北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

氷点下13度の収穫 アイスワイン用ブドウ【池田】

 十勝ワインの極甘口に分類される「アイスワイン」の原料となるブドウの収穫が20日早朝、池田町清見のワイン城近くにある町営ほ場で始まった。夜明け前の厳しい寒さの中、町職員ら約20人がヘッドライトを装着し、自然凍結したブドウを手摘みした。

暗いうちから行われたブドウの収穫作業(池田町清見のブドウ畑で)

 アイスワイン用のブドウは秋に収穫せずに残した「山幸」で、氷点下10度以下を目安に早朝から収穫を行う。前年、前々年は暖冬のため収穫を越年したが、今年は冷え込みが厳しく、例年通り12月中旬のスタートを迎えた。

 町ブドウ・ブドウ酒研究所によると、これまで町千代田の町営ほ場で栽培しているブドウが原料だったが、シカの食害で収量が減っていたことに加え、千代田地区に比べて清見地区は気温が1度近く低いことを踏まえ、今季から収穫場所を移転。作付面積は約80アールで、ブドウの樹齢は8年ほどで十分な収量を見込めるとし、凍結と乾燥を繰り返すことで糖度も40~50度まで高まるという。

 20日午前5時半、現地の気温は氷点下13度。同研究所の職員らが約2時間15分かけて凍り付いたブドウを摘み取り、同研究所に運んで約700キロを圧搾した。この日で70%ほど収穫が終わり、年内に残ったブドウを摘み取る予定。今年収穫したブドウは来年のこの時期に商品化され、製造本数は約1500本(1本200ミリリットル)を見込んでいる。

 同研究所の南邦治製造課長は「連日の冷え込みで凍結が進み、甘みがぎゅっと濃縮されたアイスワインになる」と期待していた。

関連記事

函館新聞

旧函館支庁庁舎に「ジョリジェリ」入居へ まずは食から【函館】

 函館市西部地区再整備事業を担う第三セクター「はこだて西部まちづくRe―Design」(HWeR)は元町公園内の「旧北海道庁函館支庁庁舎」を活用して、市内の人気飲食店「ジョリージェリーフィッシュ」...

函館新聞

箱館五稜郭祭開幕/3年ぶり土方コンテスト、佐々木育恵さん悲願の優勝【函館】

 戊辰戦争の舞台となった五稜郭の歴史を後世に伝える「第53回箱館五稜郭祭」(協賛会主催)が21日、開幕した。新型コロナウイルス禍が続く中、今年は3年ぶりとなる通常規模での開催。初日は戦没者を供養...

苫小牧民報

山川農園 1粒なんと95グラム 巨大イチゴ収穫

まるでトマトのよう―。イチゴの収穫期を迎えた厚真町上厚真の山川農園で、巨大なイチゴがなった。幅7~8センチのサイズで、重さは通常をはるかに超える95グラム。関係者は「ここまで大きいのは見たことがない...

苫小牧民報

今月末で70年の歴史に幕 むかわの老舗シシャモ販売店 88歳店主鈴木さん

むかわ町花園で「鵡川ししゃも」を取り扱う水産加工品販売店「スズキ」が、31日をもって閉店する。全国のシシャモファンから親しまれてきた老舗だが、一代で店を築き上げてきた社長の鈴木譲さん(88)が腎臓...

十勝毎日新聞

ばんえい 空から観戦 ドローン撮影を実証実験【帯広】

 ばんえい十勝(帯広市主催)は20日、ドローンを活用したレース映像撮影の実証実験を行った。昨年12月に初回の実験を行い、今回は2回目となる。帯広競馬場で「楽天競馬」を運営する競馬モール株式会社と...