北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

“逆輸入店”再開 東京で豚丼キッチンカー【帯広】

 東京の飯田信夫さん(65)がキッチンカー販売で帯広発祥の豚丼普及に努めている。2019年に帯広市内に“逆輸入”で開店した店舗をコロナ禍でいったん閉めていたが、東京での回復基調を受けて9カ月ぶりに営業を再開。「これまでのご恩をお返したい」と特別価格で提供している。

十勝、北海道産の食材にこだわった「大極上豚丼」を手にする飯田さん(左)と妻の祐子さん

 飯田さんは、移動販売車(キッチンカー)の製造販売を手掛ける「スカイワールド」(東京都江戸川区)の社長。先代で帯広出身の木暮武さん(故人)が、「小さな時から食べ慣れた味を広めたい」と、キッチンカーでの豚丼販売を25年前に考案し、飯田さんが商品開発の先頭にたった。

 「東京では豚丼はおろか、帯広の認知度も低い現状を少しでも変えたかった」と飯田さん。02年には千葉市の依頼を受けて、プロ野球千葉ロッテマリーンズの本拠地で豚丼販売を開始した。

 19年には念願の本場・帯広で「BUTASAN HOKKAIDO(ぶたさんほっかいどう)」(西5南40)を開店。ところが軌道に乗った矢先のコロナ感染拡大で、今年3月に帯広の店をいったん閉めた。

 飯田さんは「本当に苦しかった。本社が東京にあるため、市の支援金もいただけず、東京での事業にまずは傾注した」という。銀座などのオフィス街や展示会場でのキッチンカー販売は1日10万円以上を売り上げるまで回復し、豚丼人気は再燃している。

 東京では2000円で販売している空揚げと十勝産豚肉と豚トロ三種盛り「大極上豚丼」を、1月いっぱいまで980円で提供する。

 妻で店主の祐子さん(50)と東京・帯広の2拠点生活を満喫する。「帯広・十勝の味で20年以上やってこられた感謝を込めた。今後、十勝の観光にも貢献していきたい」と、夫婦で語っている。

関連記事

十勝毎日新聞

「おめざ感謝祭」 話題の味求め列 藤丸で31日まで【帯広】

 TBS系列の人気番組で紹介されたグルメを集めた「オールTBS&HBC おめざ感謝祭」が20日、帯広市内の藤丸7階催し会場で始まった。午前10時の開場前から多くの人が並び、にぎわっている。31日...

十勝毎日新聞

「雪の妖精」お土産に 「シマエナガ」菓子商品化【帯広】

 南製菓(帯広市、南隆司社長)は、「雪の妖精」とも称される道内生息の野鳥「シマエナガ」をモチーフに商品化した。主に土産用として、十勝管内外の主な道の駅や温泉ホテルなどで販売されている。  新た...

名寄新聞

美深産ホップと小麦使用・「南2021」の販売スタート【美深】

 株式会社美深白樺ブルワリー(町内大通北4、高橋克尚代表取締役)は、道産白樺樹液を使ったクラフトビールの季節限定商品として、美深産ホップと小麦を使用したウィートエール「南2021」の販売をスタ...

十勝毎日新聞

吉川屋のおはぎ ハピオのきな粉とコラボで金・土限定発売【幕別】

 幕別町の漬物店「十勝漬物 吉川屋」(明野540)の吉川トシ子代表(77)が手作りしたおはぎが「おいしい」と話題を呼び、金・土曜日限定で音更町のスーパー・ハピオなどできな粉をかけた「吉川屋のおはぎ...

名寄新聞

「ピリピリ親父のペッパーハム」販売【名寄】

 有限会社鈴木ビビッドファーム(名寄市日進495、鈴木康裕代表取締役)では、このほど新商品の「ピリピリ親父のペッパーハム」を発売。ブラックペッパーが効いた豚肉のハムで、ピリ辛感を味わうことがで...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス