北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

スマイルJ 小学生指導 釧路合宿

 6日から釧路市春採アイスアリーナで強化合宿を行っているアイスホッケー女子日本代表「スマイルジャパン」は10日、同アリーナで釧路商工会議所青年部主催のアイスホッケー教室を行い、釧根管内の小学生を指導。教室終了後は釧路の女子チーム「Daishin」と「釧路ベアーズ」の連合チームとのエキシビションマッチに臨んだ。

 アイスホッケー教室は女子小学生を対象に行われ、釧根管内から37人が参加。女子日本代表選手がパス、ドリブル、スティックの扱い方など、各グループに分かれ指導。参加者らは、ローテーション方式で各グループを回り、基礎を学んでいた。その後、行われたゲームでは、国内最高峰の技術を間近で体験。終始笑顔で教室は幕を下ろした。

 教室に参加していた釧路市立愛国小学校6年の佐藤虹羽さん(11)は「スマイルジャパンの選手たちはアイスホッケーをよく知っていて、教え方もすごい」と語り、「一緒にゲームができてうれしかった。自分も将来、日本代表になって活躍したい」と笑みを浮かべた。

 エキシビションマッチでは、第1ピリオドから4点差を付けると、第2ピリオドでも攻撃の手を緩めることなく、2得点。厚みのある攻撃で攻め込ませず、無失点で切り抜けると、第3ピリオドも同様の展開。さらに加点し、7―0で完勝した。

 女子日本代表と対戦したDaishinの中島谷友二朗監督は「7点で抑えられたのは、Daishinと釧路ベアーズの両チームが頑張った結果」と前を向き、「日本代表のメンバーは主力5人を欠いていた中での試合。アピールができた選手もいたはず、お互いに意味のある試合になった」と語った。

 釧路ベアーズの大島克己監督は「GKの2人が緊張していたところがあったかなと思う」と試合を振り返り、「春からトレーニングを重ねているスマイルジャパンは頼もしい」とたたえた。「選手たちにはこの試合を忘れずに9月からのシーズンにつなげていってほしい」と期待を寄せた。

関連記事

室蘭民報

酒本商店で宮古の地酒2種を14日から販売【室蘭】

 室蘭市祝津町の酒本商店がきょう14日から、フェリーで来年結ばれる岩手県宮古市の地酒を販売する。1852年創業で宮古唯一の酒蔵・菱屋酒造店(斉藤鉄郎社長)の2種。酒本久也社長(61)自ら現地入...

室蘭民報

「閻魔やきそば」が北海道ご当地ラリーに参加【登別】

 登別閻魔(えんま)やきそばの会(名畑泰昌会長)は、11日から始まったご当地焼きそばを食べるイベント「焼きそば王国北海道!ご当地焼きそばラリー」に参加している。道内7エリアの一つとして、"おらが...

室蘭民報

サケの「山漬け」が完成、室蘭漁協事務所で販売【室蘭】

 室蘭で水揚げされたサケの「山漬け」が今年も完成した。12日には舟見町の作業場で仕分け作業が行われた。アイヌの保存食として知られる伝統の味。16日から室蘭漁協事務所で販売される。  八雲の落...

室蘭民報

室工大公認の「ジンギスカン鍋クッキー」2種類販売【室蘭】

 室蘭工業大学(空閑良壽(くがよしかず)学長)公認焼き菓子「ジンギスカン鍋クッキー」がきょう7日から正式販売される。同大で開発したジンギスカン鍋をモチーフにした。「鐵(てつ)の素クッキー」に続...

室蘭民報

地元名物をお歳暮に、ブランドの会が推奨品を販売【登別】

 登別ブランド推奨品を提供する事業者でつくる登別ブランドの会(平塚正雄会長)は、地元名物を詰め合わせたお歳暮ギフトの販売を開始した。従来は登別ブランド推奨品以外のお薦め商品も扱っていたが、今年はブ...