北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

「ピリピリ親父のペッパーハム」販売【名寄】

加工品の3商品目となった「ピリピリ親父のペッパーハム」

 有限会社鈴木ビビッドファーム(名寄市日進495、鈴木康裕代表取締役)では、このほど新商品の「ピリピリ親父のペッパーハム」を発売。ブラックペッパーが効いた豚肉のハムで、ピリ辛感を味わうことができる。

 同ファームは、鈴木代表取締役の父・正会長と母・美枝子副会長が1975年創業。2001年8月に法人を設立。03年6月に日本SPF豚協会の認定農場となり、衛生面や環境面に配慮して生産している。加工品の開発、発売にも取り組んでおり、これまでに名寄産はちみつを使った「はちみつチャーシュー」、ポークウインナーの「白の貴婦人」を販売。今回の「ピリピリ親父のペッパーハム」が3商品目となった。

 ハムは同ファーム産豚の腕肉を使用。ブラックペッパーが強く効いており、ピリ辛感を味わえるとともに、肉質や食感は肉そのものの味わいを楽しむことができる。ハムだけのピリ辛感の一方、キャベツの千切りと一緒に食べると辛みがマイルドになるとのこと。重量は300グラム、価格は1512円。冷凍保存となっている。

 「ピリピリ親父のペッパーハム」は現在、同ファームのテイクアウト専門店で販売している。専門店は冬季限定で、毎週土・日曜日の午前10時半から午後4時半まで営業する。今シーズンも昨年12月25日から開店。新年は1月8日から営業し、3月27日までとなっている。

 場所は鈴木代表取締役宅前で、名寄ピヤシリスキー場に向かう道道日進名寄線沿いの左側。営業日には、のぼりが立っている。テイクアウトメニューで、新商品の「豚ザンギ」、チャーシューおこわまたはチャーシュー握りの「おにぎり弁当」、ウインナーとハム、チーズ入りの「ホットサンド」、渦巻き状の「グルグルウインナー」。

 加工品では「ピリピリ親父のペッパーハム」の他、「はちみつチャーシュー」「白の貴婦人ウインナー」を取り扱っている。

関連記事

十勝毎日新聞

うま味たっぷり「鮭節たらこ・明太子」 地方卸売市場が商品化【帯広】

 帯広地方卸売市場(高嶋昌宏社長)は、帯広物産協会(小倉豊会長)や釧路管内白糠町の食品加工会社「東和食品」などと組み、鮭(さけ)節を使用した新商品「鮭節たらこ・明太子」を開発した。帯広物産協会が事...

十勝毎日新聞

とろとろ食感 いかが 「天使のわらびもち」【帯広】

 全国展開のわらび餅専門店「とろり天使のわらびもち」の帯広店が30日、市内西2南10・北のうまいもん通り内にオープンした。とろとろ食感の「生わらびもち」や、インスタ映えもする「飲むわらびもち」が...

十勝毎日新聞

ホリエモン発 家系ラーメン「堀江家」プレ開業【大樹】

 ホリエモンこと実業家の堀江貴文さんがプロデュースしたラーメン店「堀江家(ほりえや)」が25日、コスモール大樹(大樹町西本通98)内でプレオープンした。豚骨しょうゆスープが特徴の「家系ラーメン」を...

十勝毎日新聞

まきばの家 「森のワインショップ」開店【池田】

 池田町清見の観光宿泊施設「十勝まきばの家」の敷地内に、「森のワインショップ」がオープンした。まきばの家のワイナリーで製造する赤や白、ロゼ、セミスパークリングのワイン7銘柄をはじめ、十勝産のチー...

十勝毎日新聞

味に自信「帯広メロン」 2玉5千円 出荷始まる【帯広】

 帯広と芽室の農家4戸が栽培している「帯広メロン」の出荷が21日、始まった。販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)に約50玉が集まり、箱詰めして小売店やギフト用に発送された。  マスクメロンの帯広...