代表)は23日、市内で3カ所目となる子ども食堂「こはるはうす」を錦町の天理教紋鼈(べつ)分教会...

名寄新聞

白銀の登山道を走る・なよろサンピラースノーマラソン【名寄】

 第6回なよろサンピラー10キロスノーマラソン大会(同実行委員会主催)が23日、名寄ピヤシリスキー場を発着点に開かれた。選手たちは厳しい寒さに負けず、白銀の登山道で健脚を競い合った。  同大会は...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス