北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

あすなろファーミング コープ農業賞知事大賞に【清水】

 道内の優秀な農業生産者を表彰する「コープさっぽろ農業賞(2021年)」で、最高賞の北海道知事大賞に、乳製品加工・販売のあすなろファーミング(清水町清水第4線、村上悦啓社長)が選ばれた。健康的に育てた牛の生乳を使ってバター製造するなど、生産から加工までのこだわりが評価された。村上社長(36)は「これからも変わらず、いい生乳を生かした安心・安全の製品を提供したい」と話す。

コープ農業賞・北海道知事賞の表彰を喜ぶ(左から)村上博昭さん、悦啓さんの兄弟

 あすなろファーミングは1991年設立。兄・博昭さん(45)が4代目牧場主の村上牧場(清水町第3線)から、すべての生乳供給を受け、「あすなろ牛乳」や、飲むヨーグルト、バター、チーズ、プリンなどを製造販売している。

 村上牧場は、兄弟の父で3代目の勇治さん(72)の時代から、6次産業化を進める一方、無農薬・無化学肥料による牧草管理に努めてきた。沖縄の天然サンゴをミネラルとして活用した土壌管理などが評価され、2021年1月には、有機飼養JASも取得した。

 さらに、混合飼料は国産にこだわり、遺伝子組み換え飼料も一切与えないことなどで、農業生産工程管理のJGAP(家畜・畜産物)取得し、家畜にとって快適な環境で飼育する「アニマルウェルフェア(動物福祉)」も尊重。牛にストレスを与えない飼養を心がけた「質の良い生乳」(悦啓さん)による牛乳や、バターの製造に力を入れる。

 同賞はコープさっぽろ(本部札幌市)が、安全・安心な「食」を提供している生産者などの応援を目的に2004年から選定を続けており、今回で11回目。十勝からの最高賞受賞は14年(第9回)の大牧農場(音更町)以来。表彰式は11月26日に札幌市内で開かれ、兄弟や勇治さんらが出席。2人は「身が引き締まる思い。地域のみなさまにも感謝したい」(博昭さん)、「父の代からのこだわりを評価していただいた。今後も変わらずに、衛生管理などをしっかり進めたい」(悦啓さん)と喜ぶ。

関連記事

十勝毎日新聞

「スロウ」直営店27日に開店 ソーゴー印刷【帯広】

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

十勝毎日新聞

柳町学童に子ども食堂 町内4カ所目【音更】

 音更町内4カ所目の子ども食堂「おっちゃんこ」(和田賢代表)が15日、町内の柳町学童保育所(木野大通東16)を会場に初オープンした。  2月に開く予定だったが、コロナ禍の影響で3カ月遅れとな...

十勝毎日新聞

自分だけのサウナ空間楽しんで G&Sがハルビア貸し切り【帯広】

 世界最大のサウナメーカー「HARVIA(ハルビア)」の十勝地域特約店を運営するG&S(帯広市、齊隆生社長)は6月1日から、自社ショールーム(市内西5南13)の展示品を貸し切りで利用できる「プライ...

函館新聞

切手集め郵趣の普及発展に尽力 函館の渡利さん特別功労賞【函館】

 長年にわたり郵趣の普及発展に尽くしたとして、公益財団法人「日本郵趣協会」の函館支部長、渡利正義さん(81)が、同協会創立75周年特別功労賞を道内で唯一受賞した。4月下旬に東京で行われた表彰式で...

函館新聞

五稜郭祭り維新行列 3年ぶり歓声響く【函館】

 第53回箱館五稜郭祭(協賛会主催)は最終日の22日、函館市本町の行啓通でメインイベントの維新行列が行われた。新型コロナウイルス感染の影響で3年ぶりの実施。迫力満点のパフォーマンスに、沿道の観客...