北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

冬を楽しもう ホロカヤントー ワカサギ釣り【大樹】

 十勝の冬のレジャーといえば「ワカサギ釣り」。冷え込みが厳しくなるにつれて各地で解禁されるが、大樹町内の「ホロカヤントー」は最も早い昨年12月31日にオープンした。

ホロカヤントーでワカサギ釣りを楽しむ愛好者。管外からの来場も多い

 ホロカヤントーは同町晩成地区の周囲5キロの海岸湖(沼)。管理棟から北海道指定文化財の竪穴住居群遺跡を横切り、徒歩で海岸線に。すると、内陸側に氷結した沼が広がる。

 晩成温泉からは目と鼻の先。早朝からワカサギ釣りを楽しみ、冷えた体を「ヨード泉」でぽかぽかに温めることができる。

 管外からの“常連客”も多い。解禁初日は、日高管内日高町の会社員山本貴章さん(41)が訪れた。「ホロカヤントーは毎年来ている。ここで釣れるワカサギは以前に比べて大きくなった。自宅で食べたい」と笑顔を見せた。

 開放期間は2月下旬まで(氷の状況によって変わる)、多い日は100人近くが訪れる。管理人の戸枝征三さん(79)はシーズン中、住居があるまち場と管理棟を往復する。「ここのワカサギは臭みがなくおいしい。解禁も早いので毎年大勢が訪れる。私も期間中は休みなし」と話している。

管内でいち早くワカサギ釣りが解禁になったホロカヤントー

■住所…大樹町晩成
■電話:01558・7・8866(管理棟)
■時間・料金…午前5時~午後4時。中学生以上700円、小学生300円

関連記事

十勝毎日新聞

氷結の湖上 テント満開 糠平湖ワカサギ釣り【上士幌】

 糠平湖の「ワカサギ釣り」が6日に解禁され、3連休に入り、にぎわっている。厳冬の中、氷上に色とりどりのテントが並び、防寒着姿の釣り人たちが、氷に開けた丸い穴に釣り糸を垂らして楽しんでいる。  ...

十勝毎日新聞

ワカサギ解禁 さっそく歓声 ホロカヤントー【大樹】

 大樹町晩成のホロカヤントーで31日、ワカサギ釣りが解禁された。大みそかにもかかわらず愛好者や家族連れが詰め掛け、凍った沼の上で糸を垂らした。来年2月末まで楽しむことができる。  今週に入り...

十勝毎日新聞

十勝からの情報(11月7日ごろ)

■然別川 ▽ニジマス18~35センチ、3~7匹。鹿追町市街周辺 ■美里別川 ▽ニジマス18~40センチ、3~5匹。下流域 ■士幌川 ▽ニジマス18~35センチ、3~5匹。下流域。ブラウントラウトが交...

十勝毎日新聞

十勝からの情報(10月31日ごろ)

■然別川 ▽ニジマス18~35センチ、3~7匹。鹿追町市街周辺 ■美里別川 ▽ニジマス18~40センチ、3~5匹。下流域 ■士幌川 ▽ニジマス18~35センチ、3~5匹。下流域。ブラウントラウトが交じる

十勝毎日新聞

十勝からの情報(10月24日ごろ)

■然別川 ▽ニジマス18~35センチ、3~7匹。鹿追町市街の周辺 ■音更川 ▽ニジマス18~40センチ、3~5匹。士幌町市街周辺 ■帯広川 ▽ニジマス18~30センチ、3~5匹。中流域

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス