北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

音楽とイルミネーションで幻想的に【阿寒湖畔】

イルミネーション「天園の森」を楽しむ来場者(19日午後4時30分ごろ)

阿寒湖イルミネーション「天園の森」が19日、釧路市阿寒湖温泉湖畔駐車場横の特設会場で始まった。阿寒の天空をイメージした「色と光と音楽にあふれるウインターガーデン」をテーマとし、約3万個の発光ダイオード(LED)やムービングライトなどイルミネーションが音楽に合わせ、赤、緑、青、白の4色を組み合わせで色彩を変えながら、阿寒湖畔の森を幻想的に彩っている。

 天園の森はNPO法人阿寒観光協会まちづくり推進機構(松岡尚幸理事長)による初の取り組み。高さ3・6㍍、幅6㍍、長さ30㍍のアルミフレームにLEDなどを取り付けた。会場内にはたき火を楽しめ、温かい飲み物を提供する大型テントも設営している。

 同機構では、これまで冬期に阿寒湖氷上でイベントを実施してきたが、結氷時期が遅れたり天候に左右されたりするため、結氷前の時期にデジタル技術を活用した新スタイルのイベントを模索。春から準備を進め9月中旬に開催を決めた。来年2月1日からの「阿寒湖氷上冬華火」会場への導入路として、温泉街と会場を結ぶ役割も担う。

 この日は点灯式が行われ、松岡理事長と孫の沙知さん(9)、沙和さん(7)、沙英ちゃん(5)がボタンを押すと、イルミネーションが音楽とともに輝き、来場した観光客から歓声が湧いた。友人と来場したオホーツク管内遠軽町の教員の20代女性は「自然を生かしたイルミネーションは初めて。音楽とコラボしてきれい」と笑顔を見せた。松岡理事長は「アクティビティーやイベント、施設も含め観光客にいろいろな楽しみを提供したい」と話していた。

 入場無料。イルミネーションは来年3月2日までの午後4時~同10時(たき火のテントは同9時まで)。問い合わせは同機構0154(67)3200へ。

関連記事

十勝毎日新聞

「スロウ」直営店27日に開店 ソーゴー印刷【帯広】

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

十勝毎日新聞

柳町学童に子ども食堂 町内4カ所目【音更】

 音更町内4カ所目の子ども食堂「おっちゃんこ」(和田賢代表)が15日、町内の柳町学童保育所(木野大通東16)を会場に初オープンした。  2月に開く予定だったが、コロナ禍の影響で3カ月遅れとな...

十勝毎日新聞

自分だけのサウナ空間楽しんで G&Sがハルビア貸し切り【帯広】

 世界最大のサウナメーカー「HARVIA(ハルビア)」の十勝地域特約店を運営するG&S(帯広市、齊隆生社長)は6月1日から、自社ショールーム(市内西5南13)の展示品を貸し切りで利用できる「プライ...

函館新聞

切手集め郵趣の普及発展に尽力 函館の渡利さん特別功労賞【函館】

 長年にわたり郵趣の普及発展に尽くしたとして、公益財団法人「日本郵趣協会」の函館支部長、渡利正義さん(81)が、同協会創立75周年特別功労賞を道内で唯一受賞した。4月下旬に東京で行われた表彰式で...

函館新聞

五稜郭祭り維新行列 3年ぶり歓声響く【函館】

 第53回箱館五稜郭祭(協賛会主催)は最終日の22日、函館市本町の行啓通でメインイベントの維新行列が行われた。新型コロナウイルス感染の影響で3年ぶりの実施。迫力満点のパフォーマンスに、沿道の観客...