北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

米大リーグで活躍 筒香選手にエール【新得】

 新得町内の貴戸延之さん(75)=元町職員=は、米大リーグのピッツバーグ・パイレーツで活躍する筒香嘉智選手が横浜高校野球部時代の2008年夏、野球部合宿で新得町を訪れた当時の貴重な写真を今でも大切にしている。合宿翌年には、ドラフト1位で横浜DeNAベイスターズに入団した筒香選手のこれまでの活躍を振り返り、「(大リーグでの)来シーズンのプレーに期待したい」とエールを送っている。

バットを構える筒香選手。この打席で場外ホームランを打った(2008年8月、貴戸さん提供)

 当時、新得高校(19年3月に閉校)の活性化を目指して活動していた同校対外交流実行委員会が、08年夏の甲子園大会でベスト4となった強豪の横浜高校野球部(24人)を合宿に招致。部員らは、同年8月28~31日の4日間滞在し、帯広北高など道内3校との練習試合のほか、そば打ち体験を楽しんだ。

 4番打者で主将の筒香選手(当時2年)ら横浜高の選手を一目見ようと、同30日に町営球場で行われた北照高校(小樽市)や鵡川高校(胆振管内むかわ町)との練習試合には、道内各地から約500人がスタンドに詰め掛け、選手の一投一打に歓声を上げた。練習試合の主審を務めた新得町軟式野球連盟の男性は「ジャッジするのが精いっぱい。筒香選手の豪快なスイングに驚いた」と、当時を懐かしむ。

貴戸延之さん

 貴戸さんは、打席に立つ筒香選手のフォームをカメラに収めようと何度もシャッターチャンスを狙った。北照高との試合でホームランを放った白球は場外に消え、「近い将来、大物になる」と感じたという。

 横浜高校野球部の当時の小倉清一郎部長は、自らバットを振り技術指導をした。新得高2年で野球部主将だった芦野哲弥さん(30)=帯広市在住=は「バッティングは一にも二にも三にもタイミング。これができれば甲子園に行ける」とアドバイスを受けたことを今でも覚えている。

 くったり手打ちそばの会(廣山輝男会長)の協力でそば打ち体験を楽しんだ筒香選手は、慣れない道具に戸惑いながらも真剣にそばと向き合った。自分たちで打ったそばを試食し、胃袋と気持ちを満たしていた。貴戸さんは「また新得のおいしいそばを食べにきてほしい」と話している。

関連記事

苫小牧民報

29日開幕氷濤まつり 大小30基の氷像、準備は順調

冬の支笏湖畔を彩る「千歳・支笏湖氷濤まつり」(実行委員会主催)が29日、開幕する。今年は「氷の野外美術館」をコンセプトに、透明度の高い湖水で作った大小さまざまな氷像30基を設置。夕方からライトアッ...

苫小牧民報

カネカ 苫東に医療工場 グローバル展開の生産拠点に 7月着工、24年5月..

医療や食品などの総合化学業大手、カネカ(本社東京、田中稔社長)は24日、苫小牧東部地域の臨空柏原地区に、医療機器の工場を新設すると発表した。医療機器を世界的に展開する一大生産拠点で投資総額は約10...

室蘭民報

「バチッ」びっくり!静電気実験 不思議ワールド、環境科学館【室蘭】

 DENZAI環境科学館のスポットサイエンスが22日、室蘭市本町の同館で開かれ、参加した家族連れらが、風船やストローを使った静電気の実験を楽しんだ。  今年3回目の実験には約20人が参加した。...

室蘭民報

錦町に3カ所目プレオープン 「こはるはうす」の子ども食堂【伊達】

給食のない土・日曜日にお昼ごはん提供  伊達市の子ども食堂運営ボランティア「こはるはうす」(加藤友子代表)は23日、市内で3カ所目となる子ども食堂「こはるはうす」を錦町の天理教紋鼈(べつ)分教会...

名寄新聞

白銀の登山道を走る・なよろサンピラースノーマラソン【名寄】

 第6回なよろサンピラー10キロスノーマラソン大会(同実行委員会主催)が23日、名寄ピヤシリスキー場を発着点に開かれた。選手たちは厳しい寒さに負けず、白銀の登山道で健脚を競い合った。  同大会は...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス