北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ドローン300機輝きふわり 道の駅でクリスマスショー【上士幌】

 LED電球を搭載したドローン300機が冬の夜空を彩る「クリスマスドローンショー」は15日夜、上士幌町の道の駅かみしほろで町民限定の前夜祭が開かれた。サプライズで約40発の花火も打ち上げられ、約700人の観客を魅了した。ショーは16日に始まり、25日まで続く。

ライトを付けた300機のドローンで映し出された上士幌町のキャラクターの「ほろんちゃん」。観客は夜空をキャンパスに織り成す光のショーを楽しんだ(道の駅かみしほろで)

 ドローンによる光のショーは十勝では初めて。レッドクリフ(東京)と観光地域商社karch(カーチ)、カミシホロホテルなどによる実行委員会(丸山勇雄委員長)が主催する。ショーを運営するレッドクリフによると、ドローンは高さ約20センチ、重さ403グラムと軽量。GPSとRTKという測位システムを搭載。プログラミングされたコースで自律的に飛行し、1台のパソコンで操作できるという。

飛行前に均等に配置された300機のドローン

 前夜祭では10分間ずつの2部構成でショーが行われた。ドローンは宙に舞い色鮮やかに輝きながら、隊列を組んで旋回。羽ばたく巨大な光の鳥や、月と星の共演、サンタやトナカイなどを次々と表現し、集まった町民らの歓声を誘った。

 町認定こども園ほろんに通う女児(6)は「お花が開いてきれいだった。また見たいな」といい、妹(3)は「お星さまがキラキラ飛んでて楽しかった」と笑顔を見せた。

色とりどりの光で夜空を彩る「クリスマスドローンショー」。上士幌らしい熱気球も

 会場では「とかちフレーズミュージック」(帯広、松山千紘代表)のプロデュースによる管内演奏家らのジングルベルの演奏なども披露された。前夜祭で丸山委員長は「町から感動を届けたかった」、竹中貢町長は「ショーを見て、特に子どもに関心を持ってほしい」とあいさつした。

 期間中、演奏家が2、3人ずつ日替わりで登場し、ショーを彩る。ショーは毎日午後6時~同8時に開催。悪天候の場合は中止。問い合わせは道の駅かみしほろ(01564・7・7722)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

夜空照らす巨大な炎 バルーン代替でバーナーグロー【上士幌】

 「第49回北海道バルーンフェスティバル」(同フェスティバル組織委員会主催)の主会場の上士幌町航空公園で13日夜、熱気球のバーナーを噴射する「バーナーグロー」が行われ、夜空を照らす巨大な炎に訪れ...

十勝毎日新聞

おびひろ平原まつり 15日盆おどり【帯広】

 おびひろ平原まつりは2日目の15日、午後3時から「平原・太鼓まつり」、同6時半から「おびひろ盆おどり」が開催される。  平原・太鼓まつりは道内各地から集まった13団体が迫力ある太鼓の音色を南8...

十勝毎日新聞

青空に35チーム競技飛行 北海道バルーンフェスティバル 【上士幌】

 上士幌町航空公園で開かれている「第49回北海道バルーンフェスティバル」(同フェスティバル組織委員会主催)は2日目の13日、競技飛行を行った。初日とは打って変わって澄み切った青空が広がり、全国か...

十勝毎日新聞

恒例盆おどりや太鼓、140年企画も 平原まつり14日開幕【帯広】

 「第75回おびひろ平原まつり」(帯広のまつり推進委員会)が14、15の両日、市内の平原通を中心に開かれる。市民が待ちわびた3年ぶりの開催。盆おどりや太鼓演奏など恒例の催しから、帯広市開拓140年...

十勝毎日新聞

ママチャリ42台 6時間耐久【更別】

 「全日本ママチャリ耐久レース」(実行委員会主催)が11日、更別村の十勝スピードウェイで行われた。道内中心の42チームが6時間の耐久レース完走を目指して汗を流した。  同レースは毎年行われる恒...