北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

スマイルJ 小学生指導 釧路合宿

 6日から釧路市春採アイスアリーナで強化合宿を行っているアイスホッケー女子日本代表「スマイルジャパン」は10日、同アリーナで釧路商工会議所青年部主催のアイスホッケー教室を行い、釧根管内の小学生を指導。教室終了後は釧路の女子チーム「Daishin」と「釧路ベアーズ」の連合チームとのエキシビションマッチに臨んだ。

 アイスホッケー教室は女子小学生を対象に行われ、釧根管内から37人が参加。女子日本代表選手がパス、ドリブル、スティックの扱い方など、各グループに分かれ指導。参加者らは、ローテーション方式で各グループを回り、基礎を学んでいた。その後、行われたゲームでは、国内最高峰の技術を間近で体験。終始笑顔で教室は幕を下ろした。

 教室に参加していた釧路市立愛国小学校6年の佐藤虹羽さん(11)は「スマイルジャパンの選手たちはアイスホッケーをよく知っていて、教え方もすごい」と語り、「一緒にゲームができてうれしかった。自分も将来、日本代表になって活躍したい」と笑みを浮かべた。

 エキシビションマッチでは、第1ピリオドから4点差を付けると、第2ピリオドでも攻撃の手を緩めることなく、2得点。厚みのある攻撃で攻め込ませず、無失点で切り抜けると、第3ピリオドも同様の展開。さらに加点し、7―0で完勝した。

 女子日本代表と対戦したDaishinの中島谷友二朗監督は「7点で抑えられたのは、Daishinと釧路ベアーズの両チームが頑張った結果」と前を向き、「日本代表のメンバーは主力5人を欠いていた中での試合。アピールができた選手もいたはず、お互いに意味のある試合になった」と語った。

 釧路ベアーズの大島克己監督は「GKの2人が緊張していたところがあったかなと思う」と試合を振り返り、「春からトレーニングを重ねているスマイルジャパンは頼もしい」とたたえた。「選手たちにはこの試合を忘れずに9月からのシーズンにつなげていってほしい」と期待を寄せた。

関連記事

十勝毎日新聞

武四郎 功績つぶさ 特別展が開幕【帯広】

 「北海道」の命名者として知られる幕末の探検家松浦武四郎(1818~88年)の特別巡回展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」が15日、道立帯広美術館で開幕した。初日から大勢の来場者でにぎわい...

十勝毎日新聞

ジュエリーアイス早くも「上陸」【豊頃】

 豊頃町大津の海岸一帯で15日朝、氷塊「ジュエリーアイス」が多数打ち上げられた。例年年明けの1~2月によく見られ、ジュエリーアイスの名付け親でこの日も現地を訪れた帯広の浦島久さん(65)は「少量...

十勝毎日新聞

街に活気 いきなり1等!「全市連合」抽選【帯広】

 帯広商工会議所(高橋勝坦会頭)主催の「年末全市連合大売出し2018」の抽選会場は、クリスマスや年末の買い物に訪れた来店客でにぎわった。  会場は藤丸やイオン帯広店など14カ所。参加店での買い...

室蘭民報

大西さんの死悼む、鈴木新党大地代表【室蘭】

 新党大地西胆振支部長、大西武俊(おおにし・たけとし)氏が13日午後11時2分、心不全のため搬送先の病院で死去した。自宅は室蘭市中島町2・29・20。49歳。士幌町出身。通夜は16日午後6時から...

室蘭民報

「山漬け」うま味満点、室蘭漁協がきょうから限定販売【室蘭】

 室蘭で水揚げしたサケの「山漬け」が今年も出来上がり、室蘭漁業協同組合(室村吉信組合長)が15日から、350本限定で販売する。脂が乗り、うま味がぎゅっと詰まった逸品に仕上がっている。  産卵期...