北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

「マルミ商店」オープン、テークアウトと物販専門、マルトマ食堂の姉妹店

新たなテークアウトと物販の専門店「マルミ商店」が20日、苫小牧市汐見町の「とまこまい海の駅ほっき館」横にオープンした。観光客に人気のマルトマ食堂(同町)の三浦未(いまだ)店長が今月立ち上げた「Surf clam」が運営。三浦代表は「マルトマ食堂は親が土台を作ってくれた。今度は自分の力で一から頑張る」と意気込む。

海鮮丼をテークアウトする男性=20日午前10時半ごろ

 日替わりの「マルミ丼」(税込み1600円)やネギトロ丼(同850円)といった丼物から、ホッキめし(同1050円)、ホッキカレー(同1300円)など苫小牧の特産品・ホッキ貝をぜいたくに使用した商品まで多彩。冷凍の毛ガニやイクラも扱っており、三浦代表は「安く提供できる穴場にしたい」と語る。ホッキのサンドイッチも試作中といい、「地元の人にも、もっとホッキを味わってもらえたら」と期待。「常に飽きのこない商品を提供し、港を活性化させたい」と話す。

 この日は開店前から長蛇の列ができ、先頭に並んでいた北広島市の岩村芳夫さん(66)は「開店の40分以上前から並んだ。マルミ丼やホッキめしが楽しみ」と笑顔。苫小牧市拓勇東町の主婦佐藤恭子さん(40)はもともとマルトマ食堂のファンだといい、「これまではテークアウトできなかったため、自宅で食べられるのがいい」と述べた。

 午前10時から午後2時まで。日曜祝日定休。問い合わせは同店 電話0144(82)7573。

関連記事

苫小牧民報

豚丼や新得そば、名産販売 ニュー王子 26日まで「十勝うまいもの市」

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子は、第1回北海道物産展として十勝管内のグルメを集めた「十勝うまいもの市」をホテル内の旧レストラン・ハルニレで開いている。26日まで。  霜降り肉の「かみ...

苫小牧民報

厚真産ハスカップ初競り 甘酸っぱい初夏の味 最高値2000円

厚真町の特産品ハスカップの初競りが24日、苫小牧市公設地方卸売市場で行われた。卸売取引の最高値は「特A大」の1パック(300グラム)が2000円で、前年を500円上回る絶好のスタート。生産するとま...

名寄新聞

住民の関心高く長蛇の列・下川商業高3年が地元初の販売実習会【下川】

 下川商業高校(島瀬展成校長)3年生35人の販売実習会が、23日午前11時から下川町内の元寿フードセンターと名寄市内の西條名寄店前で開かれた。名寄開催は昨年に続き2度目。下川での開催は初となり、にぎ...

十勝毎日新聞

鹿追高が道外から出願可能に 寮や発信、町も後押しへ【鹿追】

  鹿追高校(俵谷俊彦校長、生徒126人)が2023年度入試から、道外からも出願が可能となった。これを受け、鹿追町も寮や下宿など滞在環境整備の検討、全国に向けた同校の魅力発信などを支援していく。 ...

十勝毎日新聞

ハスカップ食べ頃 向井さん来月上旬まで畑開放【大樹】

 大樹町東和地区にある向井稔さん(85)の畑でハスカップの実が熟し、摘み頃を迎えている。7月上旬まで有料で開放している。  向井さんは20年以上前からハスカップの栽培に取り組んでいる。現在は...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス