北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

界ポロト オープン 星野リゾート アイヌ文化体感できるサービス提供  白老

総合リゾート運営会社の星野リゾート(本社長野県軽井沢町)は14日、白老町のポロト湖畔で高級温泉旅館「星野リゾート 界(かい)ポロト」を開業した。民族共生象徴空間(ウポポイ)に隣接する施設は、ポロト湖や樽前山が見渡せる42室を備え、アイヌ文化を体感できるこだわりのサービスを提供する。「界」は全国で展開する同社の温泉旅館ブランドで、道内に開設するのは初。

炉を備えたホテル内のラウンジ

 施設は鉄筋コンクリート造り4階建て、延べ床面積約4900平方メートル。「ポロト湖の懐にひたる、とんがり湯小屋の宿」をコンセプトとし、湖にせり出した露天風呂付き温泉入浴施設を特色とした。

 アイヌ文化をイメージに設計した建物のラウンジには、昔の暮らしの雰囲気を醸し出す炉を設置。炉を囲み、アイヌ民族が身に着けていた魔よけのお守り作りを体験してもらうサービスを宿泊客に提供する。湖に面した客室は伝統的家屋「チセ」をモチーフとし、壁にチタラペ(ござ)の模様をデザインしたり、アイヌ文様を施した工芸品のインテリアを飾ったりと、随所で伝統文化が感じられる工夫を取り入れた。

 湖を一望できる露天風呂を備えた別棟の浴場施設は、アイヌ民族の伝統的建築・丸太組み3脚構造「ケトウンニ」を参考に建設。湖上で湯小屋が集落のようにたたずむような景観をつくった。湖畔の湯小屋とは別に、日帰り客が利用できる洞窟風の内風呂も設けた。2カ所とも茶褐色が特徴のモール温泉が堪能できる。

 宿泊者の食事は、毛ガニやサケなど北海道の食材を生かした会席料理。アイヌ民族が使った丸木舟をモチーフにした器に盛り付けるなど、演出も楽しんでもらうようにした。

 同社はオープンを前に13日、報道向けの内覧会を開き、「地域の文化や温泉、北海道の美食など、こだわりのおもてなしを提供したい」と述べた。道内外から予約が入っており、「予約客の半数が道内客。当面、60%ほどの稼働率で運営していきたい」と言う。

 宿泊料(1泊2食付き)は、2人1室利用で1人当たり2万8000円から。予約や問い合わせは、界予約センター 電話0570(073)011。

関連記事

苫小牧民報

29日開幕氷濤まつり 大小30基の氷像、準備は順調

冬の支笏湖畔を彩る「千歳・支笏湖氷濤まつり」(実行委員会主催)が29日、開幕する。今年は「氷の野外美術館」をコンセプトに、透明度の高い湖水で作った大小さまざまな氷像30基を設置。夕方からライトアッ...

苫小牧民報

カネカ 苫東に医療工場 グローバル展開の生産拠点に 7月着工、24年5月..

医療や食品などの総合化学業大手、カネカ(本社東京、田中稔社長)は24日、苫小牧東部地域の臨空柏原地区に、医療機器の工場を新設すると発表した。医療機器を世界的に展開する一大生産拠点で投資総額は約10...

室蘭民報

「バチッ」びっくり!静電気実験 不思議ワールド、環境科学館【室蘭】

 DENZAI環境科学館のスポットサイエンスが22日、室蘭市本町の同館で開かれ、参加した家族連れらが、風船やストローを使った静電気の実験を楽しんだ。  今年3回目の実験には約20人が参加した。...

室蘭民報

錦町に3カ所目プレオープン 「こはるはうす」の子ども食堂【伊達】

給食のない土・日曜日にお昼ごはん提供  伊達市の子ども食堂運営ボランティア「こはるはうす」(加藤友子代表)は23日、市内で3カ所目となる子ども食堂「こはるはうす」を錦町の天理教紋鼈(べつ)分教会...

名寄新聞

白銀の登山道を走る・なよろサンピラースノーマラソン【名寄】

 第6回なよろサンピラー10キロスノーマラソン大会(同実行委員会主催)が23日、名寄ピヤシリスキー場を発着点に開かれた。選手たちは厳しい寒さに負けず、白銀の登山道で健脚を競い合った。  同大会は...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス