北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

みずほ銀 帯広支店120周年 3大メガバンクで唯一道東に拠点【帯広】

 みずほ銀行帯広支店(帯広市西2南10、影山知宏支店長)は今年で120周年を迎えた。十勝で唯一、拠点を持つメガバンクとして、長年地域経済を下支えしてきた。農業の底堅さを背景に、支店の預金や貸出量は近年伸びており、影山支店長は「地域への貢献をモットーに150年、200年を目指したい」と話している。

現在のみずほ銀行帯広支店

 同支店は1901年3月、根室銀行帯広派出所として誕生。同7月に帯広支店に昇格。23年、大合同で安田銀行帯広支店となり、33年に大通南9に新築移転(現・十勝信用組合本店建物)。48年、財閥解体などで富士銀行に商号変更した。

 現在地に移転したのは68年6月、廃止された日本勧業銀行帯広支店の営業譲渡を受けた。現店舗を新築したのは81年。2002年に第一勧業銀行や日本興業銀行との全面統合で、みずほ銀行帯広支店となった。

 同行は、みずほフィナンシャルグループ傘下の都市銀行で、3大メガバンクの一つ。道内に5支店あり、帯広は函館(134年)、釧路(122年)に次ぐ歴史を持つ。3大メガバンクで道内の地方都市に支店を置くのはみずほのみ。

 同支店は30人体制。取引先などで構成する親睦団体「帯広みずほ会」(会長・岡本謙一オカモト社長、103社)がある。新型コロナウイルスの影響で活動自粛中だが、例年であれば、講演会などの活動を展開している。同様の理由で式典などの記念事業は行わない。

 影山支店長は20日、120周年記念に合わせ、十勝毎日新聞社を訪れた。小林智彦副支店長も同行した。

「農業関連伸び大きく」 影山支店長に聞く

「今後も業務を通じ地域に貢献したい」と話す影山支店長

 43代目となる影山支店長(52)に、120周年を迎え、支店の現況や力を入れていること、十勝経済の可能性などについて聞いた。

 -支店の現況は。
 直近10年で見ると、法人取引先数は10%伸びており、個人の口座数も3%の伸び。預金、貸し出しのボリュームも35%伸長している。

 -要因は。
 取引先数が増え、全業種で伸びていることだ。特に基幹産業である農業関連、それらを取り巻く機械関係の伸びなどが大きい。コロナ禍でも十勝は他地域に比べ観光への依存度が高くはなく、全体的に業況は安定している。

 -メガバンクとして力を入れていることは。
 グループのネットワークを生かした情報やサービスを的確に提供すること。特にここ数年、SDGs(持続可能な開発目標)やDX(デジタル・トランスフォメーション)に関する支援相談が多い。乗り遅れると企業の存亡にも関わる。

 -コロナ禍で活動も制限されている。
 以前から海外進出や事業承継関連のコンサルティング業務などにも力を入れているが、本部の専門部署とオンラインでつないで、コロナ禍でも継続した支援を展開している。

 システム障害では心配と迷惑をおかけした。これまで以上にお客さまの役に立つサービスを地道に行い、信頼回復に努めたい。

関連記事

十勝毎日新聞

「スロウ」直営店27日に開店 ソーゴー印刷【帯広】

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

十勝毎日新聞

柳町学童に子ども食堂 町内4カ所目【音更】

 音更町内4カ所目の子ども食堂「おっちゃんこ」(和田賢代表)が15日、町内の柳町学童保育所(木野大通東16)を会場に初オープンした。  2月に開く予定だったが、コロナ禍の影響で3カ月遅れとな...

十勝毎日新聞

自分だけのサウナ空間楽しんで G&Sがハルビア貸し切り【帯広】

 世界最大のサウナメーカー「HARVIA(ハルビア)」の十勝地域特約店を運営するG&S(帯広市、齊隆生社長)は6月1日から、自社ショールーム(市内西5南13)の展示品を貸し切りで利用できる「プライ...

函館新聞

切手集め郵趣の普及発展に尽力 函館の渡利さん特別功労賞【函館】

 長年にわたり郵趣の普及発展に尽くしたとして、公益財団法人「日本郵趣協会」の函館支部長、渡利正義さん(81)が、同協会創立75周年特別功労賞を道内で唯一受賞した。4月下旬に東京で行われた表彰式で...

函館新聞

五稜郭祭り維新行列 3年ぶり歓声響く【函館】

 第53回箱館五稜郭祭(協賛会主催)は最終日の22日、函館市本町の行啓通でメインイベントの維新行列が行われた。新型コロナウイルス感染の影響で3年ぶりの実施。迫力満点のパフォーマンスに、沿道の観客...