北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

「新根室プロレス」UHBで19日放映【根室】

 

19日新根室プロレスのゴングが鳴る(納沙布岬に集結した新根室プロレスのメンバー)=UHB提供

最東端の街から全国を席巻、2019年に惜しまれつつ解散した「新根室プロレス」のドキュメンタリー番組が19日午後2時から、北海道文化放送(UHB)の「ザ・ノンフィクション」枠で放映される。タイトルは新根室プロレスのモットーから「無理しない ケガしない 明日も仕事~新根室プロレス物語~」。

 新根室プロレスは、代表を務めていたサムソン宮本(享年55歳、本名・宮本隆志さん)がオークションで本物のリングを購入、06年9月にさまざまな職種の仲間10人と旗揚げしたのが始まり。登場するレスラーのユニークなリングネーム、玄人はだしのテクニックに笑いを入れた試合運びで地元三吉神社祭で人気を博し、17年7月のアンドレザ・ジャイアントパンダ登場で人気は全国区に飛び火、雑誌やテレビ、興業と全国を駆け回った。

 人気絶頂の19年9月、ホームグランドの三吉神社興業で宮本さんが病名と団体の解散を発表、13年間の活動に終止符を打った。代表は翌20年9月11日、治療の甲斐なく亡くなった。その翌年、遺言に基づく1周忌追悼プロレスを根室市内で開催、全国からファンが駆け付けた。

 番組は、地元根室在住のUHBカメラマン芦崎秀樹さんが追い掛けた映像を中心に構成されており、代表を支えた仲間や家族の紹介、芦崎カメラマンによる生前のサムソン宮本のインタビューなどで進み、最東端の街に生まれた奇跡のエンターテインメントを紹介する。

関連記事

十勝毎日新聞

「スロウ」直営店27日に開店 ソーゴー印刷【帯広】

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

十勝毎日新聞

柳町学童に子ども食堂 町内4カ所目【音更】

 音更町内4カ所目の子ども食堂「おっちゃんこ」(和田賢代表)が15日、町内の柳町学童保育所(木野大通東16)を会場に初オープンした。  2月に開く予定だったが、コロナ禍の影響で3カ月遅れとな...

十勝毎日新聞

自分だけのサウナ空間楽しんで G&Sがハルビア貸し切り【帯広】

 世界最大のサウナメーカー「HARVIA(ハルビア)」の十勝地域特約店を運営するG&S(帯広市、齊隆生社長)は6月1日から、自社ショールーム(市内西5南13)の展示品を貸し切りで利用できる「プライ...

函館新聞

切手集め郵趣の普及発展に尽力 函館の渡利さん特別功労賞【函館】

 長年にわたり郵趣の普及発展に尽くしたとして、公益財団法人「日本郵趣協会」の函館支部長、渡利正義さん(81)が、同協会創立75周年特別功労賞を道内で唯一受賞した。4月下旬に東京で行われた表彰式で...

函館新聞

五稜郭祭り維新行列 3年ぶり歓声響く【函館】

 第53回箱館五稜郭祭(協賛会主催)は最終日の22日、函館市本町の行啓通でメインイベントの維新行列が行われた。新型コロナウイルス感染の影響で3年ぶりの実施。迫力満点のパフォーマンスに、沿道の観客...