北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

国の財政支援不可欠 数値化、大きな意義 巨大地震被害想定【十勝】

 千島海溝沿い超巨大地震の道の津波想定策定に関わった北海道大大学院理学研究院付属地震火山研究観測センターの高橋浩晃教授に、内閣府による被害想定公表の意義などを聞いた。

 

 -被害想定をどう受け止めているか。
 具体的にどれくらいの被害が出るのか、国が数値で出したことが大きなポイントだ。これまでは2005年の古い想定に基づいたもので、東日本大震災以降の新しい津波対策が始まってから初の被害想定になる。道全体で大きな被害が出ることが再確認された。

 今回の大きなポイントは、対策をすれば被害は減らせると明らかにされたことだ。道内ではこれまでも各自治体や道、開発局などがさまざまな対策をしてきたが、対策にまだ「伸びしろ」があると思っている。例えば、津波の避難施設も増やしてきたが、まだ避難が難しい地域は残っている。想定では冬の死者数が増えているが、より近い場所に避難施設があれば死者数を減らすこともできる。

 こうしたハード整備に加え、住民は東日本から10年たって意識も低下しているので、とにかく早く逃げる対策を取る。ハードとソフトを整備することで、より被害が減らせる可能性がある。伸びしろは残っていると私は見ている。

 なので想定を深刻に受け止めるよりは、頑張ってみんなで対策をやろうとポジティブに捉える方が良い。

 -冬季の被害の大きさが指摘された。
 今回の想定の特色の一つは、積雪寒冷地の想定が入っていること。北海道は特に寒いので、逃げるだけではダメで、逃げた先できちんと体温を維持できるようなハード整備も考えなくてはいけない。せっかく高台に逃げたのに寒さで死んでしまうようなことがないような対策を考えなくては。

 -千島海溝地震では対策の財源が課題だった。
 国がこういう被害が出ると想定したのだから、対策を市町村に投げるのでなく、きちんと国の責任でやるべきだ。対策すれば被害が減る、さらに寒さでそれが帳消しになるとも言っているのだから、国の責任で道や市町村に財政的な補助をしていくことが必要だ。

 ただ、何でもハード対策をやれば良いというものでもない。財源は国が用意するのだが、地域に落とし込むのは地域の人の考え方を入れてやるべきだ。どういう津波対策が良いのかをそこに住む人たちで検討して、予算が必要なら国に手当てしてもらうという流れが大事だと思う。

関連記事

十勝毎日新聞

「スロウ」直営店27日に開店 ソーゴー印刷【帯広】

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

十勝毎日新聞

柳町学童に子ども食堂 町内4カ所目【音更】

 音更町内4カ所目の子ども食堂「おっちゃんこ」(和田賢代表)が15日、町内の柳町学童保育所(木野大通東16)を会場に初オープンした。  2月に開く予定だったが、コロナ禍の影響で3カ月遅れとな...

十勝毎日新聞

自分だけのサウナ空間楽しんで G&Sがハルビア貸し切り【帯広】

 世界最大のサウナメーカー「HARVIA(ハルビア)」の十勝地域特約店を運営するG&S(帯広市、齊隆生社長)は6月1日から、自社ショールーム(市内西5南13)の展示品を貸し切りで利用できる「プライ...

函館新聞

切手集め郵趣の普及発展に尽力 函館の渡利さん特別功労賞【函館】

 長年にわたり郵趣の普及発展に尽くしたとして、公益財団法人「日本郵趣協会」の函館支部長、渡利正義さん(81)が、同協会創立75周年特別功労賞を道内で唯一受賞した。4月下旬に東京で行われた表彰式で...

函館新聞

五稜郭祭り維新行列 3年ぶり歓声響く【函館】

 第53回箱館五稜郭祭(協賛会主催)は最終日の22日、函館市本町の行啓通でメインイベントの維新行列が行われた。新型コロナウイルス感染の影響で3年ぶりの実施。迫力満点のパフォーマンスに、沿道の観客...