北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

“逆輸入店”再開 東京で豚丼キッチンカー【帯広】

 東京の飯田信夫さん(65)がキッチンカー販売で帯広発祥の豚丼普及に努めている。2019年に帯広市内に“逆輸入”で開店した店舗をコロナ禍でいったん閉めていたが、東京での回復基調を受けて9カ月ぶりに営業を再開。「これまでのご恩をお返したい」と特別価格で提供している。

十勝、北海道産の食材にこだわった「大極上豚丼」を手にする飯田さん(左)と妻の祐子さん

 飯田さんは、移動販売車(キッチンカー)の製造販売を手掛ける「スカイワールド」(東京都江戸川区)の社長。先代で帯広出身の木暮武さん(故人)が、「小さな時から食べ慣れた味を広めたい」と、キッチンカーでの豚丼販売を25年前に考案し、飯田さんが商品開発の先頭にたった。

 「東京では豚丼はおろか、帯広の認知度も低い現状を少しでも変えたかった」と飯田さん。02年には千葉市の依頼を受けて、プロ野球千葉ロッテマリーンズの本拠地で豚丼販売を開始した。

 19年には念願の本場・帯広で「BUTASAN HOKKAIDO(ぶたさんほっかいどう)」(西5南40)を開店。ところが軌道に乗った矢先のコロナ感染拡大で、今年3月に帯広の店をいったん閉めた。

 飯田さんは「本当に苦しかった。本社が東京にあるため、市の支援金もいただけず、東京での事業にまずは傾注した」という。銀座などのオフィス街や展示会場でのキッチンカー販売は1日10万円以上を売り上げるまで回復し、豚丼人気は再燃している。

 東京では2000円で販売している空揚げと十勝産豚肉と豚トロ三種盛り「大極上豚丼」を、1月いっぱいまで980円で提供する。

 妻で店主の祐子さん(50)と東京・帯広の2拠点生活を満喫する。「帯広・十勝の味で20年以上やってこられた感謝を込めた。今後、十勝の観光にも貢献していきたい」と、夫婦で語っている。

関連記事

十勝毎日新聞

うま味たっぷり「鮭節たらこ・明太子」 地方卸売市場が商品化【帯広】

 帯広地方卸売市場(高嶋昌宏社長)は、帯広物産協会(小倉豊会長)や釧路管内白糠町の食品加工会社「東和食品」などと組み、鮭(さけ)節を使用した新商品「鮭節たらこ・明太子」を開発した。帯広物産協会が事...

十勝毎日新聞

とろとろ食感 いかが 「天使のわらびもち」【帯広】

 全国展開のわらび餅専門店「とろり天使のわらびもち」の帯広店が30日、市内西2南10・北のうまいもん通り内にオープンした。とろとろ食感の「生わらびもち」や、インスタ映えもする「飲むわらびもち」が...

十勝毎日新聞

ホリエモン発 家系ラーメン「堀江家」プレ開業【大樹】

 ホリエモンこと実業家の堀江貴文さんがプロデュースしたラーメン店「堀江家(ほりえや)」が25日、コスモール大樹(大樹町西本通98)内でプレオープンした。豚骨しょうゆスープが特徴の「家系ラーメン」を...

十勝毎日新聞

まきばの家 「森のワインショップ」開店【池田】

 池田町清見の観光宿泊施設「十勝まきばの家」の敷地内に、「森のワインショップ」がオープンした。まきばの家のワイナリーで製造する赤や白、ロゼ、セミスパークリングのワイン7銘柄をはじめ、十勝産のチー...

十勝毎日新聞

味に自信「帯広メロン」 2玉5千円 出荷始まる【帯広】

 帯広と芽室の農家4戸が栽培している「帯広メロン」の出荷が21日、始まった。販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)に約50玉が集まり、箱詰めして小売店やギフト用に発送された。  マスクメロンの帯広...