北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ドローン300機輝きふわり 道の駅でクリスマスショー【上士幌】

 LED電球を搭載したドローン300機が冬の夜空を彩る「クリスマスドローンショー」は15日夜、上士幌町の道の駅かみしほろで町民限定の前夜祭が開かれた。サプライズで約40発の花火も打ち上げられ、約700人の観客を魅了した。ショーは16日に始まり、25日まで続く。

ライトを付けた300機のドローンで映し出された上士幌町のキャラクターの「ほろんちゃん」。観客は夜空をキャンパスに織り成す光のショーを楽しんだ(道の駅かみしほろで)

 ドローンによる光のショーは十勝では初めて。レッドクリフ(東京)と観光地域商社karch(カーチ)、カミシホロホテルなどによる実行委員会(丸山勇雄委員長)が主催する。ショーを運営するレッドクリフによると、ドローンは高さ約20センチ、重さ403グラムと軽量。GPSとRTKという測位システムを搭載。プログラミングされたコースで自律的に飛行し、1台のパソコンで操作できるという。

飛行前に均等に配置された300機のドローン

 前夜祭では10分間ずつの2部構成でショーが行われた。ドローンは宙に舞い色鮮やかに輝きながら、隊列を組んで旋回。羽ばたく巨大な光の鳥や、月と星の共演、サンタやトナカイなどを次々と表現し、集まった町民らの歓声を誘った。

 町認定こども園ほろんに通う女児(6)は「お花が開いてきれいだった。また見たいな」といい、妹(3)は「お星さまがキラキラ飛んでて楽しかった」と笑顔を見せた。

色とりどりの光で夜空を彩る「クリスマスドローンショー」。上士幌らしい熱気球も

 会場では「とかちフレーズミュージック」(帯広、松山千紘代表)のプロデュースによる管内演奏家らのジングルベルの演奏なども披露された。前夜祭で丸山委員長は「町から感動を届けたかった」、竹中貢町長は「ショーを見て、特に子どもに関心を持ってほしい」とあいさつした。

 期間中、演奏家が2、3人ずつ日替わりで登場し、ショーを彩る。ショーは毎日午後6時~同8時に開催。悪天候の場合は中止。問い合わせは道の駅かみしほろ(01564・7・7722)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

然別湖コタン 今年は500円 入場に協賛金【鹿追】

 鹿追町や十勝の風物詩となっている冬のイベント「しかりべつ湖コタン」(実行委、鹿追町主催)が29日午前9時に開幕する。今回からイベント継続を目的に、入場する際の協賛金制度を設けた。  コタンは...

十勝毎日新聞

「おめざ感謝祭」 話題の味求め列 藤丸で31日まで【帯広】

 TBS系列の人気番組で紹介されたグルメを集めた「オールTBS&HBC おめざ感謝祭」が20日、帯広市内の藤丸7階催し会場で始まった。午前10時の開場前から多くの人が並び、にぎわっている。31日...

十勝毎日新聞

祝太鼓でばんえい開幕 パック牛乳や干支菓子配布も【帯広】

 ばんえい十勝の正月開催が2日、始まった。帯広競馬場には多くのファンが詰め掛け、新年最初のレースを楽しんだ。  2日は3513人が来場。午前10時50分の開門を前に市民らが長蛇の列をつくり、帯...

十勝毎日新聞

「トムジェリ」グッズ人気 藤丸で展覧会【帯広】

 帯広市内の藤丸で開催中の「トムとジェリー カートゥーン・カーニバル」(藤丸・十勝毎日新聞社主催、来年1月11日まで)で、キャラクターの文房具や縫いぐるみ、菓子など300種類以上を取り扱うグッ...

十勝毎日新聞

サンタの明かり きれい イルミネーション点灯 駅北口【帯広】

 帯広市中心部の冬を彩るイルミネーションの点灯式が27日、JR帯広駅北口で開かれた。サンタクロースに扮(ふん)した子どもたちが点灯ボタンを押すと一斉に明かりがともり、ぬくもりのあるオレンジ色の光...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス