北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

匿名の寄付者から手紙 理事長「ご希望に添うように使います」【池田】

匿名の寄付者から届いた手紙を手にする大熊理事長

 池田町の社会福祉法人池田光寿会(大熊豊政理事長)に11日、一通の手紙が届いた。差出人は、同法人が運営する帯広市内の児童養護施設「十勝学園」(山本敏博施設長)に対し、昨年12月に匿名で10万円を寄付した人物。寄付金が実際に使われたかを心配する内容が手紙に記されていることから、大熊理事長は「使い道はこれから決めますので、どうかご安心を」と話している。

 手紙の差出人の名前、住所など詳細は不明。文面には「名も知らずのお手紙で失礼とお許し下さい」の書き出しで、「未来ある子供達に何かの足しにして下さい 探さないで下さいネ 令和3年十二月十四日」と記したメッセージとともに10万円を封筒に入れ、同施設のポストに投函(とうかん)したことが明かされている。

 さまざまな事情を抱える子どもたちの役に立ちたいという思いが記されている一方、「子供達の元に届いてますでしょうか? 私のやり方が間違っていたのではないかと反省してます」とあり、寄付金がどう使われるかが分からずに不安げな気持ちも読み取れる。

 同法人によれば、寄付者は実名に限らず、匿名の希望者も多いが、「理事長になって22年。匿名の寄付者からの手紙は初めてで、驚いた」(大熊理事長)。同施設が取りまとめている直近の数字では、2018年7月から21年12月までに匿名希望者の寄付件数は10件、寄付金額は計145万3500円に上る。中には1回に100万円もの高額の寄付や、「お年玉」として年代別に金額を細かく振り分ける寄付もあった。

 寄付金の一部は既に、同施設に入所する幼児から大学生と、近隣の地域小規模児童養護施設「はみんぐ」に入所する中高生ら計45人のために使われている。

 大熊理事長は手紙の差出人に「会ってお礼を申し上げたいところだが…」と、もどかしさを感じつつ、「寄付金はご希望に添うように使わせていただきます」としている。

関連記事

苫小牧民報

29日開幕氷濤まつり 大小30基の氷像、準備は順調

冬の支笏湖畔を彩る「千歳・支笏湖氷濤まつり」(実行委員会主催)が29日、開幕する。今年は「氷の野外美術館」をコンセプトに、透明度の高い湖水で作った大小さまざまな氷像30基を設置。夕方からライトアッ...

苫小牧民報

カネカ 苫東に医療工場 グローバル展開の生産拠点に 7月着工、24年5月..

医療や食品などの総合化学業大手、カネカ(本社東京、田中稔社長)は24日、苫小牧東部地域の臨空柏原地区に、医療機器の工場を新設すると発表した。医療機器を世界的に展開する一大生産拠点で投資総額は約10...

室蘭民報

「バチッ」びっくり!静電気実験 不思議ワールド、環境科学館【室蘭】

 DENZAI環境科学館のスポットサイエンスが22日、室蘭市本町の同館で開かれ、参加した家族連れらが、風船やストローを使った静電気の実験を楽しんだ。  今年3回目の実験には約20人が参加した。...

室蘭民報

錦町に3カ所目プレオープン 「こはるはうす」の子ども食堂【伊達】

給食のない土・日曜日にお昼ごはん提供  伊達市の子ども食堂運営ボランティア「こはるはうす」(加藤友子代表)は23日、市内で3カ所目となる子ども食堂「こはるはうす」を錦町の天理教紋鼈(べつ)分教会...

名寄新聞

白銀の登山道を走る・なよろサンピラースノーマラソン【名寄】

 第6回なよろサンピラー10キロスノーマラソン大会(同実行委員会主催)が23日、名寄ピヤシリスキー場を発着点に開かれた。選手たちは厳しい寒さに負けず、白銀の登山道で健脚を競い合った。  同大会は...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス