北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

無料PCR検査混乱 予約殺到「診察に支障」【十勝】

 新型コロナウイルスの感染急拡大を受け、道が8日に打ち出したPCR検査・抗原検査の無料化。十勝でも医療機関や調剤薬局計7カ所(14日現在)で進められるが、予約・検査数が急増し、新規予約の受け付けを一時的に中止した機関もある。当面の期間は2月7日までとなっており、検査を請け負う医療機関や薬局では、予約制・人数制限を設けて対応するが、道の急な方針転換に戸惑いと不満の声も聞かれる。

大正クリニックで行われているPCR検査。道の無料化方針で、十勝管内でも予約が殺到している

 11日から無料PCR検査を始めた帯広市大正本町の大正クリニック(法岡健一院長)は13日夕、検査の新規予約受け付けを一時的に停止した。法岡慎二事務長は「これ以上の受け入れは、本来の診療機能などに支障を来す」と話す。

 同クリニックでは11日に予約の受け付けを始めたが、電話が殺到し、代表電話がつながらない状態に。予約制にもかかわらず、直接クリニックに訪れる人や症状があるのに無料検査を受診しようとする人もいて「大混乱だった」(法岡事務長)。

 現在は、PCR検査装置2台をフル稼働、1日12人程度の枠で無料検査を行っているが、2週間先までの予約が埋まっている。法岡事務長は「これ以上の枠の拡大は、発熱外来患者のPCR検査に対応できなくなる」とする。

 帯広記念病院(中原哲院長)は17日から、1日4人の制限を設けた予約制の無料PCR検査(平日のみ)を始める。予約の受け付けは12日から始めたが「すでに25日までの枠が埋まった」。

 一方、抗原検査を担当するまつもと薬局フロンティア店でも、予約制にもかかわらず、受け付け開始当初から、住民らの問い合わせや、直接訪問などが殺到した。

 同店によると、抗原検査を受けたい人の理由は「道外から帰ってきた」や「成人式に出席したら、会社から陰性証明が必要と言われた」などさまざま。現在は、一日10人に制限して検査を受け付けているが、21日までの検査分は、すでに埋まったという。松本健春社長は「検査の人数に限りはあるが、使命感を持って行っている」と話す。

 道は検査箇所を最大700カ所に増やす方針だが、14日現在で開設されたのは101カ所。十勝管内は7カ所にとどまる。

 管内で検査が可能な機関の関係者は「検査できる絶対数が少ないところに、いきなり検査対象の門戸を広げられて、現場は大混乱」とし、「まずは体制整備が先。現在の(検査を行っている)機関がパンクする」と不満を漏らす。

関連記事

苫小牧民報

29日開幕氷濤まつり 大小30基の氷像、準備は順調

冬の支笏湖畔を彩る「千歳・支笏湖氷濤まつり」(実行委員会主催)が29日、開幕する。今年は「氷の野外美術館」をコンセプトに、透明度の高い湖水で作った大小さまざまな氷像30基を設置。夕方からライトアッ...

苫小牧民報

カネカ 苫東に医療工場 グローバル展開の生産拠点に 7月着工、24年5月..

医療や食品などの総合化学業大手、カネカ(本社東京、田中稔社長)は24日、苫小牧東部地域の臨空柏原地区に、医療機器の工場を新設すると発表した。医療機器を世界的に展開する一大生産拠点で投資総額は約10...

室蘭民報

「バチッ」びっくり!静電気実験 不思議ワールド、環境科学館【室蘭】

 DENZAI環境科学館のスポットサイエンスが22日、室蘭市本町の同館で開かれ、参加した家族連れらが、風船やストローを使った静電気の実験を楽しんだ。  今年3回目の実験には約20人が参加した。...

室蘭民報

錦町に3カ所目プレオープン 「こはるはうす」の子ども食堂【伊達】

給食のない土・日曜日にお昼ごはん提供  伊達市の子ども食堂運営ボランティア「こはるはうす」(加藤友子代表)は23日、市内で3カ所目となる子ども食堂「こはるはうす」を錦町の天理教紋鼈(べつ)分教会...

名寄新聞

白銀の登山道を走る・なよろサンピラースノーマラソン【名寄】

 第6回なよろサンピラー10キロスノーマラソン大会(同実行委員会主催)が23日、名寄ピヤシリスキー場を発着点に開かれた。選手たちは厳しい寒さに負けず、白銀の登山道で健脚を競い合った。  同大会は...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス